えむえむっ!第10,11話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/12/17(金)
えむえむっ!第10,11話

タイトル「『サディスティック嵐子嬢』『失われたメモリー』」

2話まとめて
*・美緒のドSというアイデンティティも奪い取ろうとする嵐子さんマジ鬼畜。
・どんだけ徹底的に敵を潰しにいくんだ。美緒なんてようやくヒロイン復帰しようとしているくらいじゃないか。
・その後は山にこもってドS対決という頭の悪い展開に(褒め言葉)。
・まあここで美緒が圧勝するならまだわからなくもないのだけど、接戦で引き分けってどういう事よ。というかメールありかよ。

・結果的に嵐子はドSになるの諦めたし、アイデンティティ奪うことにまではならなかったけど。
・というか真面目な話ここで嵐子回やる意味が分からない。美緒がヒロインに復帰しようと頑張ってるところにすかさず反撃って鬼か。
・キャラ自体は好きだけどスタッフの考えが全くわからない。
・三角関係って両方のヒロインに同程度のものがないと成立しないと思うの。何この嵐子押し。美緒の巻き返し不可能だろう。
・別にさー三角関係じゃないならそれはそれでいいと思うのよ。ただそれなら一巻の表紙は嵐子にしとけよ。美緒はいまだにサブヒロインの座すら奪えてないぞ。


・という感じで美緒がどうしようもなく追い込まれてからの11話。記憶喪失回。
・記憶がなければドMも抑えられるのな。なんかもう治す気ないんじゃないかと思わなくもない。
・今回はどっちかというと嵐子回か。いやまあ確かに今までのイベントからして嵐子が治そうとするほうが圧倒的に正しいのだけど。

・常人が砂戸の生活をするとこう感じますという例。
・なんというかほとんど自分の責任ではないところが恐ろしい。
・嵐子の積極性に比べて美緒の受身というか視界にはいれてないというか。どう思うっていうかどうするだよな。

・嵐子の正攻法ではどうにもならず、美緒のドS両方で回復。
・うーんこの辺りのでバランス測ってるのかなあ。わからなくもないのだけど、嵐子優先だよなあやっぱり。
・なんで私のことまで忘れやがってるの、私のことだけでも思い出しなさいはいい台詞だと思った。エゴ全開で最高だ。
・嵐子の健気なヒロインの姿が確立してるのに比べて美緒はまだブレてる印象だなあ。

・嵐子の告白と美緒の気持ちの探り。まあ自分ですら分かっていないのだろうな。
・えーと美緒どうすんのかなと思ったら嵐子が強引に舞台の上まで引っ張り上げたか。片方のヒロインがもう片方を強制的に同じレベルにすると。いや上手いけど。
・ただまあ流石に唐突感が。ぶっちゃけほとんどの話で美緒は恋愛方面空気じゃない。最終話付近で猛スパートってアマガミ形式じゃないんだから。
・終わり方的には美緒エンドなんだろうけど、ならそれまでの描写考えようよ。嵐子が同じレベルに引っ張りあげなきゃどうにもならなかったじゃないか。
・なんというかこういう手段もあるのかと感心したけど、だからといって途中経過もうちょっと欲しいぞ。
・全編において恋愛方面の決定的なところでは嵐子が話を動かしてるので、それはどうなのかなという感じが。

・美緒エンド……かな?
・いやまあ美緒は好きだからいいんだけど、最終回付近でようやくというのがなんというか。
・嵐子の苦労は報われないのかなーと思うとあれだ。美緒が気になる程度なのに嵐子は告白までしてるのに。
・余談だけど、記憶喪失の間の記憶は記憶が戻ってもなくならなかったはず。まあそれでどうこうはいわないけど。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/568-1cec16ed
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。