今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?10 その1

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/12/05(日)
今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?10 その1

この記事は「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人ピッコロさん立案の企画です。
そのため当ブログ記事の「2010年夏季アニメ総評」とはまた別ですのでご注意下さい。

<評価項目について>
ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。

キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。

画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。

演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。

音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。

総合的な評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い
*オオカミさんと七人の仲間たち

ストーリー 2
終始視点がぶれていた印象。ラブコメとシリアスとのバランスが悪く、集中してみることができなかった。
個々の話で見ればそれなりに楽しめるものの、涼子と亮士の関係では1クールかけて進展がないのは微妙だし、羊飼は流石に消化不良というほかない。
部分部分で見れば悪いところは特に見当たらないんだけど、大きく見るとちょっと進まなさ過ぎるかなと。
サイドストーリー的なものが多すぎたように感じた。もうちょっと亮士と涼子に絞ってよかったのではないだろうか。

キャラクター性 2
なんというかどれも薄い。
御伽銀行のメンバーにしても鬼ヶ島高校にしてもほとんど強烈なインパクトのあるキャラがいなかった。
まあ亮士と涼子辺りはそれなりにキャラが立っていたと思うけど、結構回を割いた割には林檎ですらあまりキャラクター性を掴みきれなかったかなと。
正直一発キャラだと思ってた白雪とそういう関係がありましたと言われてもなあ。
他の面々についてもほとんど同様で、それぞれ1話はあったけどどれも淡白だったし、というかそもそも妙に重い設定が悪いのかもしれない。
ギャップが悪い方向に作用してるのかな。
後は完全なサブキャラの話が多いのも、コンセプトとして必要なのだろうけど、感情移入しづらかった。

画 5
まあこれについては言う必要もない気がする。
1クール通して常に高い水準で保たれていたし、バトルシーンは間違いなく今期一番。
特に羊飼登場あたりからは質が更に上がっていて、11話の羊飼VS亮士は本当に素晴らしかった。
動画としての素晴らしさと一枚絵としての素晴らしさが融合している感じで、今期トップクラスなのは間違いないだろう。

演出 3
まあ悪くはない。悪くはないのだけど特に印象に残らない。
ていうかあれだ。各話ごとにみればそれなりなんだけど、全体の構成という観点で見ると色々と配分がおかしい。
原作準拠なのかもしれないけど、まあアニメにはあってないかなと。

音楽 4
これはよかった。May'nのOPはもちろん、BGMとかも場面によくあっていて素晴らしい。
ただEDは……なぜ林檎中心な歌詞なの? ちょっと理解ができなかった。そんなメインに押すキャラではないだろう。
後は根本的に、音楽のために雰囲気が暗いほうへ引きずられてるってのも、好みによるけど悪いかもしれない。

総合的な評価 2
キャッチーな部分がなかった、というのが総合的な印象。
どの要素も水準以上なのは間違いないんだけど、しかしなにか足りない。
話の構成という面に落とし込まれるのか、それとも原作そのものという話になるのかそれはわからないけど。
視点が散漫になったことが一番だろうか。亮士と涼子はほとんど進展しなかったし、かといってサブキャラが立ったわけでもないし。
悩み解決だからしょうがないのだけど、一回で退場するキャラに時間がかかっちゃうからなあ。
それなりには楽しめたのだけど、なんというかもったいないなと思ってしまった。

総合点 16


世紀末オカルト学院

ストーリー 4
まあ最後の展開は吹っ飛びすぎててどうかと思ったけど、途中までは素晴らしかったのでこのくらいか。
一話一話ゆったり人情話を進めていっているのだけど、それが同時にマヤや文明自信の問題と絡み合っていて、徐々に本筋に迫っていくのにドキドキさせられた。
基本的にどれも出来が良かったので、その分最後の方の超展開にポカーンと。
何だあの超展開は。そして光源氏は。最後はどういう時間軸なんだ。
色々と突込みどころはあるけど、だからといってそれまでの評価が覆るわけではないので、まあこんなものか。
一応テーマ的には最後も変わらず貫かれてたとは思う。演出が斜め上だっただけで。

キャラクター性 4
どのキャラクターも個性が感じられてよかった。
何よりマヤが素晴らしい。表情がくるくる変わって、最初の方感じた地味なイメージがすぐなくなった。
全体的にも表情豊かで、感情をストレートに感じることができた。
文明のへたれっぷりも最後に解決するのだと思うと素直に楽しめたし、脇を固めるキャラも存在感があった。
美風を悪役にして解決させたのはどうなんだろうという気はあったけども。
町の人達がオカルト学院嫌ってるのは変わらないような。まあみんな味があってよかった。

画 4
基本的には高水準にまとまってた。
上でも書いたとおり表情が本当によく表現されていたし、アクションシーンもそれなりに凄かった。
最終話辺りの魔法決戦も、勢いで押しきれる程度には充実していた。
キャラデザ自体が地味めだからあまり映えるわけではないけど、それでも力の入れようは伝わってきた。

演出 3
しんみりしたところとギャグっぽいところの切り替えはなかなか良かった。
ただまあ振れ幅自体が大きすぎるかなと思うところもいくつか。
印象に残るようなところは少なかったけど、安定はしていたと思う。

音楽 3
OP、EDはよかった。BGMはほとんど印象に残らなかった。
いやまあ違和感は感じなかったので悪いということはなかったのだろうけど、良くも悪くも普通かなと。
しょこたんの歌は予想外にはまっててよかった。絵のほうもオカルトの胡散臭さが出てていい感じ。
EDはなぜ実写なのか気になった。アニメノチカラなのに実写というのはどうかと思うんだ。

総合的な評価 4
アニメノチカラの最後の最後に素晴らしい物を見せてくれた。
オリジナルアニメらしく先の読めない展開が続いて、最後は斜め上だったけど楽しかった。
B級を突き詰めたと言っていいと思うけど、だからこそできる面白さが詰まっていた。
これだけのものが作れたというだけでも、アニメノチカラの存在意義はあったのではないだろうか。
挑戦的な作品だし、普通にはあまり作れないだろう。こういう変わったのももっとやると嬉しいな。

総合点 22


けいおん!!

ストーリー 2
あってないようなものとはいわないけど、まあこのくらいかなあ。
とりあえず梓の問題が唯に収斂されたのが不満。
他にいくらでもやりようはあったんじゃないかなーと。

キャラクター性 5
まあこれについては何をいう必要もあまりない気がする。
紬とか律とか澪とかの出番が少なかったのはちょっとなと思ったけどそれくらいだろうか。
特に澪は梓の煽りを食らってか1期と比べて大分減らされていた。まあキャラ被るしなあ。
ただ短い時間でもキャラを見せるのはさすがだと思う。サブキャラも増えてたし。

画 5
最近は昔ほど京アニが図抜けているというわけではないけど、それでも全体的にトップクラスなのは流石というべきか。
全体で尖った感じは受けないけど、代わりに話の一部分で印象的なものを見せるようにしていたと思う。
1話で言えば最初だったりドラマー! で言えば律のいきいきした感じだったり、マラソンで言えば最後の直線だったり。
後はフェチっぽい描写は相変わらず素晴らしかったかなと。

演出 5
これでのし上がったと言っても過言ではないでしょう。
とにかく各キャラの見せ方、感情の表現の仕方、小ネタなど含めて抜群に上手い。
くどいくらいに画面の中で説明されているのに、その濃度の濃さを視聴者に感じさせないのはどうやってるのかさっぱり分からん。
詰まってる情報の密度は凄いものがあるんだけどなー。むしろ緩いとか軽いとか感じるのはなぜだろう。
ともあれこれに正攻法で並ぶのは難しいんじゃないかな。それこそシャフトみたいな変化球じゃないと。

音楽 4
まあ1期に比べてパワーダウンしてるのは否めない。特にOP。あれ1期にやってたら酷評でしょ。後半のEDは好きだった。
ただ作品内での話をすればやっぱり充実してる。
BGMがどの場面にもぴったりだし、ライブもガールズバンドな雰囲気が良く出てる。
その辺り加味してまあこんなものか。

総合的な評価 3
根本的に日常系好きじゃないので。とはいえまあ面白くはあったのでこのくらい。
こういう系の作品が増えるのは好ましくないんだけど、まあどうしようもないんだろうなあ。

総合点 24


ストライクウィッチーズ2

ストーリー 3
いやまあ王道そのものは好きなんだけど、結局1期の焼き直し以上のものが見えない。
というかむしろ、対話の可能性が潰えた時点で全体としてのテーマは後退してるんじゃないか?
もちろん2期だけで見れば力をなくしていく美緒、そして奮起する芳佳と燃える展開だったのでそこはよかった。
ただ芳佳がウィッチでなくなるのはどうかと思ったけど。世代交代というか意志を継がないってどういう事なんだ。
501を終わらせるため、というのが一番しっくり来るかなあ。結局501≒芳佳の話なわけだし。
1期と合わせればそこそこ長いしちょうどいい頃合いではあるのかと思うけど、整合性としては気にかかった。
まあルッキーニとかエイラーニャとかその辺りの話は凄く良かった。全体で見たらうーんとなるけど、個別に見れば素晴らしい。

キャラクター性 5
これが駄目ならヒットなんてしないよね。
大量にいるキャラクターがどれもキャラ立ちしてるのは凄いと思う。
大して話数が割かれてるわけでもないのにそう感じさせないのはなんでだろうか。
どちらかというと人気の無いペリーヌ回が結構あったのはバランスのためか。
そういうところ含めて上手いなと思った。

画 4
全体通して悪くはないんだけど、2話を先に見せられるとちょっと、という部分が大きかった。
あのレベルがでてしまうとどうしても期待してしまう。結局最終戦でもそこまでにはならなかったし。
後はCGが多かったのも気にかかった。空戦ばっかりだから仕方が無いのかもしれないけど。
まあとはいえ空戦を最後まで違和感なく、活発に描いてくれたというのは間違いなく凄い。
奇数話は少し力抜いてる印象だったけど、リソース配分考えれば正しいだろう。

演出 4
構図の凝りようは素晴らしい。何がなんでもズボンを見せてやろうという気合を感じた。
空戦のダイナミックな構図はこのアニメの見所の一つ。
日常パートは、うん、欲望が存分に出ているなと。
盛り上げるシーンでしっかりテンションを挙げているのは流石。

音楽 3
OPとEDは個人的にあってないと思う。歌そのものの問題かもしれないけど。
テンションを高めてるのもBGMというよりはキャラクターそのものという印象かなあ。
もちろんあんまりに外してるとかそういうのはないので問題があるとは思わないけど。

総合的な評価 3
全体的には面白かった。ただまあどうしても1期とあんまり変わってないような印象が。
いやキャラクターの関係については、まあ美緒と芳佳については変化があったし、ゲルトルートとエーリカも前期とはまた変わったんだけど。
代わりにネウロイ関係についてはなんというか、1期の最後にあったことをなくしてしまったのが残念。
そしてたどり着いたのが戦う以外にないってのはなあ。
じゃあその前に丹念に描写していたのは何になるのかと。そりゃ他の戦線ではそんなこと関係なく戦ってるのは分かるけど。
続きものと見なければいいんだけど、続きものと見ると残念といったところか。
なんか超電磁砲でも同じようなこと言った気がするな。

総合点 22

その2へ
ベスト賞へ

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/555-c96d0512
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ユキたちがカナタのところにまでいく。レイガさんとカレンザは引き上げる。ユキさんは、また目を覚まさない。全員のダメージを回復させたため。そして、カレンザ強すぎるという話を...
2011/01/08(土) | ぺろぺろキャンディー

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。