真・恋姫†無双~乙女大乱~第12話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/06/27(日)
真・恋姫†無双~乙女大乱~第12話

タイトル「群雄、于吉を討たんとするのこと」

最終回
*麗羽様が格好良かったのでそれだけで結構満足。
斗詩と猪々子が可愛かったのでかなり満足。
いい最終回だった。いや、袁家好きとかそういうことは置いといても。
ただ感想は書きづらいな。人数多いだけあって視点が飛ぶ飛ぶ。まあスタイルの問題があるんだけどさ。

剣に力を。
華佗の説明口調には笑った。
いやそれはそれとして、王道RPG的な展開はいいな。
張三姉妹はなんで出てんのかなあと思ったら、まさかあんな役目があるとは。
でもとりあえず麗羽様にもっとしゃべらせるべきだと思うな。蚊帳の外に置かれて黙ってる性格ではないだろう。

十面邁進の計。
いやいや、本陣があんな突出するわけ無いだろう。普通に周りの部隊を片付けないか?
まあ軍事に明るくないから断定はできないけどさあ。にしてもあそこまでは行かないと思うなー。
連携とか出来なくなるし、なにより洛陽落とせば勝ちってわけじゃないんだから、敵兵の殲滅が先だろう。
ああいや、それだからこそ中軍を追うのか? 右軍も左軍も負けはないし。
んー、まあ劉備の宝剣がバレてなきゃそれもありかなあ。バレててあれはやっぱり迂闊すぎるよな。
しかしそれはそれとして、作戦図から張飛の発言まで何から何まで酷いな。流石エロゲ原作。
顔を赤くしてる斗詩と猪々子、それとポカーンとしてる麗羽様がとても可愛かった。

華蝶仮面登場。
最後までいいところ持ってくなあ。
仮面でなにをするのかは本気でわからなかった。我ながら酷いなあ。
にしても張良もよくやるわ。

三国志オールスター。
いやもうこれはテンション上がる。上がらざるをえない。
この面子は反則だよなあ。勝てる気がしないもん。
あらゆる時代から優秀なのもそうでないのも寄せ集めて。垂涎ものだ。
これだけで見てきてよかったと思える。

于吉と張譲。
張譲もよく頑張ったよなあ。あんなところに忍びこむとか冷静過ぎる。
ああていうか待て、伏兵のことも伝えておけよ。まあでもそんな義理はないか。
絶対毒だと思ってたのに、ちゃんと解毒剤を渡してて驚いた。
そして于吉はもうちょっと情報を有効活用するべきだと思うな。

それぞれの激励。
麗羽様ー! うん、満足。公孫瓚はいつも通り。
孫策が引退って早いな。実際まだ孫堅がいるレベルなのに。
いやあしかしテンションが際限なく上がるな。黒騎兵とかもう反則レベル。

戦闘開始。
どうでもいいけど、ほんと一般兵がいねえな。
いやそんなもの要求するのは酷とは分かるけど。
一般兵相手には大きい武器の方が有利だな。これがタイマンになると逆転するんだから不思議。

皮むき開始。
進軍停止とか言ってねえでてめえは下がれよ。
まあそんなことはともかく、それぞれの武将が口上と共に現れるのは燃える。素晴らしい。
個人的には馬超の台詞が好き。声に張りがないのがあれだけど。
それと諸葛亮の声には違和感があった。凛々しすぎるというか。いつもはわわな感じだったからなあ。

于吉討伐。
正直驚いた。全く気づかなかったよ。暗くて色が見分けづらかった。
そして麗羽様の援軍。麗羽様ー!
ほっとかれてる公孫瓚と、見つめ合ってる斗詩と猪々子が印象的だった。
それとまあ突っ込むのも無粋だけど、援軍どこにいるんだよ。
劉備のはほんとびっくり。剣を投げてさらにびっくり。
華佗の勇者王っぷりは素晴らしい。女キャラがほとんどのところでも負けてない。

戦いの終わり。
いろんなキャラの絡みが見れて良かった。
張譲がさり気なくいたけど、これからどうするのだろうか。
EDに合わせて、リアル等身で踊ったのは結構衝撃だった。不意を衝かれたというか。
まあとりあえずいい終わり方だった。
華佗のクールをまたいだ伏線回収には笑った。いい奴だなーほんと。こんなどさくさに紛れるという絶好のタイミングで渡すとは。
次があるとしたら曹操の侍医として登場するのだろうか。いや、続きあったらビビるけど。
全員集合な終わり方、久しく見ないので逆に珍しい。
なんかこういう原点回帰な作品が増えたような気がするなあ。
単に感想書くようになったからそう思うだけだろうか。

全体を通して、基本的に女キャラがキャッキャウフフしてるだけの作品なんだけど、三国志の細かいネタなどが豊富に含まれてて楽しかった。
何気に戦闘描写がほぼ毎回含まれていて、どれにも中々力が入っていてそれも楽しみだった。
エロゲ原作で3クールというだけでも凄く恵まれている作品で、流石に続きはないと思うけど、あって欲しいなあとか思った。
そのときは袁家の出番が増えると嬉しい。まあ正直動機の半分はこれだけど。
シリアス描写は流石に色々と突っ込みたくなるところがあったけど、三国志オールスターってだけでテンションが上がったので、割とどうでもよくなった。しょうがないよね。

総括。
みんな袁家の魅力をもっと思い知るべきだと思う。以上!

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/321-255dbb10
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。