黒執事Ⅱ第6話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/09(月)
黒執事Ⅱ第6話

タイトル「夜露執事」

短めです
*ストーリー
悪魔と悪魔が手を組む話。
ハンナのアルモニカはさっさと壊せばいいじゃないかとか、ワイングラスで演奏してる姿が滅茶苦茶シュールだったとか、蹴り上げた水が竜巻にとか、色々と突っ込みたいところや笑ったところが満載だったんだけど、それらが全て吹っ飛ぶほどの衝撃だった。
ど、どうするんだこれ? 作品的に人間が悪魔に勝つのはありえないし、かといってそのまま思い通りに進んだらそれはそれでどうしようもないし。
しかしセバスチャンは正しく悪魔だな。平気で主人を騙すとは。
主人公とライバルの側近同士のマッチポンプって斬新だなあ。これからの対立や対決は全て仕組まれたものになるんだぜ。どう盛り上げるつもりかワクワクする。
先は凄く楽しみになったんだけど、同時に不安感もある。
今後シエルとアロイスが対決したとしても、必ずマッチポンプというか茶番感が出てくるわけだで、それをどう乗り越えてくれるのだろうか。
悪魔が最強っていう感じの作品で、悪魔が本気を出して人間を操ってきたのにどう対抗するのだろう。
そもそもそういう認識すら持っていない彼らが。
なんだかんだ言ってこの作品ならまとめてくれるだろうとは思っているので、不安もあるけど楽しみにしている。

その他
上にも書いたけど、ワイングラスがあまりにシュールで面白かった。
なんかあの姿や格好で横に移動しているのがおかしくておかしくて。
ギャグセンスも一流だよなあと強く思う。
それと今後シエルがどう対抗していくかの予想。
まず記憶を取り戻したらその時点で復讐を達成した魂になるわけで、そうすると魂をセバスチャンに取られるのでアウト。
同様に取り戻さずにアロイスに対して復讐を成し遂げた場合もアウト。
結局復讐をしたわけでは全くないのに、復讐を達成した魂になってセバスチャンに魂を取られるわけで。
そうすると、記憶を取り戻さないままにアロイスに対する復讐心をなくすことが必要になる。うわ厳しいな。
そもそも魂を取られてもいいから復讐をしたいってんでセバスチャンと契約してるんだから。
まあそう考えると記憶を取り戻しただけでもいいのかもしれない。本来の相手に復讐をしたのを知ることが出来るわけだし。
ただまあわざわざ2期をやったんだからそれはないのだろうと期待している。
実際3番目になったとして何が出来るんだろうな。その後で記憶を取り戻しても、どちらにせよ復讐心はなくなってるわけだから魂は奪われないとして、セバスチャンはどうなるのだろう。
人間が勝てるわけないし、それでもシエルが死ぬのを待って魂取るのだろうか。
色々と妄想は広がるけど、とりあえず先を楽しみにしよう。

リストカットで契約するのに凄く納得してしまったのに自己嫌悪。
偏見に満ちてるのは分かっているのだけどなあ。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/397-b1bc6783
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。