聖痕のクェイサー第10話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/17(水)
聖痕のクェイサー第10話

タイトル「はじめて(?)のおるすばん」
*タイトルからして滅茶苦茶挑戦的な回。
内容も久々に規制全開で、何やってんだか分けはわかるけど全く見えないところが多々あった。

委員長は夜中に何をしていたんだろうってそりゃ委員会か。
美由梨は久々に横暴な感じになってて元に戻った感じがした。
華のあの鎖はなんなんだ? 貞操帯か?

見回りに行くサーシャたちと居残りの燈。
燈の内面が掘り下げられたのは初めてかな。
割と精神的には一番大人な感じだったけど、まあその分責任感とかも感じるのかなあ。
ジョシュアは登場時の我輩からして、もう悪っぽさがないのに笑った。
いや、偶然とはいえ戦力が落ちてるところで目標に接近しているのは、褒められるべきではあるのだけれど。
燈の持ってたうさぎは前からいたっけか。

ジョシュアと燈の漫才。
デフォルメした燈が可愛かった。
家事はそこそこ出来るのかなーとか思ってたけど、家事も全然なのか。
あの漢字ならそりゃあ「とも」とは読めないよなあ。
なんで「あかり」じゃなくて「とも」にしたんだろうか。
「友」にかけてるのかな。
ローマ字とかで書かれず、感じの読みで間違ったってことはジョシュアは普通に日本語が出来るのか。
クェイサーとしての能力を除けば、意外と十分優秀だよな。

テレサが吸われてるところ見てドキドキしてるまふゆ可愛い。

ジョシュアが白い霧切ってるの見て爆笑した。
なんか壁を見ながらこれは凄いとか言ってるのもあったけど、ほんとバカだw
明らかに規制しないといけないのはわかるけど、同時に規制版見てるとすげえアホらしい。
相手次第で恥ずかしさの変わる燈は、それはそれでどっか壊れてるよなあ。
いくらなんでも全裸にされてるとは思わなかった。そこは恥ずかしがれよ。

レアな元素が強くないっていうのは、なんかリアリティあるなあと思った。
いや、別にこの作品にリアリティ求めてはいないんだけど。

ジョシュアの事情と燈の事情。
守る方と守られる方の事情ともいえる。
どっちの立場もお互いのことを思いあってるわけで、結局は不毛な悩みではあるんだけど、でもこういう悩みを持ってないと成立しない関係でもあるわけで、悩ましい問題だ。
まあお互い出来ることをしましょうということで。

最後のはまあオチだし放っておこう。
でもあの体勢は危険だと思うんだ。
恥ずかしいかどうかは置いといて、燈は周りのためにも気を付けるべきだと思う。
最後のまふゆを見て笑ったのはなんなんだろう。ありがとうとかそういう感じかな。

リジーとサーシャはライバル的な感じになるのかな。
ということは鳳がラスボス的な立場になりそう。
リジーを人質にされて……だとリジーがサーシャと戦えないし、どういう感じになるんだろう。
来週は双子のクェイサー。
今度は本物だろう。
液体ってことは水銀使いか。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/124-bcde9b6d
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。