黒執事Ⅱ第7話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/16(月)
黒執事Ⅱ第7話

タイトル「殺執事」

短めです
*ストーリー
セバスチャンとクロードが戦う話。
ハンナのガトリングとか三つ子のだんご三兄弟とか、なぜか当たって繕いながら戦ってるセバスチャンとか色々笑えた。
よく分からない魔剣が体の中に入ってるってことは、ハンナも人間じゃないのか。
しかしこの戦いって要するに茶番なんだよなあと見るとどうにも。
セバスチャンが追い詰められたのは意外だったけども。
しかし悪魔たちは復讐を遂げさせたいのかなんなのか分からん。
止めなければそのまま復讐が果たされてそれでいいと思うんだけどなあ。
目的をちょっと勘違いしたのだろうか。混乱してきた。

その他
バトルシーンは笑えたけど、それはそれとして素晴らしかった。力入ってるよなあ。
三つ子に命令するときに、わけの分からないオサレな台詞を使ってるのはそれらしいと思った。
アロイスの捨てられそうな感じにドキドキする。
捨てられて女に走ってというのは王道だな。いや男に捨てられるとか斬新だけど。
来週はアロイスの過去が明らかになるっぽいけど、最初はともかく多分ほとんど自業自得だよな。
それのためにシエルと話せないわけで、誤解を解くことも出来ないという。
クロードもシエルを狙い始めてるし、アロイスはどうするんだろうな。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/407-4c6bd2cb
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。