週刊少年ジャンプ2010年第44号感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/04(月)
週刊少年ジャンプ2010年第44号

気になったのだけ
*ONE PIECE
連載再開。とはいえ最初は静かな感じだ。
しかし手配書とか見ればルフィが本物かどうかなんて一目瞭然だと思うのだが。
ナミはショートのが好きです。ロビンは意外とこっちも好き。
マーガレットが好きなのでドキドキしているのが見れてよかった。
ただまあ登場はこれで最後かなあ。出ても九蛇の一員とかそんなレベルだろうし。
とりあえず、次回からの展開を楽しみにしよう。

BLEACH
一護の異変は死神の力を失った代償とかそんな感じだろう。
しかしヤミーは本当になんだったんだ。確かに今更やられても困るが、ずっと放置ってのもちょっと。
まあやったらやったで1ヶ月くらいはかかるだろうからこれでいいのか。
虚犬はなんだっけ。見た覚えが全くない。

黒子のバスケ
主人公チームが攻撃的ってあんまり見ないよなあ。なんかかませ犬なイメージが強い。
一瞬の気の緩みというか、攻撃が途切れたら終わりというイメージがそうさせるのかもしれない。
実際今回も一瞬の隙をつかれて3Pを決められたわけだし。
しかし改めて考えると酷い設定だよなあ。リバウンドを取られたら敵陣最奥からでも即3点取られるってどういうことだ。
地に足の着いた説明の後だから余計に映える。
テニプリとかと違って、インフレを数人に限定させてるのは、リアリティとかのバランスで本当に上手いと思う。

LIGHT WING
あれ、まさかいきなりユースと戦うとは。前回言ってたことが全否定された気分だ。
主人公はそこでも図抜けてるのね。なんで落とされたかはこれからか。
最後2ページの構図は大好き。素晴らしい。

トリコ
小松がここに来てどうなるというんだ……
いや雨ミサイルとか太陽みたいな食材とか置いといて、重力だけですでにアウトな気がするのだけど。

ぬらりひょんの孫
おお、素晴らしい。今週一番良かった。
圧倒的な実力を持つ相手に対して無理に戦わず、戦略的勝利のみを考えるという少年漫画らしからぬ戦闘。
囮の秋房出現から土蜘蛛が妨害するところまで完璧な流れだった。
土蜘蛛なら封印くらい力尽くで妨害できるし鵺と戦いたいんだからするよな、というのを前回の戦闘を通じて見せていたわけで、全く文句のない美しい展開。
これで決まってもよかったけど、決まらない理由までしっかりしているのが素晴らしい。
陰陽師はヘタレじゃないというのがよくわかるし面白かった。

めだかボックス
いや、めだかが善吉を抱えればいいんじゃねえの?
というかジャンプで穴から脱出くらい出来るだろう。なんなら壁を駆け上がってもいいし。
なんというか、小説と違って色々な情報を含めて考えられる分損だよなあ。
大嘘憑きって相手にも出来たのか、と思ったけど理事長にもうやってたか。
元に戻すとかかと思ったら視力をなくすとかも出来るのね。異常と過負荷との違いは理屈付けがないことか。
とりあえず少年誌でどこまでやるか期待しよう。

SWOT
面白いのコマが普通に上手いと思ってしまった。悔しい。
ただまあ最近は、顔に限ればそこそこ上手いとは思うんだ。
体まで含めてしまうと残念に感じてしまうけど。胴が長いんだよな。多分。
そして話は好みだから困る。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/486-38c6ceef
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。