ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド第3話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/26(火)
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド第3話

タイトル「ティーン ウルフ」
*ミナが高校へ転校。
ふと思ったけど、今期は学園物が多い気がする。毎回こんなもんだっけ。
吸血鬼を怖いと思うより先にアキラへの嫉妬がくる生徒たちはたくましいな。

そんな中、唯一まともな反応をした生徒会長が理事長へ抗議をしに行く。
周りも割とどうでも良さそうな感じなのが哀愁を感じた。
創立以来一度も来なかった理事長は、実はミナだった。
ヴァンパイアバンド設立の暁には吸血鬼をここへ通わせるらしい。
特区に学校作った方が勝手がいいんじゃないかとか、ヴァンパイアって長生きなんだから、あんまり子供生まれないんじゃないかとか思うけどその辺りどうなんだろう。
偏光ガラスで作ってるって言っても一歩外にでれば太陽の光を浴びるわけだし。

ミナと生徒会の間で、アキラを捕まえればミナの転入はなしという話に。
一方ミナは政府のお偉いさんと特区設立の交渉に。
学校の中でのおにごっこいう狭い範囲の話と、特区設立という大きい話が同時に進行してくのは面白かった。
ヴァンパイア企業の業績が随分良かったけど、どうやって入り込んでったんだろう。
アキラの方では新しくヴァンパイア登場。
アキラ本人の運動の能力も人間離れしてる模様。
運動の能力は自覚して使わないとああならないんだろうか。
ワーウルフだったこと思い出したからって、それが理由で運動神経上がるのもどうかと思うし。
ヴァンパイアのほうとは昔知り合いだった様子。
メイリンとか、なんか中国の定番って感じの名前だなあ。

冒頭と最後のミナが見た目相応の反応をしてるのが可愛かった。
アキラの前とその他の場面とのギャップが激しい。
生徒会長は最後何かに襲われてたけど、あれがミナの言ってた手なんだろうか。
あんまり直接的すぎるし、ミスリード狙ってるような気がする。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/32-8e94c7c5
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。