とある科学の超電磁砲第24話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/21(日)
とある科学の超電磁砲第24話

タイトル「Dear My Friends」
*(僕の視聴範囲で)今期初めての最終回。
最初を飾るにふさわしい素晴らしい出来だった。

Aパートは巨大ロボVS美琴が中心。
細かいパワードスーツを倒すところを詳しくやらなかったのは、画面がくどくならなくて良かった。
正直細かいの倒してもだから何って感じだしなあ。
レールガンってたった50m?
当麻にやってるときの残りとか絶対もっと長いと思うんだけどなあ。
個人的にはLEVEL5にはもっと圧倒的な存在でいて欲しいんだよ。
例え第一位>>>>第二位>>越えられない壁>>第三位であったとしてもそれ以外には。
まあこんなのは個人的な願望だからどうでもいいと言われれば、ハイその通りですとしかいえないけれど。
でもまあ黒子って叫んでからの巨大レールガンは熱かった。
コインの射程が短いのはコイン自体が耐えられないからか。
どうでもいいけど、美琴が四つん這いになってたのと、黒子が上から降ってくる絵ってOPの使い回し?

Bパートはキャパシティダウンに苦しめられる美琴たち。
まあ予想通りとしか言いようがないんだけど、キャパシティダウンは萎えるなあ。
これはほんとにないと思う。
何考えてこんなもん作ったんだよ。
まあ佐天を活躍させるためだろうなというのは薄々感じてたけど、別に無能力者の活躍は禁書で描いてるし、こっちではどうでもいいんだよなあ正直なところ。
主人公が能力者最強の一角なんだから、もっとそれを活かしてくれればいいのに。
テレスティーナの過去は本気でどうでもいい。
あれは被害者だから狂ったんじゃなくて、もとからああいう性格でしたといいたいのかな。
レールガン対電磁砲の対決は、あれはドラゴンボールのリスペクトかな。
しかしどういう理屈で撃った後のレールガンが強くなるんだ。
あれは本気……なのかなあ。
まあ競り合った後だから威力が落ちるのはしょうがないけど、跡が微妙な感じが。
学園都市のやつらなんてモルモットなんだよお! という台詞は、この後に妹達編が待ち受けていることを考えると面白い。
妹達編での美琴の心情は如何ばかりか。
あっちはテレスティーナとか比べ物にならないくらい強力無比な存在が相手だし。

Bパートはおそらく裏の主人公である佐天の成長についてまとめたかったんだろうと思う。
個人的には無能力者の葛藤と成長とか、そんなのは本編でやっていることなので、超電磁砲でやって欲しいことではないんだけど、でもまあそういうの抜きにして考えれば、幻想御手の頃からグダグダ悩んできたことの答えと成長として上手く出来てはいたと思う。
うん、よく出来てるんだよ。
強力な能力者2人と、弱い能力者2人という4人組で、能力なんか関係なくそこには繋がりができ、各々出来ることがあるとかそういうのをよく伝えられてると思う。

最後は子供達の復活と、木山せんせいへの感謝。
これは普通に感動出来た。
一つ気になったのが、万里の眠ってる時の記憶はあるの?
話しかけてたんだから、意識だけはあったのかと思うけど、でも起きたときの反応見るとそんな感じしないしなあ。

今回で終わりで、まあ2クールあったわけだけど、結局2クール目は蛇足だよね。
結局2クール通してまともな能力バトルは木山先生くらいしかないし。
というか喧嘩を抜かせば、2クール目のバトルって最後2話だけか。
まあ別にクオリティが悪かったとかいうつもりはないし、確かにそれなりに面白かったけど、それでも1クールでよかったんじゃないかなあと思う。
キャパシティダウンとかで能力が抑えられた中での戦いをみたいんじゃないんだよ。
大技繰り出してバンバンやってるところが見たいんだよ。
少なくとも、とある系に求めてるのは日常じゃなくてバトルだ。
よく言われるけど、本当は100ある面白さを、引き伸ばして70くらいにしてしまってる感じ。
悪くはないけど、もっといいものになれただろうという要望というか。
今週の巨大ロボとのバトルも悪くなかったし確かに面白いんだけど、でも能力バトルの方が良かったなあ。
単騎で巨大な敵と相対するってのも好きなんだけどね。
この作品でどうかというとまた。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/132-7575e085
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
とある科学の超電磁砲 第3巻 <初回限定版> [Blu-ray]クチコミを見る レールガン、いよいよ最終回! ☆<03/20更新>前回、とある科学の超電磁砲 第23話 「いま、あなたの目には何が見えてますか?」の感想をポッドキャストにて収録! 「ゲボ棒を持った佐...
2010/03/21(日) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
そろそろフィナーレと悪役にノリノリなテレスティーナ(笑) 光子さんも活躍の時が♪ 美琴を先に向わせ、黒子とともにMARの兵士と戦闘へ...
2010/03/22(月) | SERA@らくblog 3.0
きっちり締めてくれました! ここのところ見たアニメでは最高の最終回かな。 禁書は難解な純文学を読んでいるようでついてけないこともしばしばだったけど、 レールガンはストレートにキャラの気持ちが入ってきて、見ていてすごく楽しかったですね。 声優陣では大原...
2010/03/23(火) | のらりんクロッキー

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。