ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド第10話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/23(火)
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド第10話

タイトル「ワルプルギスの夜」
*なんか異様に実写を加工した感じのが多かったなあ。
演出? 手抜き?
どっちにしても気になった。

プールで遊ぶ女性陣+ユズル。
会長との関係は、年齢が曖昧であるヴァンパイアになったから成就したという感じでいいんだろうか。
どうでもいいけど、あれだけダメと言ってた人間のバンドへの侵入を普通に由紀がやっちゃってるのはどうなんだろう。
会えないからこそユズルはヴァンパイア化を望んだというのもあるのだろうし。
まあミナの友人だから特別ではあるのだろうけどそれにしてもなあ。
顕身が身内のヴァンパイアにまで秘密なのはなんでだろう。
これから説明あるのかな。

アキラと美刃の会話。
美刃の立ち位置がいまいち分からん。
三支族の関係者で、でも昔ミナに恩を受けたことがあるとかそんな感じかな。
そうだとしても教会で敵の手助けをした意味が良くわからないけど。
微妙にアキラとフラグ立ててるのは何なんだろう。

三支族来襲。
由紀はほんとにどれだけ信頼されてるんだ。
三支族は簡単に言っちゃえば保守派と革新派の確執といったところか。
それにしても純潔のヴァンパイアはどう生まれたんだとか前回言ったけど、純潔同士で交配すれば生まれるってだけかい。
最初のヴァンパイアはどうやって生まれたんだよ。

アキラを殺すのはまあ普通にミナの相手をなくして退路を断つという感じか。
実際ミナは成長するのだろうか。
話しぶりからして何年もあの姿のままっぽいけど。
アキラの方は、1人か2人くらい倒して、残りの1人に殺されそうになったところに美刃登場って感じかな。
しかしアキラを倒したから夫になるというのも意味の分からない賭けだよな。
ミナの純潔審問というのはどういう事?
まさか今更ヴァンパイアの女王ではなかったとか言い出す気?
そうするとバンドの正当性とか揺らいでいきそうだなあ。
ミナの母親が人間か何かと交配して、それで生まれた子がミナってことなのだろうか。

ここに来て色々と設定が出てきたけど、さて最後に向けてどうまとまっていくのだろう。
なんとなくバラバラな感じはしないから1つに収斂していくんだろうなあとは思うけれど。
まあ他より1週長いんだし、その辺り楽しみにしていよう。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/134-2dad63db
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。