RAINBOW 二舎六房の七人第6話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/12(水)
RAINBOW 二舎六房の七人第6話

タイトル「Truth」
*染みるなあ。
極限状態での友情は美しい。
残り1週間。果たして六郎太はどうなるのか。

リンチの結末。アンチャンカッコいい!
おお、すげえ。力技で抑えつけた。
確かに理屈では看守の石原以上の恐怖を与えれば告げ口されないで済むだろうけど、実現させるとは。
一体どれほどのことをすればそんなことが出来るのだろう。
しかし石原の驚いた顔は爽快だった。六郎太はほんとかっこいいな。
佐々木に相談したのはなんでかと思ったら、ホモ行為はこの時代でも知られるとやばいのか。
力関係が佐々木>石原っぽいのは意外。

雨の中での敬礼。
熊谷の問題意識はあるけど何もできないっていうのが凄くリアルだ。
雨の中でただじっと頭を下げてる5人がかっこいい。
やっぱりこう正しいことをしている人の姿は心を打つな。
石原の棒読みで看守に手をあげるとは~は素晴らしい。

独房の六郎太。
なるほど、食事を与えないで殺すのなら外部にはよく分からないか。
石原がなんでここまで六郎太を怖がるんだろうなーと思ったら、男娼まがいっていうかそのものをさせていたのが明るみに出ると困るからね。
しかしあんなもんを公共の電波で流していいのだろうか。
ジョーの時のあれも相当きつかったけど、こっちも見たいものではない。
佐々木にしろ石原にしろ、バレそうになってるのに辞める気配が一切ないのはいっそ潔いな。

アンチャンにおにぎりを。
熊谷の決意がどういう結果を生むかまだ分からないけど、ようやく幸運が来そうな感じではあるな。
というかここで裏切られたら心が折れる。六郎太の出所はともかく、残った6人がどうなるか怖い。
しかしなんだかんだ言って熊谷のやったことによってスッポンが握り飯を届けられたことになるわけで、熊谷はしっかりと役目を果たしているよな。
そんな家族がいるだろう立場で上司に逆らえと無理強いは出来ないし。
血に塗れた食事が美味しそうに見えるのは初めてだ。
まあスッポンはどうやって脱走したのかは気になるけど。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/237-516bb92c
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。