神のみぞ知るセカイFLAG102感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/06/17(木)
神のみぞ知るセカイFLAG102

タイトル「Devil May Cry」
*インターバルでいいのか? といぶかしんでいたら、やっぱりインターバル回だったみたい。
つーわけで前口上なしで、102話感想。

インターバルといってもテーマ的に軽いということはなさそう。
2人の関係性の整理というか、100話を過ぎた段階での再確認というところか。
第三者から見える関係とは確実に違うわけだけど、じゃあどういう関係かというとまた難しい。
友達というのもまた違うし、選手とマネージャーみたいな感じだろうか。

元気のないエルシィ。
歩美とちひろが出てきてとても嬉しい。
学園祭がもうすぐということはそこでもなにかあるんだろうな。
前も言っていたけど学園生活で大きいイベントの一つだし。
攻略の一部になるのか、女神関係になるのか分からないけど、まあそろそろ後者かな? ここで出さないでいつ出すんだって感じもするし。
……そういえば、檜の巨大化騒動を覚えてるのが女神保有者じゃないかと予想したけど見事に外れたなあ。
まあ性格には覚えてるんだろうけど、直接そこに繋がるわけではないのか。
歩美かちひろのどちらかだろうと思ってたけど、この分だと無さそうだしなあ。攻略ではなく少しずつ惚れていそうな感じではあるけど。
大穴でエルシィが女神とかどうだ! ダメか。地獄の学校行ってるもんなあ。
ところで桂馬の顔芸は元ネタあるのだろうか。
兄と言われてそうじゃないと言い張る桂馬は、読者視点では納得できるけど、作中では兄貴設定だったんだなあと今更ながら思い出した。

励まし方が分からない。
むう、攻略抜かすとコミュニケーションの仕方は分からないのか。まあ先週のあれはほとんど妄想に近い感想だってのは自覚してたけど。
しかし攻略しないコミュニケーションが分からないって不便だなあ。というかよく考えたら今現在も歩美とちひろを着々と攻略し始めてるな。
理想の世界の神が、現実の世界ではどう振舞うかという話。
ルートの途中でやめるとかはなしなのだろうかとか思ったけど、ルートの途中でやめたらほとんどのヒロインは駄目になるなと思い直した。
エルシィがお風呂に入った時の桂馬の反応は、前のと比べると動揺してて面白いなあ。

2人で遊園地へ。
ここで兄妹という嘘がネックになってくるとは。
現実に自分から向き合いだした桂馬は変わったなーと思ったけど、この伏線は上手いなー。
そういえば歩美とかちひろにとっては、桂馬とエルシィはあくまで兄妹なんだよな。
そりゃあ兄が好きな妹の為に、2人で遊園地行ってこいってのは正しい。
桂馬がそれを見落としてるのは迂闊としか言えないけど、そんなの覚えてるのは厳しいよなあ。いくら天才設定と言っても、普段兄妹だっての全く意識しなかったし。
それに攻略抜きで付き合うのが初めてな人間に、それは違うと分かれっていうのは酷だろうし。そもそもエルシィのことを心配してて頭がよく回ってなさそうだ。
歩美の兄妹なんだからという台詞のコマが黒で塗りつぶされてたのがなにか不吉だ。関係性は変わるのだろうか。
まあ普通にやったら変わっちゃうなーという気もするけど、上手くルートを避けそうな気もする。

オチはきっと歩美とちひろが出てきてうやむやにする感じだろう。
で、エルシィが歩美とちひろが桂馬をどついてる姿を切なげな表情で見る感じで終了。
割と自信ある。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/305-35c13cec
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。