いちばんうしろの大魔王第12話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/06/20(日)
いちばんうしろの大魔王第12話

タイトル「おしまいは完璧?」
*春季アニメ初の最終回。
先週の感想見直したら、そこで感じた疑問点とか色々とぶん投げたまんまだったけど、個人的にはいい最終回だったと思う。
とりあえず話の中で何がしたくて何ができたのかっていう点は明確になってたからか。

勇者VS魔王。
滅茶苦茶あっさりだったなあ。勇者と魔王の対決という構図が大好きなので結構残念だった。
阿久斗はやっぱりヒロシがブレイブだっていうのを気づいてたんだな。本気で出たとこ勝負だったのなら笑うけど。
しかし対魔王モードは伊達じゃないな。真面目にやってたら余裕で勝てるじゃねーか。
ゆうこの魔獣のマナはスハラ神が制御してたのね。なんでスハラ神は残してたんだ? そんな重要人物ではないと思うけど。
ピーターハウゼンが代わりになるってどういう事かと思えば……
まあとりあえず阿久斗はこのこと最初にいっとけとやっぱり思うな。コメントで言われてはいたけど、言わない理由がさっぱり分からん。
やっぱりこの尺の短さは残念だ。最終回全体でやったこと考えるとしょうがないけど、もっと長く見たかった。

神と望一郎の会話。
神は別の並行世界に理想的な人類、もしくは世界を作るってことが目的なのかな?
他の世界にも似たような存在がいて、そいつらが狙ってくるからそれにも備えようと。
自同律は色々な世界に偏在していて、それぞれの世界の記憶を共有してる存在かな?
アカシックレコード人間verみたいな。アカシックレコードは違うか。
で、望一郎の時代の自同律が会長の言ってたみちえかと思ったら違うのか。リムって名前かよ。ていうかみちえはなんなんだよ。
しかしこれって結局運命通りにしか生きられないってこと? それとも望一郎と違って阿久斗は運命を乗り越えられましたってこと? 多分後者かな。
結局女の恨みみたいな感じで因縁に理由がついてしまったけどそれでいいのだろうか。
悪いヤツではないみたいだからこういう感じでいいのかな。

阿久斗VS望一郎。
もうちょっと長いかと思ったら一瞬で終わった。
ブレイブといい望一郎といいあれだけ引っ張ってこんだけかい。
残像だって使い古されてるけどまあ有効だよな。いや、最終戦でこれかいって気にはなるけど。

魔王は神が作った。
ああやっぱりそうなのか。まあ人類を滅ぼすまで行っちゃうとは思わなかったけど。
神は何が作ったのだろう。人間? ちょうど神様のパラドックス読んだとこだから凄く気になる。
システムっていうくらいだから、大昔に人間が作ったのかなあ。

神との対決。
えーと、ピーターハウゼンってドラゴンじゃなくて生体戦闘機だったの? そのくらいの情報出しといてくれてもいいんじゃないかな!
ああいや、背中に玉座がある時点で自然の生物じゃないと気づけってことか。わかるか!
巫女軍団との戦いは作画のテンションも話のテンションも高くて盛り上がった。
この場面でいきなり戸惑った阿久斗はどうかと思ったけど、まあ作中で突っ込むくらいだしいいか。
ピーターハウゼンの牙は何か意味があるのかなあと思ったら特になかった。
まあ原作だと何か意味があるのかもしれないけど。
阿久斗のさらに重い運命ってなんなんだろう。最後にまた魔王と予言されたことだろうか。
これだけ綺麗に収まって、続きがあるとは思いたくないんだけど。

戦い終わって。
記憶の書き換えか。自同律は世界を作り替えられるとかいってたっけな。まあ契約すればとか言ってた気もするけど。
日常に戻ったのは微笑ましくて良かった。これでどう続けるつもりなんだろうか。
オチとして流されてたけど、神がいなくなったのに魔王になるってどういう事だ? まだ別の神がいるってこと? 神とか関係なく、阿久斗は革命家とかそういう意味での魔王になるってこと?
まあ伏線ぽくなってるわけでもないから気にしすぎてもいけないのだろうけど。

ここ数話はどうなるのか不安だったけど、最後綺麗にまとまってて驚いた。
思わせぶりだった髪飾りの謎、会長の言ってたみちえという存在、CIMON8人形遣いに政府の思惑等々回収しきれてない伏線や設定も多々あるけど、基本的な物語の筋が最終回で異様なまでに一本になっていて感心する。
最初のドタバタギャグからの転換で苦しんだのか、シリアスになってからは設定説明が必要最低限を下回る感じのが続いていてもやもやしていたのだけど、一気に最終回で取り返したなあ。
最終回までの流れを見越してのあの説明だったんだろうなと感服した。
当初のわけの分からなかった会話が理解できるようになるとは。びっくり。構成が素晴らしい。
後は1対1のバトルをもっとしっかり見たかった気もする。
全体を通してよく楽しめたし、最終回で全てすっきりしたので良かった。
いやあいい作品だった。
まあそれはそうと髪飾りはなんだったのか。自同律の象徴とかそんな感じかな?

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/311-9cd278d6
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。