デュラララ!!第11話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/20(土)
デュラララ!!第11話

タイトル「疾風怒濤」
*前回の引きから、今回のタイトル通り疾風怒濤に話が展開していくのかなあと思ったけど、そんなことはなかった。
むしろダラーズが作られた経緯、ダラーズという組織の存在について主眼がおかれていた印象。

波江に電話をかける帝人。
私って一人称は慣れないなあ。
どっから私という一人称は出てきたんだろう。今後語られるのかな。

波江と問答をする帝人。
時間稼ぎのために引き伸ばしてるのかとおもったらそんなことはなかったぜ。
なんとなくこういう王道思考は、覚醒後の帝人には合わないような気がするんだよなあ。
普段の帝人ならまだ分かるんだけれど。
前回のあの終わり方を見てると、むしろ世の中に対して斜に構えたような、まあ有り体にいうと中二病発症してる感じな印象だった。
今回見る限りは、口調はともかく本質的には変わってないんだなあと感じた。
しかし本格的に本性を隠してた意味がわからなくなってきた。
ネット上だけの人格というわけでもないし、あれはどこで形成されたんだ?

メールと同時に集まった皆がメールを見る。
あれは怖いなー。
着信アリっていうホラー映画があったけど、周り全体で着信音鳴りまくってて皆が静かにこっちを見てくるというのはまた別の怖さがあるな。
しかしあの数はすごいな。
手の届かない範囲で増え始めた時期で1000人超えてたし、今全体で5000人くらいいるんだろうか。
最初の集会と言っても所詮ネットコミュニティだし、年配の人もいるし、10%くらいが来たとしても500人か。
数の暴力は、直接的な行動でなくても恐ろしい。
新選組のコスプレしてたのは誰だろう。
バッカーノで出た人? それとも普通に出てたのかな。

帝の田舎の暮らし……ではなく、世界が広がっていく様子。
空は高いけど何もなかった! みたいな場面は、効果音と相まって笑った。
Windows7!? 時代設定いつだよ!? とか思ったけど、2007って書いてたし単にタイムリーなOSにしただけか。
世界が広がったというのは、初めてパソコン触った頃を思い出したなあ。
まあチャットとかはしなかったけど。
ダラーズ創設の理由は釣り。
想像してたよりずっとしょうもない理由だな。
いくらなんでも名前だけで釣られるバカは、2007年じゃもういないんじゃないかと思うけど、そこはまあ目を瞑るべき部分なんだろう。
ダラーズのサイトと昆布ちゃんねるって一緒?
ダラーズふたばかよ。
壁の落書き消してた辺りが、繋がりを信じさせる要因になったのかなあ
しかし帝人の立場になってダラーズに関する話聞いてると、危ないとかいう話は笑いこらえるの大変だったろうなあ。
ダラーズは、現実に例えるとどの立ち位置になるんだろ。
mixi? モバゲー? twitter?
ネット上の繋がりでしかないコミュニティが、誰かには支えであり、誰かには楽しむ場であり、誰かには繋がりの場であるというてんでバラバラな多面性は、ネットコミュニティ特有な感じがして興味深い。
こういう現代の繋がりという点にも踏み込んでるのが面白い。

セルティと首セルティの邂逅。
相手の、ただ名前をきくという行為が、転じて自分と相手の違いを浮き彫りにしてるのは上手いなあ。
名前が同じなだけの別人という思いを新たにしたんだろうな。
ていうか喋れたのか。
ああ、違う。首がないから喋れないと自分に言い聞かせてたのか。
首がないのに喋ってしまうと、自分が首なしに成立する一個の人格として認識してしまうから。
私はここにいるという叫びは響いたなあ。
首がないことを隠してたのは首を求めていたから、首がないことを晒したのは首がない自分を受け入れたから。
よく出来てるなあ。

最後は誠二に刺されそうになる帝人で終了。
なんで帝人を知ってるんだ? 黒服に聞いたのだろうか。
これは刺されるのかなあ。
なんとなくそっちのが締めに相応しい気がする。

来週は多分首事件の締めとその次への繋ぎ回。
臨也がまたなんか怪しいことしてるなあ。
あれはやっぱり寝取り?

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/130-b04277be
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
デュラララ!!2 【完全生産限定版】 [DVD]クチコミを見る 行方不明になった杏里の親友、デュラハン、首に傷のある女、矢霧製薬、人身売買。そして、ダラーズ。バラバラだったピースがひとつずつ嵌まっていく。池袋の繁華街。雑踏の中、波江と対峙する帝人。緊張に強ばりな...
2010/03/20(土) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。