薄桜鬼 碧血録第15話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/27(水)
薄桜鬼 碧血録第15話

タイトル「遠き面影」

短めです
*敗北と死別と別れと。
どんどんとマイナス方向に舵が切られていくなあ。一応来週でそれは一区切りにはなるけど。
父親が人類滅ぼすとか言い出したり、双子の兄が目の前で殺されたりと千鶴は本当に不運だよなあ。
直前に実の兄に殺されそうにもなってたりもするし。

薫との戦い。というか羅刹増やしても雪村家再興になるのか? あんなあーあー言ってるだけのいたってなあ。
千鶴が意外と強かった。というか近藤さんもうちょっと頑張ってください。
いやそりゃあ鬼だからそれなりには身体能力高いんだろうけど。近藤は失態の後だから精神的に弱ってたのか。
沖田は羅刹になってるとはいえ労咳患ってるのに強いな。流石天才剣士。
しかしいきなり後ろから刺し殺すとは。いやもう完全に正しい判断だ。
侍ものとしてはどうかという気はするけど、そもそも鬼であって侍ではないしな。
最後千鶴が薫の手をすぐとらないのは意外だった。全く報われないのは少しかわいそう。

原田と永倉の脱退。
わかってはいたものだけど、実際に目をするとやっぱり寂しいな。
隊の仲の良さを見ていると最初はどうやって抜けるのか不安だったけど、こうやって理由もしっかり説明されると納得出来るな。
自分で選んでもない殿様に命をかけられない云々はその通りだなあと今の感性だと感じる。
まあ当時なら近藤や土方の考えも当然のものではあるのだろうけど。
隊から離れても薩長と戦うって……どうするんだ?
会津とかそっちの方か? 最終的には将軍のためになると思うのだけど。

どんどんと坂道を転げ落ちていっているけど、察するに来週がそのピークか。
近藤の処刑はようやく目が覚めたところだし見たくはないが、土方がどう変わるかは楽しみだ。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/518-d1b2d413
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。