おまもりひまり第5話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/04(木)
おまもりひまり第5話

タイトル「悩める猫と平常心」
*相変わらず詰め込むなあ。
Aパートで前回の続きをシリアスにまとめ、Bパート前半にエロギャグ特訓。
Bパート後半にはAパートの続きっぽくシリアスにまとめて、新キャラ登場。
これでも展開が速い気がしない。
大分凝縮してるだろうにほんと何でだ。

冒頭からロリっ娘のローションプレイ。
謎の霧が仕事をしてました。
聖痕のクェイサーに比べると大分頑張ってるなあ。
ヴァンパイアバンドといい、これといい世間の風潮に逆らう気概は素晴らしい。
緋鞠の方なんて無修正で頑張ってたし。
日本が終わってるのか始まってるのかは微妙なところだけど。

緋鞠の覚醒は代々受け継がれてるものの様子。
覚醒というよりは暴走か。
天河家はは別の妖を使えないのか?
暴走する度被害は出るし、当主が倒さなきゃいけないし、いいこと無いと思うけど。

子供の頃の女の子は緋鞠ではないらしい。
多分緋鞠な気がするけど。
緋鞠も記憶喪失になってるか、思い出すと優人にとってなにかよくないことがあるとか、その辺りだろう。

これでAパートが終わり、Bパートからはいつもの町へ。
流石にこの切り替えの速さは驚いた。
特訓だけど、いくら人払いしてもあれだけ派手にやってれば目撃者出るんじゃねえかなあ?
特に水の渦とか。遠くからでもよく見えそう。
特訓の平常心って、性的興奮と恐怖心はまた別のものじゃないだろうか。
というか妖2人はまだいいとして、なんで凛子まで脱ぐんだよ。
まともなやつはいないのか。
平常心保ってないと言いつつ手を出さない優人も相当だけど。
結局緋鞠の乱入で特訓はおしまい。
罰を与える手段が猫アレルギーってのはきついものなんだろうか。
前も書いたけど、優人絶対周りの女が自分好きだって気付いてるよな。
あれだけ大胆で直接言わない周りも悪いけど、何もしない優人は相当だ。

特訓の後はいきなりシリアスに。
緋鞠と優人でこれからもこのままで~と、最終回のようなまとめをしたと思ったら、新キャラ乱入。
突然攻撃をしたのはどういう理由なんだろう。
鬼斬り役なんだから、向こうにとっても優人は敵じゃないだろうに。
鬼斬り役って外人もいるものなのか。
昔からある家だろうし、銀髪は無理が有るような。
本当に外人の血が混じってるとかいう設定なんだろうか。
カットインっぽい演出が復活してよかった。
なんとなくあれは好きだ。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/51-e7c4efcd
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
優人の発揮したすさまじい力はクレーターを開けるほど。 静水久は優人の傷を癒すのですが…何してるんだか(苦笑) 優人を守れなかったこ...
2010/02/04(木) | SERA@らくblog 3.0
これはヤバイだろ …規制が(マテ シズクちゃんが光の衣をまとっておられる!! …公式見たら修正要請が来ていたそうで(^_^;) Bパートはもっとすごかったような気がするけど修正入ってなかったね。 あれで平常心保てたら逆に問題じゃね? 健全な10代男子と?...
2010/02/04(木) | のらりんクロッキー

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。