真・恋姫†無双~乙女大乱~第3話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/25(日)
真・恋姫†無双~乙女大乱~第3話

タイトル「呂蒙、学問を志すのこと」
*呂蒙の話。
蜀組完全に切って、1話まるごと呉の話にするとは。
関羽の回想に入りそうだった流れはどうだったんだ。

呂蒙VS甘寧。
日差しの仕事する基準が分からない……
何故呂蒙は駄目で甘寧はOKなんだ。
しかしバトルシーンには力入ってるよなあ。

孫権の側付きになったけど、いきなり惚れてて笑った。
惚れているかはしらないけど、孫権に学問を学ぶというのは微妙に史実に沿っているのがまた上手い。
しかし目が悪いのに、よく太守の妹の警護とかそんな重要な役割に抜擢されたな。
眼鏡が日本に渡ってきたのは戦国時代だったと思うけど、中国ではこの時代に……あるわけないよな。いくらなんでも。
まあ賈詡もかけてるし、積極的に無視するべき点だろう。
片目だけのを勝ってたけど、あれ逆に見えにくくないんだろうか。
老眼とかならともかく。

賢くなった呂蒙。
しかし周瑜と孫策がいて勝てないんだから三国志はすごいよなあ。
いやまあ正確には国力差が酷いとかそういう問題なんだけど。
ただまあ呂蒙は普通に優秀な部類の武将だろうと思う。
関羽を破ったのもそうだし、そもそも平民出身であそこまで出世したんだから。
孫権と呂蒙がベッドに寝転がって会話してるところは百合百合だなあ。

賊を見つけた孫権。
孫権に抑えられるのはどうなんだ。
呂蒙を読んだ直後に甘寧の鉄拳制裁が飛んできて、何事かと思った。
仕込み笛には倉で選んでるところで気づいてしまって残念。
子供が笛を拾ったのを先にするか、倉の側辺りで選ぶ場面を挿入すればよかったんじゃないだろうか。
賊が孫策に襲いかかるシーンは、演出も音楽も絵もテンションが上がって見事だった。
力をいれるべきところでしっかり入れてくれるから嬉しい。

孫策と周瑜の会話。
軍師見習いで何故孫権の側に。
孫権って孫策がいる間は軍師やってたっけ?
遠くからの画面はキスしてたんだろうなあ。

褌を取り上げられた呂蒙。
なんでねじり褌なんてレアなものがシンクロするんだよ。
その後の展開は予想通りではあるけど、甘寧のあれはひどいよ!
感動的なシーンなのに、飛んで行ってる布が白フンだというだけで台無しだ!
あれか、バクマンでいうシリアスな笑いがこれか。
まあ真面目に考えても、今までの自分と決別するという素晴らしいシーンではあるんだけど。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/199-a4ff2dcb
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。