屍鬼第6話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/13(金)
屍鬼第6話

タイトル「第髏苦話」

短めです
*ストーリー
いつの間にか正雄が死んで、起き上がりの存在に近づく話。
最初の巻き戻す演出が面白かった。
嫌なやつではあるけど悪い奴ではないのにああいう扱いは酷いと思うけど、まあしょうがないとも思う。
輸血が効果的、2つ並んだ虫刺されの跡、変なことを聞いてきた少年とこういう断片的な状況から結論にたどり着くさまはゾクッとして大好き。
何の関係もない2人が、同じことを違う方面からたどり着くというかなんというか。
最後は狙われる2人の子供。敵討ちなるか。まあ無理だけど。

その他
回を重ねるごとにホラーものとしてこなれてきてるな。
まさに夏にやるべきアニメだとは思うんだけど、暑さのピークにこなかったのが残念。
まあそんな外野の事情はともかく、どんどんと面白くなっていくのがこの手の話の醍醐味だと思うので、今後も期待しよう。
……おおかみかくしを思い出した。あれは酷かった。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/405-571a4a6a
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。