今期(6月終了アニメ)を評価してみないかい?9 その1

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/31(火)
今期(6月終了アニメ)を評価してみないかい?9 その1

この記事は「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人ピッコロさん立案の企画です。
そのため当ブログ記事の「2010年春季アニメ総評」とはまた別ですのでご注意下さい。

<評価項目について>
ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。

キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。

画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。

演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。

音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。

総合的な評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い
*聖痕のクェイサー

ストーリー 3
王道王道また王道……を、全ておっぱいに絡めてしまった問題作。
キャッチー過ぎるけれど、しかし本質的には一切曲がらず真っ直ぐ通してくれたので好感が持てる。
これほど一直線な作品もそうそうない。
中ボス、ラスボスという構成が凄く懐かしく、倒せた理由も気持ちの強さという徹底ぶり。
こういうのばっかりだと飽きるけど、たまにはやっぱりこういう主人公が強大な敵に立ち向かっていって、それを気持ちで乗り越えるのも見たくなる。
ハーレムものにならずにヒロインが1人しっかりと決まっていて、主人公とヒロイン一対一の関係になってるのも嬉しい。最近はハーレムものが多いからなあ。
ハーレムものか男がいないかヒロインが空気かという3択なのは結構辛いものがあるので、一種清涼剤みたいな感じにもなっていた。
こういう厨二病で王道な作品が、毎クール1つくらいあると嬉しいなあ。
正直色々と突っ込みたいところはあるけど、そんなものを気にさせない勢いで2クールの間楽しませてもらった。

キャラクター性 3
味方側の主要メンバーはどれも個性豊か、あるいはテンプレを高いレベルで表現していて、誰に対しても好感が持てた。
ただ敵側がなあ。いや単純な悪役としてはよく出来てるとは思うけど、流石にスーパー戦隊レベルでやられても。
鳳とかはまだいいにしても、アデプトなんてヨシュア以外ほとんどぽっと出もいいところじゃないか。
黄金もちょっとどうかなと思える最後だったし。
味方はサーシャもまふゆも燈もカーチャも華も美優梨もテレサも皆いいんだけど、他は残念だった。

画 2
まあいうまでもなく悪いよね。
規制されてる部分はもしかしたらいいのかもしれないけど、少なくとも地上波版ではどうしようもない。
何が酷いって、鳳戦とか明らかに山場であろう回に、1,2を争うほど悪い作画の回が来るのは印象悪かった。
その分ギャグ回ではそれなりに見れたから、リソースの配分がおかしいんだろうけど。
ただ最終回は求めていたレベル以上のものだったので、最後にあれが来てくれたのは嬉しい。
まあでもバトル物でバトルの作画が悪いってのは致命的だよなあ。

演出 4
おっぱいをどう見せるかというこだわりはとにかく素晴らしい。規制されててもそれくらいは分かる。
なんでもディレクターズカット版では、それぞれのキャラクターのおっぱいにものすごい情熱が込められているらしい。
馬鹿としか言いようがないが、しかし尊敬せざるを得ない。
後は最終回の一つ前がまさに天才としか言いようがなく、スタイリッシュ授乳アクションとか見たときは腹抱えて笑った。
最終回の主人公の顔のアップで終わるところ、映画館みたいに今までを振り返るのは懐かしさを感じて良かった。
盛り上がりに関しては言うまでもなく素晴らしい。燃える燃える。同時に笑えるのはどうにかして欲しくはあるが。
後は規制がいかんともしがたい。規制でバトルがわけ分からなくなるのは本末転倒もいいところな気がする。
最初の方に比べればマシになってきてはいたけれど。

音楽 4
厨二系バトルアニメに相応しいOP、オサレなED。
主題歌に関しては何一つ文句のつけようはなく、BGMも盛り上げるのに相応しかった。
色々馬鹿やってるけどこれに関しては真っ当に素晴らしかった。

総合的な評価 4
人にすすめるのは中々厳しいものがあるけど、王道で燃えたければ是非。
NEEDLESSとか好きなら合っているのではないだろうか。少なくとも自分はどっちも大好きだ。
後はまあ豊崎愛生の意外な演技が聞きたいなら絶対見るべきだと思う。
グレゴリィの声は本気で誰だと思ったし、今でも豊崎愛生だとは信じられない。
まさに衝撃だった。というか信じないぞ俺は。
リアルでは絶対勧められませんが、ネット上ならいくらでも勧めます。
見ろ。そして震えろ。規制は気にするな。そのうち慣れるし緩くなる。

総合点 20


おおきく振りかぶって~夏の大会編~

ストーリー 4
何かいう必要あるのだろうかというくらい、本筋に関しては何一つ文句のつけようがない。
阿部と三橋の関係の積み重ねと、最後の試合でそれが爆発。そしてそこからの再構築。
何を言う必要もなくただ見れば理解できるというのも素晴らしい。
ただまあやってることが原作そのままなので5にはしませんが。
後はまあ他校の描写が多いかなと。もちろんその細やかさが傑作たらしめてる要因の一つではあるのだろうけど、かといって本筋が中々進まないのはもどかしい。

キャラクター性 4
これはまあ尺的にしょうがない、というかここもしっかりやってたらいつまでも終わらなくなる。
そんな感じで、阿部、三橋、花井、田島の3人に焦点が絞られていて、他の面々の出番があまりなかったのでこんな感じで。
いやまあ泉とかたった一言二言でキャラ立ちはしていたし、魅力は十分感じたけど。
とにかくどのキャラクターもそれぞれ悩んで進んでいく姿が凄く丁寧で、そして超然とした田島と魅力が十分に発揮されていた。

画 5
野球描写を守備、バッティングなどあれだけ高いレベルでにこなされて何の文句を言えというのか。
とにかく試合の臨場感がグイグイと伝わってきた。完璧。以上。

演出 5
おお振りを構成するもっとも重要な要素の一つとして間が挙げられるんだけど、アニメでそれを完璧に表現してくれていた。
カメラワークなんかも野球中継より自由な視点で見せてくれていて、色々な角度から試合を楽しませてくれた。
盛り上げかたも素晴らしい。BGMのあの雰囲気が野球と妙にマッチしていて見てて熱くなった。

音楽 5
BGMの素晴らしさは先に述べたとおり。場面場面に非常に合っていて、盛り上がる場面でのBGMが一番印象に残るのも高評価。
後はまあブラスバンドが当然といえば当然だが高校野球の雰囲気を感じさせてくれた。
OPEDも夏らしくて良かった。

総合的な評価 5
1期が面白かったので期待していたのだけど、その期待にしっかりと答えてくれた。
話自体は原作をそのままやっているので当然面白いし、それを表現する演出、音楽、作画なども一級品だった。
野球アニメの一つの到達点だと思うな。それくらい楽しめた。

総合点 28


真・恋姫†無双~乙女大乱~

ストーリー 2
あってないようなものなので。
ただまあ個々に見ていけば陳腐とはいえそれなりによくまとまってるし、最終決戦に至る流れは三国志だからとはいえ中々良かった。
でも于吉がいくらなんでもあれはちょっとという程間抜けでどうにも。入れ替わりは素直に驚いたけど。
後はエロゲ原作ならではという色々とひどいネタが。
シリアス面は基本陳腐なので、そっちは期待すると痛い目に合う。

キャラクター性 4
麗羽様と猪々子と斗詩がいるので。
まあ1割冗談だけど、それは置いといてもそれぞれのキャラの魅力は十分発揮されているのではないだろうか。
もちろん人数に比べて話数が絶対的に少ないので、色々と不満はあるわけなのだが、掘り下げる必要のない薄さがこの場合はプラスに働いてるかなと。
ほのぼのとキャッキャウフフしてるのが見られればそれでいいのです。

画 3
ときどき崩れるけど、まあそんな気になるほどではないので。
SDキャラは節約だろうけど可愛いのでよし。
ただほぼ毎回あるバトルは常にそれなり以上の水準を保ってくれていたので楽しみだった。
やっぱり武将が戦ってる姿は華だよね。

演出 3
特に印象に残るものはなかったけど、かといって悪いわけではない。
まあバトルとかが割としっかりしていたのは良かったのではないだろうか。
最終戦の入れ替わりは意外性があって結構良かった。
全体的には可もなく不可もなくといったところか。

音楽 3
袁術張勲郭嘉のアイドルグループの歌は結構好き。張三姉妹の歌ももちろん。
OP、EDも作品の両極端な雰囲気をよく表していると思う。
BGMはまあそこそこ。悪いわけじゃないけど、そもそもシリアスシーンがどこか抜けてるのであまり盛り上がれないという。
ほのぼのとした感じのは割といいと思う。まあでも普通だなあ。

総合的な評価 3
女の姿をした三国志の武将がキャッキャウフフしているという時点で好みは決まるのではないだろうか。
とりあえずキャラが好きになれるかどうかが全てで、これだけいれば1人くらいは好きになれるキャラクターもいるでしょう。
そういう意味では設定に拒否感がない人なら誰でも進められるけど、反面1人1人が凄く浅くなってしまうのは微妙なところか。
それでもまあメイン勢が好きになればまだましだけど、マイナーどころを好きになってしまうと中々辛いところもある。
要するに麗羽様とか猪々子とか斗詩とか。簡単にいうと三国以外。
まあ個人的にはあれでも不満はあれ楽しめるけど、そうじゃなきゃきついかもしれない。

総合点 18


デュラララ!!

ストーリー 4
ばらまかれた伏線が一気に回収されていくさまは素晴らしかった。
本当に各エピソードの最後のシーンのカタルシスはものすごく、ほぼ全てのシーンに意味があるのは流石だった。
ただまあ1クール目はともかく2クール目は重々しくて1クール目にあった勢いが削がれていた印象。
あの停滞していた漢字はまあもちろんわざとやってるんだろうけど、だからと言ってさっさと話し合えよというレベルのものだったしなあ。

キャラクター性 4
誰も彼もが何かしら役目を担っているという群像劇。
大体のキャラクターがしっかりと掘り下げられていて、魅力も感じた。
あんまり物語と深く関係しなさそうなキャラクターも背景を匂わせる感じがあるのはうまいと思った。
臨也はまさに圧巻な演技とキャラクターで、こいつがいるからこその作品だなと思う。
ただまあ帝人にしろ紀田にしろ臨也にしろ好感持てたかどうかは別問題なので。

画 3
まあ悪くはないけどよくもない。
戦闘シーンとかはうまい具合に崩してよく動いてるとは思ったけど、普段がまあ。
それなり以上の水準は保ってると思うけど、まあ特筆すべきものはないんじゃないだろうか。

演出 4
淡々とした演出が多く、あまり派手なものはなかった。
池袋という現実にある場所、デュラハン、怨霊とかいう非現実的なもの。そういうのが淡々と紹介されていくさまは何かグロテスクだなとか思った。
対して人間である静雄の描写が一番非人間的というか派手なのは面白い。
臨也にしろ静雄にしろ、人間が一番怖いという感じなのかな。秀逸だと思う。

音楽 2
OPEDは良かった。まあ2クール目のOPは少しあってないかなと思ったけど。
ただBGMがあんまりあってないかなと。なんというかスタイリッシュに決めすぎてた感じ。
盛り上がるべきところであまり盛り上がれていないように感じた。
まあ2は言い過ぎかもしれないけど他とのギャップが。

総合的な評価 4
ストーリーがしっかりしているというのはそれだけで好印象。
ただ1クール目の疾走感溢れる展開と比べて、2クール目のほうは最後もなんとなく煮え切らない感じになってしまったのが残念。
というかまあ続きがある前提なんだろうから仕方ないんだけど。
とはいえほとんど全ての要素が高い水準で安定していて楽しめた。
女性ファンが沢山ついてるけど、こういう出来のよさも重要な要素だよな。

総合点 21

その2へ
ベスト賞へ

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/430-5febfec6
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。