神のみぞ知るセカイFLAG96感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/30(金)
神のみぞ知るセカイFLAG96

タイトル「SISTER GIANT」「SISTER NAKED」
*誰よりも強い欲は、誰よりも大切な妹のために。
彼女は走り続ける。全力で。

一気に解決しそうな96話。
これスキマの原因檜というより楠じゃないか?
楠が檜にもう憧れをもっていないというなら別だけど、いまだに憧れてるし。

全裸で大きくなった檜。
桂馬の作戦はここまで予測していたのだろうか。
どちらにせよ最悪なタイミングで大きくなったもんだ。
弱いところを見せられるとやっぱりかわいい。

口を開けておねだり。
サイズを含めてこの状況であの態度は卑怯だ!
巨大娘っていったら強いのが普通なのに、ああやって弱いところを見せつけるとは。
一般人から檜がどう見えるかはすごい興味がある。

海に行く檜と桂馬。
都会の中に大きな女性がいるってシチュエーションが好きな人は、ネットだとそこそこ見かけるけど漫画でやられると壮観だ。
超弩級少女4946でもあるけど、あっちは元からそういう世界観なわけだし、こう普通の世界でやられるとより一層。
にゅっとビルの影から出てくる演出は化物語を思い出した。
檜の心のスキマの原因は楠の期待に答えなくちゃならないという思いか。
どこかで重圧に変わってしまってたんだろう。
来週は組み手をして楠が勝って、その憧れを解いて解決って感じかなあ。
ただこれだと、何か違和感があるんだよなあ。
楠の言っていた隠し事に繋がらない気がするし、そもそも楠の心のほうが原因になってるし。
……んー違うな。なんなんだろう。

ところでGTSってこうやって名前はあるけどニッチなジャンルだよね。
今はまだ「超弩級少女4946」がサンデー超でやってるからまだしも、それ以前にはほとんど普及してないんじゃないだろうか。
ただまあ超弩級少女の場合はまた普通のGTSとは別なキャラ付けではあると思う。
基本的にM属性向けのジャンルだから、女の子を守ると決意するような感じはまた違うんじゃないかと思うわけです。
いや、個人的には大きい女の子を責めるというのはかなりツボなので、この作品も素晴らしいとしか言いようがないわけだけど。
ところで東毅先生の場合、「超弩級少女4946」と「RE-TAKE」ではどっちが有名なのだろう。
一つ言えるのは、どちらも素晴らしい作品だ。出来れば両方読みましょう。
追記10.4/30:なにか言葉が足りないような気がしたので追記。
「超弩級少女4946」は凄く真面目に巨大娘と向き合ってるんです。
現実にあの大きさだとどうなるか、大きいあの子はそれでも人間だという感じで。
だから単発の画像や短編小説などとは元から比べる土俵自体が違うわけで、そういう作りだからGTSとしてどうこうという話をしているわけではないです。

コラ画像とかで都会の間に大きい女の子がっていうのはよく見るけど、あれは実在の人物で見ると流石に現実離れしすぎてて理解し難い。二次元なら分かる。
Wikipediaで巨大娘見ても関連ゲームに2つしかないしなあ。
同人なら探せば結構ある。こちらとかこちらとか。
GTSの魅力の一つに、女の子に飲み込まれたいというのがあるけど、そういう視点を持って今回の檜の口を開けて待ってるコマを見るとまた違った感覚を受けるのではないかと思う。

ただ元が普通なサイズの女の子が巨大化してしまって――というのだとどれほどあるのだろう。
なんか見たことあるような気はするんだけど作品名は思い浮かばない。
瀬戸嫁の永澄が巨大化していたと思うけどあれは男だし。
……ああ、綾波が一応そうか。……違うか。
まあ何が言いたいかというと、そんなジャンルまで網羅してる桂馬すげーということです。

PS.超弩級少女4946のMADがこちら。
素晴らしい出来なのでぜひ見てください。


人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/208-253908d2
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。