おまもりひまり第4話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/30(土)
おまもりひまり第4話

タイトル「野井原の白いネコ」
*妖怪をスパイスにしたハーレムものだと思ってたら、妖怪大戦争が起こっていた。
というかほんとかなり詰め込んでるはずなのに全くそう感じないな。
テンプレ通りだからか、脚本が上手いのか。

優人は周りが自分のことを好きだって気づいてるんだろうか。
周りの言動とか優人の反応とか見る限り気付いてるとしか思えないけど。
気付いてるんだとしたら珍しいなあ。
ハーレムものって基本主人公が鈍感じゃないと成立しないか、もしくは主人公の性格が酷いかのどちらかになると思うから、あまり需要のあるものでもないと思うんだけど。

前回のリズリットが惚れたという話を早々に済ませ、鬼切り役の役目が~というかなり強引な手で実家に帰還。
正直鬼斬り役の役目と言われても何をするのかさっぱり分からないので、何がダメなのかも分からないのだけど。
優人って記憶喪失だっていう設定でもあったっけ。
猫の姿しか見たこと無いならともかく、人の姿も見たことあるなら憶えてないのはどうかと思う。
あと、この作品の妖怪って寿命長かったりはしないのね。
緋鞠と優人は同年代くらいか。

水辺で抱き合ってるところに妖怪が襲ってくる。
まあ全裸で抱き合ってるところ見たら驚くよな。
意外と苦戦する野井原の秘剣。対して楽勝な静水久。
ダイダラボッチが強いのだろうけど、鬼斬り役が本当に凄いのか考えさせられる。
結局緋鞠を優人が庇い、緋鞠はその怒りで覚醒。
そんな緋鞠を止めようと優人も覚醒。
前回までの印象からガラッと変わって普通の戦闘ものになってるので戸惑った。
覚醒したのを精神的な面で止めるんじゃなく、力尽くで抑えこむってのは面白い。
ただ、緋鞠はともかく、優人にいきなり覚醒されると何が何だか訳がわからない。
鬼斬り役の秘めた力が! みたいなそんな感じだろうけど、これで日常に帰ってこれるのだろうか。
バトル物でも無いのにインフレが心配になる。
次に刺客が来るとしたら相当強くしないといけないんじゃないだろうか。

1話のバトルの、カットインみたいな演出は結構好きだったんだけど、あの場限りだったようで残念。
まあ挑戦はこの作品に似合わないだろうから、普通の演出でいいんだろうけど。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/40-5e64c33f
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
すっかり妖ハーレムな優人(^^; 緋鞠の発案で、野井原に封印された優人の記憶を求め帰郷することに。 実家にはミニスカ座敷童子のカヤ...
2010/01/30(土) | SERA@らくblog 3.0
20分過ぎあたりから別のアニメみたいでしたね。 出てくる新キャラがみんなおにゃのこ。 アヤカシだけど EDに出てる最後のアヤカシ娘登場課と思いきや、 刺客と相まみえる展開に。 優人の田舎へれっつらごー。 2人きりで行きたかった緋鞠ちゃんですがそうは問屋が?...
2010/01/31(日) | のらりんクロッキー

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。