2010年夏季アニメ総評

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/19(火)
2010年夏季アニメ総評

★★★★★ 5.0 超好み。
★★★★   4.0 かなり好き。
★★★     3.0 普通に好き。
★★       2.0 好きでも嫌いでもない。普通。
★         1.0 好きじゃない。微妙。
           0.0 ダメ。合わない。
☆がつくと+0.5で、その間の評価になります。

星3つが真ん中ではないのでご注意下さい。

最後まで視聴したアニメ
オオカミさんと七人の仲間たち 世紀末オカルト学院 けいおん!! ストライクウィッチーズ2 屍鬼 伝説の勇者の伝説 黒執事Ⅱ 祝福のカンパネラ 生徒会役員共
*オオカミさんと七人の仲間たち ★★ 2.0
なんというか、作画は凄くいいし話も悪くない。音楽もMay'nのOP筆頭に中々いいし、どれも及第点以上のものはあるのだけど、なぜかあまり面白くはない。
いやもちろんつまらなくはないし、個々の話で見れば割と面白い回も多いのだけど、全体を通して考えるとなんかもどかしいというか。
流石に1クールかけて関係性に、少なくとも亮士の主観ではなんの変化もないってのはどうなのかなーと。
客観的に見ても、割と最初から涼子は惚れてるわけで、最後でようやく自覚したってのは遅すぎるよなあ。
羊飼も、1クールだけだと不完全燃焼で終わったし、何より何がしたかったのかさっぱり分からない。
まあこれは単純に原作がそうだから、という問題ではあるのだろうけど、アニメだけ見てる側としては関係ないからなあ……。
とはいえ作画は本当に素晴らしく、バトルシーンなんかは間違いなく今期で1番高い水準を保っていたし、特に11話は全編とおしてぬるぬると動いていて驚愕した。
亮士と羊飼のバトルはストパンの2話と並んで夏アニメ最高のシーンの1つだったように思う。
他にもリアルな造形を求めたキャラ描写、飛び道具的なナレーションなども高いレベルだったんだけど、なぜか印象には残らないんだよなあ。
悪い意味で融合してしまっているというか、尖った部分が見られなかった。
個人的には大体楽しめたんだけど、やっぱりもったいないなという印象は残った。
ともあれ制作側の熱意は感じられる作品だった。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。

世紀末オカルト学院 ★★★☆ 3.5
アニメノチカラ第3弾。というか最終弾。
最後の最後になって素晴らしい出来のものを見せてくれたのは単純に驚いた。もう半分諦めていたからなあ。
本当に面白く、またオリジナルアニメらしい個性ある作風も見事だった。
2000年代も終わりだからこそ出来る企画だよなあ。世紀末はもう一昔前になるのかと思い知らされた。
全体として地味ながら表情豊かなキャラクター、オカルトをネタにした2話構成の人情を主とした話など、やってること一つ一つは割とぶっ飛んでいるのに、全体として考えるときっちりと繋がってラストに流れて行っているという全体の構成が美しかった。
まあはっきり言ってしまえばB級を突き詰めた、と言っていいようなアニメなのだけど、だからこそというべき面白さが詰まっていた。
一応これでアニメノチカラは一旦終了になるわけで、深夜アニメのオリジナルの灯が潰えてしまうわけだけど、こういう作品が出たということだけ見ても、やっぱりその存在意義はあったのだと感じる。
これだけ高いレベルでまとめるようなものが見られるなら、近いうちにまた新たなオリジナルを見ることも出来るのではないかな。
最後のほうにはまあ不満はあるけど、概ね楽しむことが出来た素晴らしい作品だった。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。

けいおん!! ★★☆ 2.5 (13~26話 ★★☆ 2.5)
1期とは明らかに変えたのだなというのが最後まで見てまず初めの感想。
1期は1クールで2年間、青春の疾走感とみんなで過ごす日常を。2期は2クールで1年間、卒業の迫る焦燥感とそれでも変わらない大切な日常を。
日常の持つ意味合いが変わってきているんだよね。延々と続くように思えたものから、終わりの見えたかけがえのないものへと。
だから演奏シーンがほとんどなくなったわけで、だから僕は不満なわけで。
後けいおんについて語るべきじゃないってのたまに見るけど、むしろここまで作りこまれてるアニメってそうそうないと思う。
同じ京アニで言えばハルヒクラナドより上じゃないかな下手したら。
各話ごと、画面ごとの伏線というか、そこに込められた情報量はとんでもないものがある。
ただそれでいて感じるのはユルさというか気楽さというかそういうものなわけで、その辺り凄く混乱する。
他の日常系とは一線を画す理由はこの辺りにあるのだろうけど、あいにくそこまで言及できる力も気力もないので深入りは出来ないが。
演出面では今年でもトップになるんだろうなーきっと。これ以上が出るとか考えづらい。
不平不満はまああるけど、各話感想で書いたのでここでは省きます。評価見ていただければ。
というわけで好きか好きじゃないかと言ったらもちろん好きじゃないんだけど、面白い作品ではあった。
それだけに映画化は。いやあの引き際が完璧だったし必要ないんじゃないか? 番外編ですらなくていいと思うのに。まー確かに最終話の方は悪く無いとは思ったが。
映画を見に行くつもりはないけど、オリジナルでどう作ってくるのか、けいおんスタッフの実力がどんなものかは評判を楽しみにしている。
ともあれひとまず、スタッフの皆様、お疲れ様でした。

ストライクウィッチーズ2 ★★★ 3.0
ストパンの2期。いやあGONZOの騒ぎで不安だったけど、こうして続きが見られると嬉しいな。
内容としては前より芳佳と美緒に焦点を当てて、世代交代を匂わせる感じでやっていくのかなあと思ったら盛大に裏切られた。
まさか芳佳がウィッチの力をなくすとは。いくらなんでも想像できなかった。
これはつまり501としての話は終わりということなんだろうなあ。501は≒で芳佳の話なわけだし。続きがあるとしたら、502で新しくやるのだろう。
まあ1期とあわせて結構長くやっているわけで、タイミング的にもいいところなのかな。
作画に関しては2話がピークだった。あれを最初に見せられて、その後の空戦に関してハードルが上がった感は否めないけど、やっぱりどこか不完全燃焼だった。
もちろん一つ一つ見れば文句のでない出来ではあるのだけど。後はまあCGがやっぱりちょっと違和感。
全体的にはもちろん高いレベルだったと思うけど、2話がもっと見たかったかなあ。せめて最終回に。
その分構図の凝りようは素晴らしかった。けいおんなみといったら言い過ぎかもしれないけど、スタッフのこれを見せようという気合を感じた。
それぞれのキャラの掘り下げはもうちょっと欲しいなというのはあるけど、芳佳を中心に見ればこれ以上何をやる必要があるのか、という感じもするからまあ間違ってないのだろう。
テーマ的な部分で1期より後退してるのはちょっと気になったけど、王道ないい終わり方だったと思う。
いや1期を結局なかったことにしてて、最初からまた1期をなぞっていたのは続き物としては微妙かなと思うけど。
コンテンツ自体が終わることはないだろうから、3期なり他の媒体なりで続きは見られることを期待しよう。出来ればネウロイを殲滅するまでは見たいし。
とりあえずは一旦、スタッフの皆様、お疲れ様でした。

屍鬼(1~11話) ★★★☆ 3.5
回を追うごとに面白くなっていくのは流石。
原作は読んでなく、漫画は読んでいるのだけど、出来としてはアニメのほうがいいかなあ。
漫画の方はあまりホラーという感じはしなかったけど、アニメは普通に怖い。
しっとりとした、ジワジワくる恐怖を画面の全体から感じる。演出が凝ってるよなあ。
見えない位置にいる相手を表現するにはアニメってこれ以上ない媒体だなと感じた。
実写でもいまどき透過とかは出来るのだろうけど、流石に違和感は拭えないだろうし、そういう辺りがあってるなあと。
序盤はちょっとだれていた感じだけど、後半から加速度的に面白くなっていくのは漫画もそうなので、アニメの方も2クール目期待したい。

伝説の勇者の伝説(1~13話) ★★★ 3.0
1話が詐欺だったアニメ。いや時系列入れ替えてまで内容誤解させる必要あったのか?
全体としては回想がもったいないなあと。本筋に入るまでに1ヶ月程度かかるのは流石に遅すぎる。
実際本編に入ってからはしっかりと骨太なファンタジーをやっていて面白いのだから、回想が中盤に入る、もしくはもっと短ければなあと。
2クール目はそういう心配しなくてよさそうだし、何より単純に敵国が悪じゃないのをどうまとめるのか楽しみ。
うん本当に後1クールでまとめられるのだろうか……
とりあえずは綺麗にまとめてくれることを期待して見続けよう。

黒執事Ⅱ ★★★☆ 3.5
1期は途中までしか見てなくて、新主人公ということで見始めようと思ったら凄いことに。喰霊を思い出したよこの直前詐欺は。
耽美系の画面は見てて新鮮だったなあ。乙女ゲーとまた違ったBLならではの雰囲気というか。
常に崩れずしっかりとした作画や笑えるギャグの入ったシナリオなど普通に楽しめた。
まあストーリー自体は、最後の最後でよく分からなかったけど。俗世から離れたってことでいいのだろうか。
後は全編を通して、悪魔にとって人間はあくまで餌でしかない、ということが貫かれてるのが素晴らしかった。
お約束まみれな列車強盗の回を、セバスチャンが1人で強引に解決した辺り、人間と悪魔の存在としてのレベルの差がしっかりとしているなと感じる。
シエルとセバスチャンの危ういバランスの上に成り立っている関係が全てと言ってもいいと思うけど、それが付かず離れず、崩れず安定せず、絶妙な塩梅で組まれていて綺麗だなと思った。
そのあたりは前半の団結みたいなところから、最後1人で生きることにしたシエルの決断に表れてもいるのかな。
アロイスの方がなおざりだったところとか不満はあるけど、全体的には凄く楽しめた。
終わり方からすると3期はあってもおかしくないけど、悪魔になったんだし微妙かな。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。

祝福のカンパネラ ★★☆ 2.5
双子可愛い超可愛い。ホント可愛いマジ可愛い。
双子のために存在したと言っても過言ではないアニメ。いや僕にとってだよもちろん。
前半はゆるい感じのコメディ。後半はゆるいシリアスととにかく全体を通してゆるかった。
それがいい場合と悪い場合があるけど、この作品の場合はいい具合に作用していた。微妙なシリアスもスパイスとしてよかったのかもしれない。
かわいい感じのキャラクターデザインで、最初はサービスシーン不向きかなと思ったけど回を重ねるごとに肉感的というかちょうどいいエロさになっていて、エロゲ原作らしさというものも出ていた。
全体的に毒がどこにもなかったけど、しっかりと作られていたのでちゃんと癒されるほのぼのさになっていた。
一歩間違うとダラダラしてしまうところだけど、その辺りのバランスはよかったなあ。
絵や音楽など基本的なところが凄く丁寧に作りこまれていて、特に音楽、というかOPとEDは前半と後半で雰囲気にあった絵に差し替える、曲自体を変えるなど妥協せずにいたのが好印象。
雰囲気を変えるものは皆こうするべきだと思わされたけど、まあ実際キツイよな。
前半のキャラソンを微妙なタイミングで挿入するのはどうかと思ったけど、後半はなくてよかった。
全体的に双子プッシュ、特に8話なんかはOPを差し替えたりEDも双子使用だったりでその最たるものだったけど、双子の掛け合いが最高に面白くて個人的には楽しめた。まあヒロインを食ってるのはどうなんだろうと思ったけど。
全体を通して間違いなくB級ではあるんだけど、でも憎めない、好印象な作品だった。綺麗にまとめてくれたのも嬉しい。
ラブコメが少なかったのはちょっと不満だけど、まあミネットルートらしいしパパと呼んでちゃ厳しいか。
ともあれエロゲ原作でここまでの作品はそうそう見られないので嬉しかった。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。

生徒会役員共 ★★★★☆ 4.5
今期一のダークホース。原作読んでるけどまさかアニメになってここまで面白くなるとは。
来週が気になって仕方がなかったのはおとボクやギアスやef以来。我ながら恋愛系多いな。
前半は下ネタが先走ってテンポを阻害していたように思ったけど、回を追うごとにネタの幅は広がってないのに面白くなっていくという珍しい現象を見た。
なんだろうカメラワークとか間とか演出の問題かな。とにかくどんどんと面白くなって成長していた。
こんな下ネタギャグアニメになぜこんなにと思うくらいに作画が豪華で、画面狭しとキャラクターの魅力が溢れていた。
いやまあ別に動きが常に凄いとかそういうのではないのだけど、モブキャラまで丁寧に、しかも最後まで崩れないというわけのわからない力の入れよう。
後は別荘に行く回のコトミがとんでもないことになっていた。なんだあの動きは。
全体的に浅沼晋太郎のツッコミ芸で成り立っているような部分があって、それが成長していったからこそ面白くなっていったんだろうなあ。
声を張り上げるだけでなく、静かなツッコミ冷めたツッコミスルーするツッコミととにかくバリエーション豊かで飽きさせなかった。
今期一番頑張ったのは間違いなく彼だろう。本当にこの作品の全てを支えたと言っても過言ではない。
それと原作よりラブコメ色を強めていたのが個人的には嬉しかった。
原作にももちろんあるんだけど、4コマということもある上繋がる感じにはしてないからあっさりしてるんだよね。
アニメではその辺りも埋めた上で表現できるのでそういう部分でも相性が良かったのかな。
最終回は色々と思うところもあるけれど、空回りした感じの終わり方もあってるといえばあってるのかな。
まあ2期を考えてなく、途中で終わらせるわけだから仕方ないにしても、締め方も他にあるんじゃねえかなとはやっぱり感じたけど。
ともあれ作品的にはちょうど1年で区切られていて、しかもストックも十分あるわけだし、2期は始めやすいだろうから続きを見られることを期待しよう。
とりあえずはスタッフの皆様、お疲れ様でした。


時間の都合で切ってしまったのが多く出たのが心残り。
学園黙示録なんかは最後まで見てもよかったかなあ。
秋は今期の比じゃなく異様なまでに作品数が多いので全部見られるか不安。まあ頑張ろう。
個人的には神のみに期待している。まあ原作の感想も書いてるのでお分かりのこととは思いますが。
後全話感想は一部除いてやめます。大体1日1作品くらいのペースでは続けますが、基本1話と総評で済ませる予定。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/511-0a3878c2
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。