けいおん!!第21話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/27(金)
けいおん!!第21話

タイトル「卒業アルバム!」
*ストーリー
卒業アルバムの写真を撮る話。
律の髪を下ろした姿が見られたので視聴目的の9割は果たした。
和のさりげない鬼畜さには笑ったんだけどああいうキャラだったっけ?
当然のようにクリップ渡したりそういう犬いるわよねとかいったり。
ほわほわしたアニメだけにたいしたことないのでも、余計に毒が強く見える。
絶対やるなと思ってたらほんとにぱっつんになった。
前髪って大事なんだというのを改めて思わされる。完全にモブだ。
梓で色々と気になることもあったけどそれは後述。
とりあえず卒業が迫って進路を決めたというのが大きいのだろう。
えーと、あれだけ唯に色々経験させたり、高校生活を振り返させたり軽音部のことを思わたりしておいて、皆同じ大学行きます! とかギャグにしか思えんのだけども。
澪はその決断がどうとかじゃなく、自分で色々と考えて推薦入学すると決めたものを、あの場の冗談みたいので変えるのはちょっとどうかなと。
澪がどう考えて、推薦入学するより皆と同じ大学に入るのが重要と考えたか、という過程を見せないに足る理由があるかといえばないと思う。
なんかけいおんって、キャラの気持ちを置き去りにして話が進んでいく気がするんだよな。
話のためにキャラがいるみたいな。
受験は来週結果出るのかは分からないけど、とりあえず展開の速さに驚いた。

その他
というわけで輪に入れなかった梓について。
どうしても梓を外していくのだなという感想にいたく共感した。
今まで散々梓と3年生の間に壁があるとか梓が独り立ち出来てないとか言ったけど、今回も残念なくらい梓が絡んでこなかった。
いやまあテーマ的に当然といえばそうなんだけど。
えーと3年生の話は3年生の中で解決してしまうんだよね。梓は3年生が絡まないと解決できないのに。
その辺り確かに3年生に起因する問題なわけだけど、それをいずれは梓一人で解決する必要があると思うわけで、なんで今までそういうのがないのかなと。
上でキャラの気持ちを無視して話が進むと書いたけど、梓の気持ちがどこにも介在してないと感じるのです。
前回一緒になって泣けなかったのもそうだし、今回部室に行ったらもうすでに3年生がいたのもそうだし。
結局彼女が自分の気持ちを吐き出す機会はまだ訪れていないわけで、それがどうしても消化不良になる。
まあ仮に梓がここまでに何かしら自分の中で芯になるような決めたことがあるなら、外されたとかいう感じで感情移入はしなかったろうなと。
ツイッターでの(受容する側である)彼女の立場を物語が考慮する必要はないのだろうけど愉快ではない、という意見に凄く共感した。
話を円滑にすすめるためにはそうだとしても、やっぱりキャラへの思いやりが足りないよなあ。

ところで梓の話は今までたくさんあって、個人的にはそれは梓が独り立ちするまでの仮定を描いてるのかなと捉えていた。
それで先週3年生と2年生という越えられない壁を作ったことで、一応決着してみせたのかと思ったところでこれだったからさんざんくだ巻いてるわけだけど。
ただツイッターでリプライ下さった方は、梓と3年生とが同じ場所には立てないということをいたずらに暴き立てるものだったということをおっしゃっていた。
とても拝聴に値する意見で、確かに梓が何の解答も得られていない以上独り立ちと単に捉えることが正しいのかというとそうは言い切れないなとはっとさせられた。
まあそんなすぐに自分の考えを翻す気はないけれど、そういう考えもあるのかと感心させられた。
僕の場合はいつまで独り立ちさせず依存させてるのかという、京アニの冷たさに対する不満ですが、こちらの方の場合はその無神経さに対する不満なわけです。
まあだからどうしたという感じですが、見方、不満にも色々あるのだということで。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/425-9812ff04
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。