神のみぞ知るセカイ(アニメ)第7話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/19(金)
神のみぞ知るセカイ(アニメ)第7話

タイトル「FLAG7.0 Shining Star」

短めです
*かのん編ラスト。オリジナルで埋めてくるんだろうと思ったけど、想像よりは良かったな。
Citronをもっとやるかと思ったけどそんなことはなかった。ええと、これでいいのか?
原作読んでても若木先生のブログ読まなきゃよくわからないと思うのだけど、アニメだけだと逆に入りやすかったりするのかな。
とりあえずライムは姿見るとあれだな、華琳だな。

D.S.はここで使うのかよ。攻略後に使うもんだと思ってた。
鏡に写ったかのんが自分に語りかけるところはアニメ独自だった。
逃げた理由が漫画だと丁寧に見せなかったけど、こっちはそれもやることにしたのかな。
失敗したら終わりなのか、一人だから怖いのか分かりづらかったけど、よく考えたらアニメでは両方にしたのか。

エルシィはほんと間の抜けたところがなければ十分有能なんだけどなー。
駆け魂センサーくらい覚えておこうよw
捜す必要なんかなくて、むしろかのんのほうから寄ってくるんだ、というのはスマートだな。
桂馬くん……っていう台詞があったから分かりやすかった。

かのんコール……って怖いよ! 実際ライブとかコンサート行ったことないけど、大勢集まると反響かなんかで低く聞こえるものなんだろうか。
ギャルゲーと違って側にいられないからというのはあるだろうけど、それでも独り占めできないという結論は好き。
キスシーンはBGMも相まって良かった。ところでかのんファンからするとこれは酷いシーンだよなw

かのん・オン・ステージ!
今までと全く趣の違うバラードで始まって、そうかここからあの台詞に繋げるのかと思ったら。
「眩しくて見えない……」から「彼女は偶像(アイドル)じゃない、自ら輝く星(スター)になったんだ」の流れが原作でもトップクラスで好きなので、それが削られたのは残念。
アイドルからスターになったかのんが観客を圧倒するところが好きだったんだ。
いやもちろんアニメの方の解釈である、これがスターダムの入り口というのもいいとは思ったけど、単純に比べればというか好みの問題で。
ライブシーン自体は力入っててそれなりに楽しめた。アイドルはこれくらい長くするべきだよね。
らぶこーるはタイトルからバラードというのは想像できなかったなあ。若木先生作詞ということだけどいい曲だった。

最後のシーン、Citronの歌を歌って全てにありがとうというシーンは良かった。
楽屋の前に花を置いてたことも合わせて追加してよかったと思うシーンだ。

かのん編が他の美生、歩美に比べてずっと長かったわけだけど、やっぱり間延びした印象は否めないな。
ただかといって2話だと少し足りない感じがするから、2.5話くらいならちょうどいいかなと思う。
けど構成上それは難しいだろうし……まあ3話なのも納得行くかな。
もうちょっとまとめてくれたほうが嬉しかったけど悪くはないし。
不満がないとは言わないけど、許容範囲だろう。内容自体は楽しめたし。

そして来週は若木先生脚本。どうなのか気になるな。
ケーキ回は原作だと技巧に凝り過ぎてる印象があったけど、アニメだとどういう演出になるのか楽しみ。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/544-6881f58a
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。