薄桜鬼第5話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/03(月)
薄桜鬼第5話

タイトル「相克せし刃」
*伊東甲子太郎オネエキャラかよ。
山南が追い込まれて行く流れは、大河で見たときは違和感あったけどこっちだとすんなり飲み込めた。
まあ伊東を完全な悪役にしているかどうかと言う差か。
この分だと御陵衛士を結成してからの流れは、完全に自業自得として描かれるんだろうなあ。
確かに今思えば新選組の心情を思えば分からなくもないけど、しかし近藤はひどい変り身だよな。

焼け落ちた都。
微妙に焼け残ってると感じとかリアルだなあ。
この時代じゃ火ついた時点で終わりだろうから大変そうだ。
平助が行くのは、このキャラデザだと子供一人で行かせるなよと思ってしまう。
おひたしをみんなで洗いに行くのはなんだったんだ?
単純に日常描写なんだろうけどみんな淡々としてるから伏線でもあるのかと思った。というか沖田いじめかと。
ついていけてない千鶴が可愛かった。

伊東の加入と山南の薬。
しっかりした教育受けたのと違うのじゃコンプレックスあったんだろうなあ。
薬はやっと来たかとわくわくした。
土方が優しくなってるのは年月の流れか。
結構前半で飛ばしたからなあ。
会食で伊東がオネエ言葉なのはなにかと思った。
何故こんなキャラ付けにしたんだ。
千鶴を襲おうとしたのは女嫌いだからか? それとも千鶴の父の関係かな?

京に来て1年。早っ! もうそんなに!?
ほんとに今週だけでどのくらい飛ばしたんだ。
西本願寺への移転は、今の感覚でいうと山南の意見が正しいとは思うけどまあこの時代だと別なんだろうな。
ただそれを加味しても、武士じゃないという立場を考えるとより一層道理は守るべきだと思うんだけどなあ。
実際新選組の役割がどれほど重いかっていうとそんな重要ではないし。
ここで伊東が挑発する意味が良くわからなかった。そんな反感買ってどうするんだ。
まあ隊士から避けられてるみたいだし、切ってもいいと考えたのかな。
それに関しては山南が悪い部分もあるわけだし。
斎藤の意見は軍人って感じだ。

山南の薬。
寝間着姿の千鶴がとてもカワイイ。素晴らしい。
ここのカメラを少し回転させたり斜めから撮ったりしてる演出は良かったなあ。
BGMも相まって不気味な雰囲気がよく出てる。
しかしあの薬を作ったのは千鶴の父親かよ。しかも人体実験て。
山南の、参謀としてではなくあくまで剣客として生きるっていう姿はかっこいい。
こういう姿が、例えイメージでしかないとしても新選組のカッコ良さだ。
しかし薬使っても左腕を使えてないってのはひどい皮肉だなあ。
というか新選組でやってたってことは薬の実験を隊の面々、少なくとも隊長以上は確実に知っていたろうから許可したのか。
言ってることの割にやってることえぐいな。
必然的に千鶴にも隠していたと言うことになるわけで、まあ単なる綺麗事で終わらないのはいいけどすごい設定だな。
気を許していたみんなが実は自分を騙してたって相当だ。

来週はまあ切腹か。
正気を取り戻すっていう展開になるのか、切ったのを切腹とするのか気になるな。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/218-e623f9be
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。