けいおん!!第20話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/19(木)
けいおん!!第20話

タイトル「またまた学園祭!」

ほぼtwitterの転載です。
*ライブ話。
色々言いたいけど疲れたのでツイッターで言ったの全部貼っとくことにします。
多分大体言いたいのはこれで終わってるので。

一応まともにライブやってんのにイラッとするのはもう根本が合わねえんだな。
枝葉末節は好みに関わらず面白いというのは分かってるのだけど。

途中の飛ばしてMCだのクラスメイトだの重視するのは徹底的に合わない、つーか慣れない。完全に根本的な問題だよなー。

うん、まあ想像はしてたけど全く感情移入出来ねえな。苦労も練習も一切見せられてないのにどう共感しろと。
そこまで想像出来る余地があったわけでもねえし。

別に卒業、というか部活の仲間と分かれるのが寂しくて泣くのはわかるが、来年ライブをどうこしたかったとか言われるとまた話は別だよなあ。今年やれと。
いやまあその前の辺りから、一緒にいるための単なる言葉のアヤでしかないってんだろうけど。 

周りを見せる描写は割と好きなんだけど、今回はむしろ嫌悪感が先立った。
多分周りの人に感謝すること、クラスメイトが盛り上がることが、部活でやってることと関連してねえからだろう。
ほとんど飲み食いしてるだけじゃんという冷めた目が。周りに感謝する、祝福される段階にないだろと。

でーまあ根本的に認識がずれてるってことは理解してるんだよな。だから嫌になるという。
あのステージは祝福されたわけでも何でもなく単なるノリで成り立っていて、軽音部としては別にそんな練習して上手く弾けなくても単に盛り上がってくれれば成功という認識をしていたという。

泣いたのも別にバンドがどうとかじゃなく、一つの区切りが終わって別れが身近になったからだから、まあずれたところで批判してるんだろうなとは思ってる。
泣けるかどうか、感動するかどうかは要するにキャラが好きかどうかだろう。 

ただだからこそ、個人的にはもうちょっと、なんだろう。真面目さというか必死さというか、そういうのが必要なんじゃないのと思うんだよな。
泣くのならそれなりにその区切りに対する個々の思いをもう少し見せておけというか、ノリだけで済ますんじゃないというか。


(梓に対する今までの描写だったり、最後一人輪の外にいた描写だったりから、3年生の4人との違いが鮮明で、一体感が白々しく見えるというツイートに対して)
これについてはわざとじゃないかなと思ったり。3年生と2年生の違いを露骨に強調して、梓を一人で立たせるために。
一体感はここで終わりですよというか、今後は別々ですよというか。ともあれ一人泣いてなかったことからもそういう意図じゃないだろうか。
まあ梓の成長物語と取るか、梓が残されていくと見るかの違いだろうけど。実際成長しようがどうしようが軽音部はほぼ確実に廃部になるし、梓は一人残されるわけで。
じゃあその後彼女が何をするかっていうと、それは一切見せられてないんだよなあ。妥当なとこだとジャズ研だろうが。


なんか否定的な意見は音楽を真面目にやってないとか商業主義的過ぎるとか、そういう面に一貫してるってのをどっかで見たけど、個人的には前者はともかく後者はどうでもいいし、前者だけで済まされても困る。
批判の理由としては基本的にABと同じなんだよな。過程を描かずに結果だけ見せるという。
練習する描写が全くないどころか演劇に割いててその時間もないだろうに、ちゃんと練習やったしとかそれで済まされても。
結局はどこに重点を置いてるかっていう根本的な違いがあるわけで、今回真面目にやったからどうとかって話ではないんだよな。
日常回は単に唯が一種教祖的存在になってるのが単純に嫌だ。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/413-754173b3
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。