はなまる幼稚園第2話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/18(月)
はなまる幼稚園第2話

タイトル「はなまるなすべり台 はなまるな天才」
*今回からOPがついてた。
思ったほど幼稚園児って感じの曲ではなかった。
まあみんなのうたみたいな感じかと思ってたから、ギャップが激しかったのもあるんだけど。
単体で聞けばゆったりとした感じと言っていいし。
EDは……なんだこれは。
笑ったけど、同時に理解が追いつかなかった。
いや、変わるとは聞いてたけど、こんなカオスな事になるとは思ってなかった。
キャラクターソングなのか?
いやもうなんで惑星なんだとか、スターウォーズなんだとか、怪獣になってるんだとか、途中の乙姫はなんだったんだとか突っ込みどころがありすぎて突っ込めない。
あえて2話目に持ってくる意味も分からなくはないし、出オチって意味でいいEDだとは思うけど。

すべり台の方は、同時に土田が先生として園児たちに溶け込んで行く話。
失敗続きで最後に挽回ってのはよくあるけど、失敗も挽回もたいしたことではない感じがこの作品らしい。
大人になってしまえば気にも留めないことで楽しめるのはノスタルジーを感じる。
この辺りよつばとと似た感じだなあ。
すべり台のキラキラした感じなんか、目線が違うから味わえないもんなー。
小学生の頃はともかく、幼稚園の頃なんかあんな大きな遊具なかったからなあ。
それでも遠くの大きい公園行ったときは、大きいすべり台が楽しかったっけ。
……なんかこういうこと言っちゃうのはダメな気がする。

気を取り直して後編。
柊はコスプレ要員なのね。
いつもハイライトのない目が星をみるときに普通になったのは可愛かった。
年中組とのやりとりも幼稚園児のときはこんなだったなあと思うと、懐かしいし微笑ましい。
まあ知識の量は幼稚園児場慣れしてるけど。
柊はもだけど、けんじのほうも普通に凄くないか!?
ゲーム脳とか知ってる幼稚園児ってなんだよ!
幼稚園外の、家族のやりとりも描かれてるのが、深みが出てきていい感じ。
ほのぼのではあるけど、意外と薄くはないなあ。
ただ、夜の林で、近くにいるとはいえ1人で行動させるのはどうなんだと思った。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/21-985ef75d
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。