Angel Beats!第1話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/03(土)
Angel Beats!第1話

タイトル「Departure」
*麻枝氏脚本のオリジナル作品。
当然のことながら、作品に全力を注いでいることがそこかしこからひしひしと感じられた。
僕も含めて期待が大きい作品なわけだけど、今のところその期待には十分答えてるんじゃないかと思う。
ただまあ、作画はバンドシーン除けばCANAAN並にはなってないかなあと。

目が覚めると、そこは異世界。
記憶喪失でいきなり銃を構える女に話しかけられたら怖いよなあ。
まあもう1人の方に行ったら行ったで地雷なわけだけど。
この世界の天使はどういう役目を負ってるんだろう。
監視するシステム?
そのわりに反逆者を殺しはしても消しはしない感じだしなあ。
むしろ天使を撃退することがこの世界の元々の目標なのかなあと感じた。
そうじゃなきゃ武器はどっから調達してるんだって話だし。
これから先、消されていく描写とか出るのかもしれないけど。

起きると鎌持った男にずたずたにされる音無。
死が激痛だっていう割りに描写が軽いのが気になるなあ。
あえてやっているのだろうか。

人のいない世界。
この世界って結局なんなんだろう。
生まれ変わるまでの休憩所みたいなもの?
少しでも未練を無くすために日常を送れるようにしてるのかなあ。

襲いかかる巨大ハンマー。
これもギャグで流してるけど多分死んでるんだよね。
死んだ後の世界っていう世界観からもうちょっと悲壮な感じのイメージだったけど、ギャグも多いしそういうわけではないのか。
正直戦いをやるにしては、この死生観は軽いんじゃないかなあと思う。

校長室で作戦会議
歯向かわないでいると成仏するらしいけど、これは要するに未練がなくなったから成仏するってことでいいのかなあ。
それとも天使側がこれくらいやればいいだろうって決めてるのか?
まあなんにせよ天使の目的が分からないから当てずっぽうになるんだけど。
死にもしない、歳もとらない世界で延々と抵抗し続けるのはどれほど過酷なんだろうか。
というかこのメンバーの実年齢って分からないのか。
100歳越えてるとかいそうな気がする。
しかし意外と構成員多いな。大体こういう組織って多くて10人が限度なのに。

屋上で音無とゆりの会話。
NPCが音無の起きたときにいなかったのは何故だ?
学校の時間帯にしか設定されてないのかな。
しかしNPCがいる理由もわからないなあ。
人に気持ちよく成仏してもらうため?
天使に自意識は、まあ作品的にはあるんだろうけど相当希薄なんだろう。
どの程度の自由意志を持ってるんだろう。

トルネード作戦。
バンドのおひねりで食券もらうのかなあとか思ったけど、風で巻き上げるのか。
バンドシーンは散々宣伝してただけあって素晴らしい出来だった。
確かにこれは誇れるレベルだ。
どれほどこの作品に気合を入れてるのかがこれだけで分かる。
ハルヒのバンドシーンを彷彿とさせた。

天使との戦い。
これだけ見てるとホントどうしようもない感じだなあ。
こっちが何をやっても無駄にしか思えない。
ただ天使の方も本気でやっているようには思えないので、絶望感とかはなかった。
というか天使は消す気でやってないよな、これ。
飛び散っていく銃弾と、舞い落ちる食券の雨が綺麗だった。
正直この構図だけで結構満足。
花火と雪を同時に見るようなものだよね。
1人で戦ってるとか、逃げるときの音無の様子とかからして、天使との和解みたいな感じにはなるんだろうな。
今のところどうやって持っていくのかは分からないけど。
ルールに違反しない限りは襲ってこないらしいし、その辺りから攻めるのかな。

拾った食券で食堂に。
まともに働くと模範的な生活と取られて消されるんだろうな。
しかし毎回これやるって結構な労力じゃなかろうか。
記憶がなくて冷めてる感じの音無はどこへいくのか。

EDは本編と打って変わって落ち着いた感じの仕様。
ここにも力を入れなかったのはなぜだろう。
途中で変わるのかな。

1話見た限りは期待通りかそれ以上の作品になってくれそう。
ギャグが意外と多いけど、今のところシリアスの邪魔になるような印象はない。
まだ今期の作品が全部始まっているわけではないけど、それでもその中で屈指の出来になりそうな印象。
ただ個人的にはやっぱり死の軽さが気になるかなあ。
戦いの目標が消えないこと、つまり死なないことなのに、作中で消えることの下位にあるとはいえ死を軽く扱われるのはどうなのかなあと思う。
視聴者の死のイメージと作品の中での死のイメージのズレが大きすぎるように感じる。
まあ見ているうちには慣れるのだろうけど。
しかし銃にしろ鎌にしろバンドのあれこれにしろ、どこから調達しているのだろう。
この世界は普通の街に作られてるんだろから、銃も鎌もその辺にあるわけ無いよなあ。
案外望めば出てくるんだったりするのだろうか。
そうだとしたら、天使の目的は強い人間の選別とかそんな感じになるのかな。
まあ1話だしこの辺りは来週を待った方が良いか。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/151-bdf80745
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Keyの麻枝准さんが手がける、期待のオリジナル新アニメ! ていっても、私はあまり詳しくないですw ようこそ、死んでたまるか戦線へ! ...
2010/04/03(土) | 空色きゃんでぃ
『ようこそ、死んでたまるか戦線へ』 さらっと感想を書けそうでもあり、考え出すとドツボに嵌りそうでもあり… 視聴予定は無かったんだけど見てみたら面白かったAngel Beats! 第1話。 CLANNAD Blu-ray Box出版社/メーカー: ポニーキャニオンメディア: Blu-ray
2010/04/03(土) | 風庫~カゼクラ~
舞台は死後の世界 運命に立ち向かう少年少女たちの物語 なんらかの理由で最後を遂げた少年・音無は、死後の世界の学校で、ゆりと名乗る少女と出会う。 彼女は神に反逆する「死んだ世界戦線」のリーダーで、天使と日夜激戦を繰り広げていた。 そして、立ちはだかるは神の?...
2010/04/03(土) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
ようこそ! 死んでたまるか戦線へ――。 目覚めたのは死後の世界? 音無は、神の使い・天使と戦ってるって少女ゆりに説明を受けるが…。 ...
2010/04/04(日) | SERA@らくblog
舞台は死後の世界 運命に立ち向かう少年少女たちの物語 なんらかの理由で最後を遂げた少年・音無は、死後の世界の学校で、 ゆりと名乗...
2010/04/04(日) | ひえんきゃく
「ようこそ!死んでたまるか戦線へ!」 春アニメの第1弾を飾るのは、今期注目度ナンバー1の作品!
2010/04/04(日) | 明善的な見方
春アニメがいよいよ始まりましたね。 製作発表自体はかなり前から行われており、豪華なスタッフ陣が話題になっていたAB!なので、注目されていた方も多かったのではないかと。 特番の麻枝准さんのお話を聞いていると、アニメ作品という事で、今までの泣きゲーに比べて静よ...
2010/04/04(日) | gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
Angel Beats! 第1話 『Departure』 ≪あらすじ≫ ストーリー 舞台は死後の世界 運命に立ち向かう少年少女たちの物語 なんらかの理由で最後を...
2010/04/04(日) | 刹那的虹色世界

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。