世紀末オカルト学院第2話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/07/13(火)
世紀末オカルト学院第2話

タイトル「文明の到来」

短めです
*ストーリー
ああ、マヤの予言て2012年のあれか。というか前回やっとけよ。
話は相変わらず高水準。世界観の説明が主なのだけど、決して退屈でなく楽しみながら頭に入ってきた。
ターミネーターな感じがしなくもないけど、今の時代でスプーン曲げしてる子供がなぜクローンを作られるようになったかってのは気になるなあ。
宇宙人が襲って来るってのは笑ったんだけど、ノストラダムスの鍵のせいで次元が曲がって、異世界から襲ってくるなら異世界人じゃないのだろうか。
今までの5人は死んだみたいだけど、ということは平行世界ってことなのかな。1~5もマヤとかには会ってるはずだし。
とりあえず終わりは見えた。今のところほんと面白いので先が楽しみだ。

その他
いやまた男の裸からかよ! いいよもう!
代わりのマヤのシャワーシーンは悪くはないのだけど。
どちらかというとバスタオル巻いただけで動いてるってのが良かった。
しかしマヤは表情豊かだよなあ。真面目な割に感情が表に出まくってるから好感持てる。
今のところ細かいギャグとかも本筋も面白くて、多分今期で一番好きなんだけど、アニメノチカラに求めてるのはこういうのとは違ったよなあという気も少し。
いや面白いからいいのだけども。
予告の歌はBe Together。正直知らん。

10.7/15追記:
そういえばどこぞでアニメノチカラの世界観が繋がってるとかいうのを見た。こんなの。
 1930年 超能力者を軍事利用する組織の話 (閃光のナイトレイド)
 ↓
 1999年 超能力、オカルト絡みで世界の滅亡を阻止する話 (世紀末オカルト学院)
 ↓↑
 2012年 世界滅亡の危機を回避するために1999年にタイムエージェントを送る (世紀末オカルト学院)
 ↓
 2300年 旧世界の文明が崩壊した後の話 (ソ・ラ・ノ・ヲ・ト)

割とあり得るんじゃないかなあと思うくらいよく出来てるなと思った。
ソラヲトが滅亡した世界とすると、次は滅亡しなかった世界が舞台か。
まあないだろうけど、そうだとしたらオリジナルの別々の作品をこういう風に繋げて考えてるのは凄いな。

a人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/354-166f69d8
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。