黒執事Ⅱ第12話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/09/19(日)
黒執事Ⅱ第12話

タイトル「黒執事」
*ストーリー
男を取り合った挙句どちらも選ばれなかった話。
セバスチャンとクロードの戦闘は流石に素晴らしかったけど、あっさり終わったのは残念。
悪魔って基本不死身なのか。再生力が凄過ぎるだけだと思ってた。悪魔の剣ってことは悪魔の鍛冶屋とかいるのかな。
クロードが死ぬところは想像に任せるということなのだろうけど、はっきりして欲しかったかなとも思う。
しかしハンナも強かったのか。契約すればセバスチャンとかクロード程度の強さを持ってるのね。
最後のクロードに寄り添ったのがよく分からない。近くに入れば魂も共鳴しあうものなのだろうか。
あのままどっか沈むとすると、生きたまま沈んでるハンナが一番辛いようにも思う。
アロイスはクロードに認められて消えて行くって終わりが良かった。

シエルはいきなり目が赤くなって何事かと思ったら悪魔化してたのか。腹貫いたのはなにかと思ったよ。
人間の食事の味がわからないということで、空の紅茶を飲んでいるのは人間への執着と諦めが見え隠れした。
クライマックスに使用人たちとかエリザベスが出てきたのは嬉しかった。
最初の方の団結や、セバスチャンが1人で事件を解決したこととかと関連付けてのこれなのだと思う。
つまり1人で生きていくことが人間から悪魔になったシエルの選ぶことが出来た道なのだと。
セバスチャンを連れていったのは自分を騙したことへのささやかな仕返しだろう。一生縛ってはいるけど。
1クールということでなんとなく駆け足になってしまった印象。
確かに楽しめたけど、なんかもったいないというか。
全体的に耽美な雰囲気が強いのだけど、それだけでなくストーリーがしっかりしているのが印象的だった。
欲をいえばアロイスのほうをもうちょっと見たかったけど、まあ1クールだしなあ。
アロイスのほうにそこまで感情移入出来なかったのが残念。
3期があってもおかしくなさそうな終わりだったけど、実際どうなのだろうか。
悪魔になってどうするんだという気もするが。


その他
最終回。今期最初の最終回だけど、なんともコメントに困るな。
いやまあ面白いことは面白いんだけど、ポカーンとしてしまったというか。
別に筋は通ってると思うのだけど、最後のバラの花畑から飛び降りるのはなんなんだ。
短かったとはいえ戦闘シーンがよく出来ていたし、セバスチャンとシエルの距離感もよかった。
悪魔になった後と前で、小野Dの演技の調子が変わった感じだったのも印象的。
もう魂奪えないんだからああなるべきだよな。
……そういえば新しく出てきた死神は必要あったのだろうか。
後はエリザベスのなんとなく変わったことに気付いてる感じが好きだ。
悪魔になったシエルはセバスチャンみたいなことが出来るのかと想像したら笑えた。
まあ正直ラストシーンは否定的な感じだけど、全編通して悪魔と人間の違いが貫かれてるのは良かった。
今回に限ってもシエルはあくまで食事なのだということが、腹を貫いたことからもわかるわけだし。
とするとラストシーンは俗世とはもう関係ないってことなのかな。解釈は色々あるだろうけど、まあそう思っておこう。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/466-4e4e0237
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
黒執事 II 2 【完全生産限定版】 [DVD]クチコミを見る いよいよ最終回!さあ、セバスチャンとクロードはシエルを取り戻すことが出来るのか!? *一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲示板も設置、リ?...
2010/09/22(水) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。