世紀末オカルト学院第6話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/10(火)
世紀末オカルト学院第6話

タイトル「文明の道程」

短めです
*ストーリー
こずえが自分を取り戻して、文明とマヤが和解する話。
別に乗っ取られたとかじゃなく、ただ単に置き忘れただけだったのか。
2人の治そうとする姿、不器用ながらそれを助けようとする文明、失ってしまったものが何か分からず、それでも泣いてしまうこずえとそれぞれのキャラクターが一様に魅力的で素晴らしかった。
JKの万能さとか、スマイル何もやってねーじゃんとかそういう突っ込みどころも笑えた。
文明の過去は思ったより暗かった。母親との食卓が幸せそうだったから、ノストラダムスの後に母親がいなくなってあんなヘタレになったのかと思ったら違うのか。
美風に惚れたのは母親の優しい面を彼女に見出したからか。なるほど納得。
宇宙人の戦車っぽいのがソ・ラ・ノ・ヲ・トっぽかったからいよいよ繋がってるのかと思ったけど、よく考えたらその場合戦車は多脚型じゃなきゃおかしいか。
オチが絶妙に酷くて笑った。眼鏡が見当たらなくて死後の世界の様子が見れなかったってそのままかい。
大事なモノは近くにあるって絶対違う。
しかしこれは、身近なものがノストラダムスの鍵だっていう伏線かな?
ともかく今週はホント素晴らしかったので来週にも期待。

その他
作画が素晴らしかった。
普段からもちろんいいほうなんだけど、今週は群を抜いていた。
その分ちょっと顔違くね? とか思うこともあったけど、とりあえず最後のマヤの笑顔は卑怯だよね。
普通に綺麗だなーと思えるのは珍しいと思う。特に黒髪ロングとかロリキャラに多いし。
よく動いてもいたし本当に楽しかった。生徒会役員共の最初アイドルのところと同じくらいだろうか。
マヤのスク水姿は色気がなくて逆に驚いた。それはそれで凄いことではないだろうか。
眼鏡オチとか、いい感じで和解したのにすぐ怒られるところとかはこの作品らしくていいなと思った。
ED曲は高垣彩陽のHot Limitで、聞いた覚えはあるけどタイトルは知らなかった。
ただ高垣彩陽に歌わせたのは正解だろうなと聞いていて思った。多分女性縛りだろうし。
来週は題名が酷かったけど、予告見る限りはまた力入ってそうで楽しみだ。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/401-ade12e32
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。