週刊少年ジャンプ2010年第20号感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/20(火)
週刊少年ジャンプ2010年第20号
*銀魂
うーん結局春雨の仕業って事になるのかあ。
悪役を全て春雨に押し付けるのはどうなんだろう。
話が進んでいくのならともかく、いつも散発的に小競り合いしてるだけだしなあ。
まあ今回のシリーズはいつもより面白いからいいけど、ただ結局終わりはいつも通りな感じになりそう。
後巻頭カラーでトーンが足りなくなるのは流石にどうかと思った。

ONE PIECE
いやー面白いなあ。
こういろいろな視点で物語が進んで行くとわくわくする。
ルーキーそれぞれの反応、世界の受け止め方、巨大な権力が倒されたことの弊害、ルフィの行く末、世界政府の思惑と海軍の憤り。
どれも先が気になって仕方がない。
少年漫画でここまで多層的に物語を作れるのはすごいよなあ。
もちろんそれ相応の人気がなきゃ出来ないことではあるけど。
戦争が終わってもまだまだテンションを維持してくれそうなのは楽しみ。

NARUTO
綱手は本気で引退した方が良かったんじゃないだろうか。
会議の邪魔をしているようにしか思えない。
ナルトはまた修行編に入るみたいだけど、自来也とした3年間の修業はなんだったのだろう……

BLEACH
超速で伸びる刀。
ますますもって狙撃向きの能力だな。
いや、確かに切っ先を向けられたら終わりってのは強いけどさ。
マッハ500というと銃弾なんかより余裕で速いわけだし。
まあ接近戦でもある程度使えるから……けどやっぱり遠くから狙うべきだよな。
それともそこまで狙いが正確につけられるわけではないのかな。
刀はまっすぐというわけでもないのだし。

トリコ
新たに作るって、食材は代用するのかな。
順調にインフレが進んでるけど、ここまで激しいと少し心配。
四天王って別に強くないんじゃね?

ぬらりひょんの孫
奴良組二代目の名前は奴良鯉伴。
こんなもの表紙で出しちゃっていいのだろうか。
童話調で語られると、その人物の背景がすごくしっかりして見える不思議。
陰陽師がこれまでいいところないのでゆらがどれだけやれるか期待。
といってもまあ相手はほとんど全員羽衣狐だったからしょうがなくもあるのだろうけど。

家庭教師ヒットマンREBORN!
ああなんだ、転校してきたのはあくまで他の理由があってのことなのね。
中学生が来たのも単純に人材がいないからか。
結局っていう口癖は失敗してるように思う。「結局~!?」て。
戦いは、未来の技術持ってるわけだし危険なようには思えないなあ。
アーデルハイトが爆乳だったのは素晴らしい。いままで気付かなかった。
ジャンプじゃ見ないレベルででかいな。めだか以上じゃないか?

めだかボックス
最近思ってたけど、今週はいつにもまして地の文が多いな。
ほとんど小説な感じだ。
声の大砲は異常に入ると思うな。
めだかと友達になれるかというのは、そのまま二次元を好きになるのは正しいかっていうことなんだろう。

バクマン。
港浦さんをここまで物分りの悪いように描写してるのは、そのままジャンプ編集部、もしくは読者を馬鹿にしてるようにしか思えない。一々解説入れすぎだろう。
まあそりゃあ本筋をシリアスにやって、その中で笑いが取れれば面白いよ。
デスノートの魅上とか月とか。
ここまで豪語して、それを実際に描いてくれたらガモウ先生を尊敬するけど、ラッコがデスノートのパロディだった時点でやってくれないんだろうなあ。確かにハードルは滅茶苦茶高いけど、それをねじ伏せる姿を見たかった。
平丸さんの純粋さというか馬鹿さに癒される。
亜豆の声優がイカロスなのは確かに合ってる。

べるぜバブ
男鹿の心情はもう置いておくとして、葵と三木と男鹿の強さがさっぱりわからん。
まあ勢い重視なんだろうから気にしてもしょうがないのかなー。
あまり細かいことを気にしないで楽しめば面白いのかもしれない。
来週は東条が出てくるのかな。

保健室の死神
今回は派出須の掘り下げかな。
取り付いてる病魔とか色々疑問に思ってたので楽しみ。
新キャラは妹かな。

いぬまるだしっ
おおっ、ジャンプでこれに触れるとは。
ギャグ漫画として成立するギリギリのラインで、それでもしっかりと意見を言う事とギャグとを両立させていて凄いな。
子供が多く見るだろうこの作品でここまで言及したことは素直に見事だと思う。
ただ、これ子供が読んでギャグに思えるのかなあというのが心配。
最後のコマのようにポカーンとしてしまうような気もする。
いや、問題意識を持ってくれるかもしれないし、大石先生のやったことは素晴らしいとは思うけど。

SKET DANCE
ちょっと流石に……
ネタが生々しくてあまり笑えない、というか居たたまれない。
ここまでリアルにすることないだろうに。
泣かれるとエロ方面に考えるのも無理だし笑えないし。
長くなりそうなのもちょっとなあ。
タブーだったのには理由があるとおもうんだ。
ちょっと四次元殺法コンビに説教されてこいといいたい。

PSYREN-サイレン-
ああ、そういえば心を読む以外にも相手の能力無効化出来たんだっけか。
ほとんどチートだなシャオ。
躊躇せず首を折るのも素晴らしい。

LOCK ON!
この漫画は先週の話を今週に続けすぎてる気がする。
いやまあ確かに日常として続いてるわけだからそれが正しいのだけど、途中から入る人にもわかりにくいしそこまで重要にも思えないし。
ただ画力云々は置いといて、この作品の魅力である表情の変化はこなれてきたような印象。
大ゴマの真田とニコとか、最後のページの雪の表情とか。
雪の方はコマ割りになんとなく違和感がないでもないけど、肝心の表情は結構好き。

こちら葛飾区亀有公園前派出所
それぞれを適材適所に振り分けてるのは中々面白い。
中川の会社の管理体制はもうちょっとしっかりするべきだと思う。

詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。
話の何が問題なんだろうなーと思ってたけど、身近に狂人が隠れてるってのが嫌なのかなあ。
こっくりさんって1人でも出来るのか。多人数じゃないと無理だと思ってた。
そして真は今回の描写見る限り信じてるようにしか見えないけど、どこで信じてないと判断されたんだ。

黒子のバスケ
本気でどうやって海常に勝ったのか思い出せないな。
主人公のチームじゃない強い高校同士の戦いは面白い。
どっちが勝つのか本気でわからないからなー。
まあ8:2で桐皇が勝つだろうけど。

HUNTER×HUNTER
キルアがどれだけ速いにしても間に合いそうにはないなあ。
そしてゴンがこええよ。絶対ラスボスだって。
先週負ける未来しか見えないとか言ったけど、そういえば感情によって念の強さは左右されるとか言ってたっけ。
墨絵っぽいのはバガボンドな感じ。
先週のもそうだけど影響受けてるのかなあ。

賢い犬リリエンタール
おお、初めて単純に面白いと思った。
バトル化してしまったのは本意ではないのかもしれないけど、それでも葦原先生は流石に巧いな。
武器庫を破壊したりとか、エリート組の裏切りが作戦だったとか丁寧で見事だ。
日常もいいとは思ったけど流石に退屈になってきたから、打ち切りが近いのかなだろうなあというのは残念だけど、それでもこの路線変更は歓迎したい。

ピューと吹くジャガー
万能な不動。
座ったまま分身とか原理をもう完全無視だな。
というかハマーが普通に分身できるのに驚いた。
嫌味なこと言ってるのに嫌味に感じないのは凄いなあ。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/188-9669af1f
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。