伝説の勇者の伝説第22,23話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/12/13(月)
伝説の勇者の伝説第22,23話

タイトル「『αという名の獣』『最後の日』」

2話まとめて
*シオンは何をやっているんだ。いやむしろ何を知っているんだ。
自分の人格との会話が、どっちが表でどっちが裏なのかがよく分からない。
ライナの方はαって何。ていうか精神世界なのに食われたら死ぬのか。まあ精神的に完全な死って意味だろうから結構あるか。
とりあえずはフェリスのデレが可愛かった。

突然場面が飛ぶのはやめるんだ。いきなり人体実験とかいわれても。
シオンのこういう部分をライナが知ったらどうなるのだろう。

母親が出てきたけどマジでどういうこと。意味が全くわからない。
いや封印してるのは分かるけど、それ以上の情報が全く出てこなくてどう判断すればいいのか。
なんというか、全体としての方向性は勇者であるシオンと悪魔であるライナの対立という方向に向かっているのだろうけど、個々の要素がさっぱりわからない。
繋がりがないというよりは、小説の情報量に追いついてないってことなんだろうな。
ガスターク側がどれだけのことを知ってるか分からないけど、ガスタークのほうの説明を待つしかないか。


というわけで23話。えーと絵からしてもしかしてと思ったらギャグ回かよ。ガスタークどこ行った。
いや面白いんだけどそんな余裕あるのか?
ただまあフロワードが意外と溶け込んでるとことかはよかった。日常を送れてたんだな。
そしてミルクの可愛さは素晴らしいものがある。
ルークに人間味があったり、根暗と呼ばれて怒りを抑えるフロワードはいいな。

フェリスとライナのまったりとした会話もほのぼのできた。
今までそんなのなかったからな。
というかクラウたちとライナって交流あったのね。てっきりないもんだと思ってた。
この間化物って言ったばっかりなのになんだこの態度の差。

誕生日パーティーは素晴らしかった。
こう積み重ねてきたものがある分いいよね。
ミルクを祝ってるのも予定調和とはいえ気分がいい。
しかしライナは便利だな。花火の魔法とかあるのかな。それとも色々見たからこそのオリジナルか。

ライナとシオンは会話からまあ予想できたけど、だからって時間と場所を飛ばすとは思わなかった。
シオンに対する自分を責めるなというのはその通りとしか言えないんだけど、この絵空事ってのは勇者になるしかないって意味なのかな。
単純に犠牲にするとかそういう感じのニュアンスではなさそう。
ただそうすると勇者とはなんなのかが分からないと何も言えないので、とりあえずはわけがわからないと思うしかないんだよなあ。
後はシオンが剣を持って戦ってるのがなんか違和感が。
そんな強かったのね。いや優秀なのは知ってたけど。

そして来週最終回?
いやこれどうまとめるんだよ。続編ないとどうしようもないだろうこれ。
原作は確かに読みたくなったが。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/565-ded61e49
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
伝説の勇者の伝説 第3巻 [Blu-ray]クチコミを見る 今日はシオンの誕生日~。国民あげての祝福に戸惑うシオンは・・・ ↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けると ...
2010/12/16(木) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。