神のみぞ知るセカイFLAG99感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/26(水)
神のみぞ知るセカイFLAG99

タイトル「SISTER SISTER」
*暴走する姉。泣き崩れる妹。
神の言葉は少女たちを救えるか。

途中までのあらすじにするとほとんど詐欺だな。
ともあれ99話。後1回で100話になるということは、来週で終わりかな?

お前が私を殺した……
やりたい事が見つからないという檜。
まあそれはそれとして分かるんだけど、モデルやら女優やらしっかりやっておいて、人よりちょっと出来ただけってのは違うよな。
とはいえ話はいい具合に収斂してきた。
苦しんでいたのは当主たらんとした楠だけじゃなく、目標たらんとした檜もということ。
選んだ道は違っても迷い悩んだのは同じというのが姉妹な感じだ。
まあそれが解決するのが早いか遅いかが一因となってこの状況があるわけだけど。
しかし楠の方がやっぱり強かったのか。
お約束というか、第一印象って大事だなあ。変に裏読むとろくなことがない。

動き出した巨大檜。
おお、あの大きさが害意を持って動き出すと結構な恐怖だな。
それを抑えられると言える駆け魂隊って意外とすごいんだな。

立ち上がる楠。
もう完全に主役交代だな。まあ前回の桂馬の台詞からしても当然か。
檜の心のスキマはあくまで家族の関係であって、恋人とかそういった類のもので埋められないだろうし。
まあでもよく考えたら桂馬が楠のスキマを埋めたおかげで今こうして向かい合えてるのだとしたら、師匠的な感じと言えるのか。
楠、檜との立場が逆転してて面白い。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/266-59606896
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。