今期(3月終了アニメ)を評価してみないかい?8 その2

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/05(水)
今期(3月終了アニメ)を評価してみないかい?8 その2

この記事は「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人ピッコロさん立案の企画です。
そのため当ブログ記事の「2010年冬季アニメ総評」とはまた別ですのでご注意下さい。
おそらくこの記事読んでる人は皆さん知っておられると思いますが、一応評価項目と評価点についての説明を載せておきます。

<評価項目について>
ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。

キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。

画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。

演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。

音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。

総合的な評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い
*おおかみかくし

ストーリー 1
ストーリーはまあひたすら残念。
期待感に見合うだけの解答が得られなかったし、そもそも妹の車椅子とか白狼様とか、伏線がいくつか残ってるのはどうなんだ。
謎をばらまいてるのはいいし、それを1つで解決するのもまあいいのだけれど、その解決方法があまりにも陳腐と言うか、ただそういう種族ですってのは何考えてるんだとしか。
それでもまだ博士がなにかを頑張って成し遂げたのならいいのだけれど、謎解きはかなめ、努力は眠がしていて本当に何もやってないという始末。
最後のギャグ回でやっていたことだけど、ウエイトレスに襲われていたことからしても、博士が蜜ということは結局解決してないわけだし、いつか同じようなことが起きるんじゃないか?
まあ前半のホラーな感じは結構楽しめたのでそれは良かった。

キャラクター性 2
主人公はともかくとして、眠とかなめのキャラは良かった。
特にサブキャラのかなめが謎をすべて解明するというのは斬新だったと思う。
まあそれならその代わりに、主人公に何かしらの役目を負わせないといけないとは思うので、それがなかったのは残念だけど。
後は思わせぶりな沙織のキャラだったり、賢木の詰めの甘さだったりは気になった。
というか沙織が賢木の恋人に似てるのはほんとになんだったんだ?

画 3
最初から最後まで大きく崩れることなく丁寧に作られていたと思う。
特に凄いと思うような場面があったとはいえないけど、不満に思うような点も同様になかった。
狩人が狩りに行くところは見所があったような気もする。

演出 4
前半のホラーな演出は素晴らしかった。
基本に忠実というか、怖く感じるツボを良く抑えて作られていたように思う。
番外編でも、コミカルな内容ながらどこか違和感があるというような雰囲気を感じられた。

音楽 3
あんまり印象に残ってはいないのだけれど、まあつまり不満点もなかったということなのだろう。
OP、EDはそれなりにいい出来ではあったと思うけど、EDの絵はちょっと不満だったかなあ。

総合的な評価 1
演出や絵などの下地となる部分は特に不満もなく無難に作られていたと思うのだけれど、ストーリーで全てぶち壊しになってしまったという感じ。
伏線をばらまいている間はわくわく出来ていたけど、回収し始めてからはフォローのしようが……
淡々と進みすぎというか、何がなにやら分からないうちに事件が起こって勝手に解決していたというか。
最後の番外編は結構面白かったけど、本編自体がちょっと楽しむには厳しい。
もしかしたらサスペンスとして見ずにホラーとして前半を見て、後半を眠の成長劇としてみればよかったのかもしれない。

総合点 14


とある科学の超電磁砲

ストーリー 3
4をつけようか迷ったけれどここは3で。
2クール目は蛇足感が否めなかった。
ただそれでもアニメ単体で考えれば中々よく出来ていたとは思うけれど、スピンオフ作品という本来の立ち位置で見た場合はやはりそれほどの出来とは感じなかった。
原作との差異はこっちの感想でさんざん書いたので省くとして、アニメ単体でも13話をやった上で、それでもまだ無能力者と能力者の違いを繰り返すのは少しくどいような気がした。
まあスピンオフをして考えなければ原作のテーマ性を上手く消化しているとは思う。

キャラクター性 4
主役の4人に限らずどのキャラクターもしっかりと掘り下げられて魅力がよく感じられた。
2クール目のオムニバス的展開も、まあ世界観の補完という点でよく出来ていたと思う。
特に婚后があそこまでいいキャラになったのは完全に予想外だったなあ。
ただ細かいところだけど、美琴と佐天のキャラクターがくどいというか、そこでそういうこというかというか、気にしすぎというか、とにかくところどころでブレてるような感じだったのは気になった。
いやまあ美琴に関しては、無能力者、能力者のそのまた上として、超能力者の視点で見てるっていうのもあるのだとは思うけど。
後は最後のほうで初春がなんであそこまで春上に入れ込んだのかなと思った。
いや、黒子との和解のシーンは見事だったけれど。

画 4
崩れるようなことなく全体的に綺麗にまとまっていた。
バトルシーンとかはすごくよく動いていて、見どころの1つである戦闘シーンの魅力を余す所なく発揮してくれていた。
特に印象に残ったのはテレスティーナの工事ロボとの戦いかなあ。
AIMバーストや木山先生との戦いも凄かったし、決めるべきところでしっかり力を入れてくれているのはありがたい。
後はテレスティーナの変顔にも気合が感じられた。

演出 4
バトルシーンのカメラワークなどはなかなか目を引かれた。
飛び抜けていいというのはあまり感じなかったように思うけど、堅実に作品の魅力を高めることをしてくれていて安心してみることが出来た。
美麗な作画と結びついた演出は、例えオーソドックスなものであっても作品を魅力的にしてくれるなあ。

音楽 5
まあ言うことないよね。
OPの出来が圧倒的すぎて、それをBGMに使えば無条件に盛り上がると言う無双状態。
EDの曲も中々いい出来だったけど影に隠れてしまったのは不運というべきか。
BGMも地味にいい仕事をしていたように思う。

総合的な評価 4
ほとんどの要素において不満がなく、すごく良く出来ていた。
まあ肝心のストーリーは間延びしているなあという印象を受けたので、それがマイナス点か。
繰り返しになるけれど、やっぱり2クール目はいらなかったと思う。
確かにどの話も一定以上のクオリティーを維持してくれていて、面白くはあったのだけれど、だからといってこれをとあるシリーズでやられてもなあと。
あれらをやるのなら、また別の外伝を出して、そこでやるべきだったのではないかと。
個人的な印象としては100ある面白さを70くらいに薄めてしまったという感じ。
とはいっても本筋は燃えたので、そういう王道なストーリーは面白かった。

総合点 24


はなまる幼稚園

ストーリー 4
これに4をつけるのはどうかと自分でも思うけど、でもやっぱり3に収まる器ではないよなあ。
幼稚園児で釣っておいて、本当の主役は土田だという構成には驚いた。
杏たちの方は、悪い言い方すると成長のためのツールみたいな扱いだったもんなあ。
作品名的にはどうなんだろうと思わなくもないけど、社会人の成長を真正面から描く作品なんて、最近だとBAMBOO BLADEくらいか。そういえばあれもヤンガンかあ。
やっぱりこういう作品が連載されてるとはいえ、ヤンガンも青年誌なんだと再確認。
まあアニメだとタマが主役だったような気もするけど。
山本先生との関係に決着をつけてくれなかったのは残念だけど、とはいえ大人の男が悩み苦しむ姿、それを叱咤する子供という構図には惹かれた。

キャラクター性 4
どの子も可愛いし、それだけでなく問題に対して解決法を模索していく姿がいい。
日常生活全てがキラキラして見えるのは幼稚園児というか子供の特権だよなあ。
先生たちも、山本先生はもちろんのこと、草野先生と土田の関係とかが見ていて気持ちよかった。
基本的に誰も彼も毒の無いキャラクターばかりなので、癒し系な雰囲気に浸れてよかった。

画 5
これは完璧。ソ・ラ・ノ・ヲ・トがあるとはいえ、間違いなく今期1番でしょう。
1クール通して一切崩れることなく、またよく動きまわる園児の動きをいい具合に表現出来ていた。
ほんわかーとした雰囲気も柔らかいタッチで描いてくれていて、見てて暖かい気持ちになった。
走るところとかで何回かあった、このアニメに入れるレベルじゃねえ! って感じの作画も普段とのギャップと相まって印象に残った。
最終話のと、杏が溺れたと言われて走るところが凄かったなあ。
とにかく文句のつけようが一切ないくらいよく出来ていた。

演出 4
身の回りのものがキラキラ光って見えるということを、演出で見事に表現してくれていた。
特に滑り台で滑るシーンが印象的だった。
土田から見た世界と、杏から見た世界の違いがよく感じられて、その先この作品を見て行く目線を教えてくれた。
夢の世界も何度かあったけど、そのときの雰囲気も好みだったなあ。
普段から結構淡い感じの色使いなんだけど、それとはまた違った幻想的な雰囲気というか。

音楽 4
毎回変わるEDはそのほとんどに作画の力がこれでもかと詰め込まれていて、癒し系でもただでは終わらせねーぞというGAINAXの姿勢が感じられた。
特にりょーちも作画のさつきEDは凄かった。
曲自体も、いくつかよく分からないのはあったけど出来はどれもそれなりに良かった。
EDに隠れがちだけどOPの曲も勢いがあって結構好み。
BGMも盛り上げるところをしっかり補助してくれてよかった。

総合的な評価 4
基本的にはどの話も癒し系な感じで日常系の一種なんだけれど、その中で幼稚園児の日常、幼稚園児の恋愛、大人の日常、大人の恋愛という風に分かれていたので飽きずに最後まで楽しむことが出来た。
比重として大人の恋愛が最終的に大きくなったような気がするけど、まあ個人的にはそれでよかった。
話の中に色々と裏側を考えさせられるような要素があって、そういう面でも楽しめた。
まあ原作読んだら違う雰囲気だったというのもあったので、一種の妄想ではあるのだろうけれど。
日曜日にあったということもあって、週の始めに癒されたので、そういう意味でもこの作品を見れてよかった。

総合点 25


クロスゲーム

感想は書いてないですが、一応1年通して見てました。

ストーリー 4
試合がほとんどないことに関しては賛否両論あるだろうし、個人的にも見たかったというのはあるけれど、まあナイン、タッチ、H2でそれはもうやり尽くしたからあえて描かなかったんだろうなあ。
代わりに野球を通じた心の動きをしっかりと描写してくれたので、その辺りは視点がブレずに見れたのでよかったのではないかと思う。
TV版オリジナルの青葉の女子野球も、異様なまでに違和感がなく本編に収まっていて、構成の上手さを感じた。
完全にオリジナルなのに最初からあったもののようにまで錯覚させられたのは本当に凄い。
EDでキャラクターのその後を見せてくれたのはありがたかった。

キャラクター性 4
尺が短いというのもあるけど、それにしても他のあだち作品と比べて、脇役のキャラの描写が少なかったのは残念。
まあ短い時間でしっかりとキャラ立てしてくるのはさすがだなあとは思うけど、H2の木根くらいのも見たかったなあと思う。
その分は三木がやってくれたのかな。
主要キャラに関してはいうまでもなく素晴らしい。
あえて語らないという手段がさらに磨きがかかってきているような気もする。
今回なんか最後まで好きって言葉にしてないしなあ。

画 4
単純なキャラ造形はもちろん、風景にいたるまであだち充を表現してやろうという気合が感じられた。
絵自体はそれほど難しくないような気はするけど、雰囲気にいたるまで表現してくれてるんだから凄いよなあ。
朝アニメらしく大きく崩れることなく最後まで行ってくれてよかった。

演出 5
間の表現が秀逸。
これがあだち充の最大の魅力だと思うけれど、それをほとんど完璧に再現してくれていた。
最後の試合の光のホームランなんかは流石というべきか、鳥肌がたった。

音楽 4
コブクロのOPは流石にいい曲だ。
BGMも雰囲気によくあった感じの曲で、盛り上げすぎない盛り上げ方が上手かった。
EDは正直あまり記憶にないのだけれど、4クール目のEDは好きだった。

総合的な評価 4
朝アニメらしいというか、あからさまに目を惹くような要素はないものの、全てにおいて高水準でまとまっていた。
とにかく丁寧に作られていて、空気感などまで表現されてるのは凄いと思った。
青葉の声も最後の方には完全に違和感無くなってたなあ。
というかむしろこれしかないとまで思ったくらいだ。
1年の間、常にあだちワールドをテレビで見れたのは嬉しかった。
特にリアルタイムで見たのは初めての作品なので感動もひとしお。

総合点 25

ベスト賞へ

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/225-6f7260d5
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。