神のみぞ知るセカイFLAG122感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/19(金)
神のみぞ知るセカイFLAG122

タイトル「告白2/5」
*告白2/5。何かと思ったらそのままなのね。
5人同時攻略とは。割と予想されてたらしいが全く思いつかなかったよ!
相手の気持ちを考えないってのはある意味当たってたけどなあ。まあそれも一応あるけど桂馬のダメージもすごいぞこれ。

○本編感想
鬼の攻略開始。
告白をして、恋をさせ、女神にパワーを与えるために5人に告白するという恐ろしいことを。
最悪フタマタクズ男どころではなかったな。まさかの5股。
再び騙される女子は誰なのかとか書いていた頃が懐かしい。5人かよ。
でまあこういう展開になる以上、例えかのんのことがなくてもパートナーがエルシィからハクアに変わることは必要だったのだろうなと。
5人同時にという以上他の女子に感づかれるわけにはいかないだろうし、ならエルシィは不向きだろう。
いやつまり全ページにわたってモノローグとかで解説してくれて、さりげなく桂馬をサポートしてくれるハクア可愛いということなのだけど。

可愛いといえば歩美とちひろがとても可愛かった。
歩美のりんご、ちひろの肉まんと攻略の時のキーアイテムをちらして覚えてるかどうかの判断に使う、というさりげなさがいい。
告白されたといや桂馬が近づいたときの反応はどっちもも悶え死にするかと思うくらいの可愛さで……!

歩美は告白からその後の反応まで出たけど、また微妙だなあ。
りんごや手紙での呼び出しであんまりリアクションがないのが気になるけど、これくらいならどうにでも引っ掛けられそうだし。
ちひろは告白までで反応は来週へ持ち越し。
とはいえその前の顔に縦線が入って引きつったような感じなのは心が痛むなあ。

というわけで2人とも超可愛かった。
だからこそ、あれ、目から汗が……

○鬼になるということ
同時攻略、なおかつ告白台詞も全く同じ、どころか構図まで完全一致という完全に鬼畜な手段なわけだけど、ただこれが桂馬の中での限界までの線引きなのかなと思った。
今まで桂馬はゲーム理論に則って攻略してきたわけだけど、今回は現実としっかり向き合わなければならなくなった。
もちろん今回は記憶がなくなるわけじゃないけど、それでも最終的に彼女らの気持ちに答えることはできない。
鬼になるということからして嫌われてもいいくらいの気持ちでやっているわけで、ということはどういう形であれ彼女らの気持ちを現実として受け止めるつもりなのだろうけど、それじゃお互い辛すぎるからより一層ゲーム的にやっているのかなと。

要するに最終的に5人の女子に真っ向から向き合うわけだけど、その際に紙に書いた計画通りにやっていた、というのが自分に対して、なによりヒロインズの気持ちの防波堤であり、騙された、もしくは三次元女が二次元女に劣るとか言い訳して実験に使われたと思わせることで、自分を恨ませ傷が広がらないようにするのだろうと思った。
女神がいるにせよいないにせよ、記憶は残ってしまうわけだから。
ハクアに渡してるのは自分も本気でやっているのではないよ、という言い訳というか。

というのも桂馬にとっても2回目というのは思うところがあるのだと予想するからで。
基本的に桂馬は身内にはもの凄く甘いから、こういう形で騙すのは、特に相手の気持ちを考え辛いと思うのだ。
だからそのまま傷つけるよりは、少しでも怒りのエネルギーに変えて柔らげようと考えても不思議ではないかなーと。
最後はあの計画書いた紙をわざと見つけさせるんじゃないかな。多分。
ハクアに見せているのは自分が入り込みすぎないようにするためだ。今回も歩美やちひろと話してる時以外はどことなく空虚な感じがしたし。
……まあこの辺りは桂馬がルルーシュに似てる、という先入観から生まれた気が凄くするのだけど。

後これが根本的に微妙な理由として、本当にこれがマシなのか? というのがある。
……ど、どうなんだろ? 冷静になるとなんの解決にもなってない気がする。

ただまあ桂馬が一方的に攻略女子を傷つけることは考えづらいし、構図や台詞まで揃えて台本まで用意してワンクッション置いてることは、ギャルゲーを通して現実に対峙するという意味であるとは思う。
じゃあそれがどういう結果を生むのか、という想像が上だけど……うーん。

○余談
とりあえずは来週辺り、そろそろちひろは女神確定してもいいんじゃないかな!
ちひろファンであり歩美ファンである僕は展開的な意味で辛いけど、出てすらいない栞ファンや月夜ファン、結ファンは怒っていいと思うよ!

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/543-1e2ac96a
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。