週刊少年ジャンプ2010年第15号感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/15(月)
週刊少年ジャンプ2010年第15号感想
*ぬらりひょんの孫
2周年記念巻頭カラー。
京妖怪は見直したけど、鏖地蔵くらいしか出てないような。
しかしBSはないよなあ。いくらなんでももうちょっとあるだろ。
本編は牛鬼との修行。
信頼を結ぶと力になるって、それは「業」というのか?
奴良組の世代の移り変わりみたいのが見れてよかった。
第一世代:牛鬼、一ツ目入道、烏天狗
第二世代:黒青、毛倡妓、首無
第三世代:雪麗、鴆
主要キャラでいうと、こんな感じかな。
リクオの異常な耐久力についても説明されそうでよかった。
まあ桜姫の回復能力だろうけど。

ONE PIECE
黒ひげのは、ヤミヤミの実の特殊能力かなあ。
白ひげで感動させた後だけに、黒ひげの外道さがよく出てるなあ。
赤犬は意外と早く再登場。
青キジもそうだけど、対象は強いなあ。
黄猿はどこ行ったんだろう。

NARUTO
あなたを殺して私も死ぬ!
……ヤンデレ?
先週のあの演出は、拳で分かり合うっていう言葉を踏まえてのものだったのね。
よく考えられてるなーとは思うけど、分かりづらいよー。
ここで決着つかなかったのは残念。

BLEACH
あれ、BLEACHの戦闘が面白いぞ?
ワンダーワイスは地雷みたいなものか。
山本隊長の株も落とさずに、よく考えられてると思う。
ただまあ山本隊長の株がうなぎ登りな代わりに、藍染が若干落ちてる気がしないでもない。
まあ来週一護の攻撃がどうなるかだなあ。
最近のBLEACHは面白くて満足。

PSYREN-サイレン-
久々の未来への導入編。
雨宮さんに妖刀は似合いすぎてもう。
カブトは何で一緒にいなかったんだろうなあ。

SKET DANCE
紗綾2週連続の登場。
フクロウ持ってザッザッザッと歩いてくるところがなんか笑えた。
微妙に恋愛フラグが立ちつつあるけど、どこに持っていくんだろうか。

詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。
演出力凄いなあ。
「もーいーかーい」「もーいーよー」からの一連の流れが普通に怖い。
引きずり込まれるっていう四ツ谷の怪談の特徴がよく漫画に出てる。
最初からここまでクオリティはメチャクチャ高かったけど、ここからどう展開させて行くのか楽しみだ。

バクマン。
恋愛パートはほんとに邪魔だな。
しかし港浦さんの立場になるとほんと気の毒だな。
やっと連載に育てたと思ってた作品を作者の方から辞めたいと言い出す上、先輩からも否定されて。
まあここまで来たらタントは辞めるんだろうけど、角を立たせない理由としてネタ切れとかその辺り出すのかなあ。
静河の方も動いてきてるけど、これは連載会議で似たような作品が勝負になるとかそんな感じだろうな。

いぬまるだしっ
ついに幼稚園児が出なかった。
30とか脂乗ってきてる時期の俳優に一目惚れされるとか、結構な勝ち組だよなあ。
しかし少女じゃなくしてよかったんだろうか。

LOCK ON!
なんだろう。不良として、というかキャラが異様に薄い。
いい加減このレベルになってくると主人公に好感が持てなくなってくるなあ。

めだかボックス
先週の予想は、当たらずといえども遠からずって感じか。
似てるってとこまで予想したら姉くらいまでは予想すべきだよなあ。
くじらの不幸を求めるのも偏執的だけど、それを冷めた目で見てるめだかのが怖い。
真黒の意外と一貫してた変態さには感心。
しかし記憶を消すなら、まず整形くらいしたらどうなんだろう。

家庭教師ヒットマンREBORN!
えーと、あの4人はそんな言葉を信じたのか?
こんな奴らに天下を取られる世界って何なんだろうなあ。
しかし白蘭も、1回ミスっただけで全部おジャンって厳しいことやってるなあ。
ようやく未来編が終わったけど、過去編はどうバトルに持ってくんだろう。

こちら葛飾区亀有公園前派出所
新キャラ登場。しかし美人か?
纏、早矢、右京左京と、和風美人ばっかり増えすぎな気がする。
しかしこの設定は何を考えたら思いつくんだろう。

べるぜバブ
昔ながらの展開という感じ。
個人的に王道は好きなんだけど、この作品はどうも波長が合わない。
本気でやりまショウとか言ってるけど、長髪>ウェーブ、男鹿>邦枝、邦枝>長髪の状況で、何を期待すればいいんだ。

トリコ
しまぶーがよく考えてたのは分かったし、戦闘自体も双方が全力を出してていいんだけど、何故か面白く感じないなー。
拳が食われたのはちょっと衝撃。
トミーロッドはトリコの肉食ってりゃ楽勝だったんじゃねえかな。
少年誌でそこまでやったら尊敬せざるをえないけど。

銀魂
うわーなんだこれ。お登勢さん殺すとはさすがに思わなかったよ。
これもうギャグには戻れないと思うんだけど、空知先生は銀魂終わらす覚悟でも決めたんだろうか。
攘夷って何年くらいやってたんだっけ。
全盛期の強さはともかく、何年もたってるのに次郎長のが上かよ。

ヘタッピ漫画研究所R
冨樫先生のはほんとこのままって感じで作られてるよなあ。
どのキャラクターもその場その場で最善手を打ってる感じだし。
ただまあ、その分直情キャラがいないかなあという感じはするのだけれど。
でも考え抜かれて作られてるんだなあというのを、直接感じられていい。

HUNTER×HUNTER
ゴンこえー。ラスボスの風格が漂ってる。
多分ピトーが従わなかったら普通にコムギ殺す気だったよね。
旅団編でノブナガに腕相撲勝ったときのゴンはどこへ行ったんだ。
王たちの方を早く見たい。

黒子のバスケ
火神飛びすぎだろ。
人間の限界をすでに超えてるんじゃないだろうか。
空中戦から一歩進んだ考えってなんだろうな。

賢い犬リリエンタール
組織から追われる程だったのか。紳士組は紳士だなあ。
色気の全く無いてつこのサービスシーンは笑った。
来週はテレビに入ってくみたいだけど、そんな余裕はあるんだろうか。

保健室の死神
なんでこんな急激になっちゃったんだろう。
7つの感情と言われると、なんかハガレンを思い出す。
というかまあ7つの大罪が元ネタなんだろうけど。

ピューと吹くジャガー
久々のそふとくり~む。
普通にこういうバトル漫画的演出もうまいよなあ。
説明口調と、歩いてくる鯨井が面白かった。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/121-3f29f180
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。