週刊少年ジャンプ2010年第21・22合併号感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/28(水)
週刊少年ジャンプ2010年第21・22合併号
*ONE PIECE
女ヶ島のキャラクターはもったいないなあと思ってたらここでまた出てくるのか。
この後覇気を習得するとかいう展開になるんだろうな。
ルフィのどうしようもなさというか、自分の力に対する思いとかが本当に伝わってきた。
回想にここで入られると先が気になって仕方が無いけど、まあ入れるとしたらここだよなあ。
ダダンが山賊だったのはびっくり。というか海軍って陸の事件も担当するのね。

NARUTO
ナルトの態度のデカさだったり、里の人間の変り身だったり不満に思ってたことを解消してくれそうなのは嬉しい誤算。
やっぱり有効かどうかはともかく考えて作られてるんだなあというのを再確認。

BLEACH
崩玉の能力は、要するに願い事を叶えるってことでいいのかな?
確かにこれで今までの全ては説明出来るけど、無体な能力だなあ。
とはいえ範囲も異様に広いみたいなので、思いが強い方が上回ると考えれば少年漫画としてとても正しくはある。
しかしこれは自分の首を締めることにもなりかねないような。
藍染を倒したいと強く願ったら実現しちゃうんじゃないか?

ぬらりひょんの孫
集団戦、撤退戦、奇襲戦とそれぞれが全力を出し合ってる感じなのは面白い。
しかし花開院の本家にしょうけらに勝てるような戦力は存在するのだろうか。
というか清継くんが妖怪に会ってしまいそうなのが心配だ。

トリコ
アイスヘル編終了。
たけしのばあちゃんもそうだけど、しまぶーはほんとこういうばあちゃんが強いの好きだな。
インフレがやばいような気もする。というか四天王とはなんだったのだろう。
センチュリースープを小松がどう作るのか楽しみ。

黒子のバスケ特別編-Tip off-
赤司は試合展開を全て見通すとかそういう感じかな。
でもこれ個人技っぽくないなあ。相手の動きがわかるとか?
あと一人の色はなんだろ。白?
内容自体は火神と同じ感じだった。

バクマン。
今週の話は何がしたかったんだ?
サイシュースゲーってこと?

家庭教師ヒットマンREBORN!
二重人格って、死ぬ気弾撃たれたような状態が超化じゃなかったんだっけ?
そろそろ記憶が曖昧になってきた。
炎真の目はちょうどツナのと逆な感じだけど、シモンファミリーはボンゴレの裏とかそういう関係なのかな。

SKET DANCE
この路線でどこまで行くんだろなあ。
前半戦ってことはまだ半分?
フェチっぽい描写に見どころはあるにしろ、内容がそろそろというかいい加減キツイ。

べるぜバブ
東条が出てきたと思ったら廃墟にいっていた。
男鹿が怒ったのは、今回殴られたからでいいのかな? もう俺の喧嘩だって言ってるし。
心情がわかるようになったので結構スッキリした。

銀魂
これでお登勢が無理した結果亡くなったとかならすっごく綺麗なんだけどなあ。
真剣を手にした銀時の覚悟が、普段シリアスでも木刀使うだけによく感じられた。
次郎長とぶつかり合うシーンは迫力があってよかった。

LOCK ON!
な、なんか加速度的に眼球が大きくなってってないか?
祭の目とかちょっと怖いレベルにまで達してるぞ。
転校してきたのはもうなんにも言えない。

こちら葛飾区亀有公園前派出所
祝い隊とはまた懐かしい。
なぜ公安の仲間は任務中の刑事の場所を教えるんだ。

詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。
鳥居が机だという解釈は面白い。
新キャラは怪談を広めるライバルと言った感じだろうか。
正直四ツ谷先輩もいいことをしているとは言い難いので、悪役同士のライバルな気もするけど。
解決編の演出はほんと毎回力入ってるなあ。

ボクのアイドル
時期を逸した感はあるものの、ジャンプ版アイドルマスター。いや、まあだいぶ違うけど。
アイドルを見つけられなかっただけで罰を受けるとかどういう学校だ。
桃花が歌って観客が盛り上がる場面は、その間に見開き、最悪でも1ページは挟んで欲しかった。
ブーイングしてる観客が、桃花の歌で盛り上がるの間が欲しい。
まあもちろん河下先生がそれを切ったのは、この漫画において重要なのはそこへ行く過程だと考えてるからだというのはわかるんだけど、個人的な願望としてはやっぱりその結果をじっくり見たかった。

保健室の死神
病魔って専門の払う人間もいるのか。
考えてみればそりゃそうだよな。派出須がいないところでも病魔はいるんだし。
外見が病魔のせいというのはむしろまだ出てなかったのかと驚いた。
手放したくないのは自分を犠牲にしても人を助けたいとかそんなのかな。

いぬまるだしっ
昨今流行りのナレーション。
しかしこれは内容的にハンターのパロディだろうな。
今回のはめちゃくちゃ面白かった。

黒子のバスケ
海常の監督が普通にかっこよくなって驚いた。
黄瀬がキセキの世代をコピー出来なかったのはそれぞれを憧れてるから……なのか?
青峰はそれでいいとして、火神の能力なんかは身体的に厳しい気がするから、やっぱり青峰限定なのかな。
しかし青峰のコピーしたとして同等にしかならないんじゃないだろうか。
それにプラスして色々使えれば勝てるのかな?

PSYREN-サイレン-
集団戦は面白いなあ。
視覚的に能力がわかるのもいい。
戦いに固執せず任務を果たそうとするのも立派。
今週の戦いは一から十まで見事だ。

めだかボックス
最近は小説家としての血が疼くのだろうか。
地の文が増えてきてるというか、まあ説明は楽なんだろうけど、回想以外でも入れすぎだよなあ。
漫画をノベライズしたかのようだ。
しかし行橋の異常は本当に邪魔なだけだな。
王土の登場シーンはギルガメッシュにしか見えない。
とはいえ同様の迫力があるのでそういう意味では素晴らしい。

HUNTER×HUNTER
成長の強化? 強化系ってほんと何でもありだな。
頭から出てた黒いのはオーラかと思ったら髪の毛かよ! シリアスシーンが台無しだ。
いやまあピトーをぶっ飛ばしたシーンは、髪の毛が振り乱れててかっこ良かったけどさ。
この能力ははゴンがこの年齢になったら今と同等の力を得るって意味じゃなくて、そこへ行くまで、その後得るはずの能力も全て先取りしてるって意味なのかな。
そうじゃなきゃ念能力が使えなくなるってことはないだろうし。
黒子舞想は自分の意志でリミッターを外して動けるってことかな。地味に強いな。

賢い犬リリエンタール
いやーやっぱり上手いなあ。
今まで出てきたキャラクターそれぞれの魅力を存分に活かしてバトルしてる。
単に追い込まれたから路線変更というだけでない面白さだ。

ピューと吹くジャガー
おお、なんかこういうノリは久々な気がする。
やっぱりこのノリが一番面白いな。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/202-14108c28
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。