おおかみかくし第12話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/26(金)
おおかみかくし第12話

タイトル「嫦娥町奇譚」
*TBSおなじみの番外編。
今回はその後の話。最終回というべきなのだろうかこの場合。

Aパートはウサエルさん。
最初は番外編の割にシリアスだなーとか思ってたけど、あっという間に裏切られた。
ウサエルさんは多分オリジナルキャラクターだよな。
よくもまああんな大量に作るなあ。
着ぐるみ着て声色変えて跳ねるところは可愛かった。
それにしても、眠の想像力がネガティブな方向に成長してるのは育ちのせいだろうか。

秘術を込めたウサエル城の模型。
作るの速すぎだろ。
実は図工とか家庭科が得意教科なのか?
にしても秘術を目的もわからずに使うのはどうなんだ。
というかこれなんのための秘術なんだよ。
本の中に入って遊んだりも出来るんだろうか。
最後のウサエルのシルエットが怖かった。ウサエル肉食かよ。

Bパートは伝説のウエイター。
いまだに襲われるということを、博士はもうちょっと真剣に受け止めるべきだと思う。
まあ相当やばい状態でも八朔の臭いかげば治るみたいだけど。

地元ローカルのケーブルテレビが視聴率70%って。
お前ら外の文化取り入れようとかそういう気全くないだろ。
博士が女装した理由が見てて全く分からなかったのだけれど、どういうわけだったんだ?
男の娘が流行ってる昨今。あえてそれに逆らい、女装して気持ち悪くなる路線を貫いた硬派な姿勢は評価したい。
なにげに口の悪いかなめには笑った。
匂い以外中の下ってひどいな。

実はミーハーな眠。
ガガーン! の連発は可愛かった。
狩人やってると世間知らずになるのだろうか。

チンピラに絡まれる博士。
アレのどこに魅力を感じるのかしらはひどいww
眠は、取りあえずどこでも服脱ぐのはやめよう。
というかあのおおかみたちどっから現れたんだ。
蜜の設定があると、気持ち悪いのと男に迫られるという女装ものの鉄板を両方抑えられて便利だ。

伝説のウエイター登場。
いや、大分歳いってるな。
ひよこ組から街を守ったのは分かったけど、なんでウエイターやってるんだろう。
ぎっくり腰はまあ想定の範囲内。
眠の本当に残念そうな姿は予想外だったけど。

最後はヒロイン2人との思い出。
こうやって振り返ると色々あったなあと思うけど、一番印象が強いのは一誠だよね。
五十鈴はどう考えても当て馬だと思ったんだけどなあ。
原作でもルートはないみたいだし、こういう風に終わるのだろうか。
まあ恋愛ものではないからこういう曖昧な終わりもありなのかな?
個人的には決めてくれた方がスッキリするけど。
ラノベ原作みたいに途中で終わるというわけでもないのだし。

番外編も終わって、ホントの最終回。
番外編はやっぱり本編とのギャップが強いと笑えるなあ。
マナの車椅子設定が最後まで生かされなかったのは残念。
ほんとになんで車椅子なんだろう。原作だとなにかあるのだろうか。
まあ個人的に、物語のその後が好きなので楽しめた。
これも本編あってのものだと考えるのがポジティブな楽しみ方だろう。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/141-7ee258a3
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。