週刊少年ジャンプ2011年第2号感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/12/18(土)
週刊少年ジャンプ2011年第2号

気になったのだけ
*ONE PIECE
船長の意志をいわずとも汲み取るクルーはいいね。
魚人が新魚人海賊団を名乗ってるのはどういうわけか。それと右わき腹のマークはなにか。
またも細かいところに伏線を張っているけど、これから魚人島に行くわけだし、その辺り解消されることを期待しよう。

バクマン。
いやまあもう大学卒業するところだけどね。
気づくのが遅いというか、なんでそう視野を広げてなかったのだろう。
平丸さんが上手くいきそうで怖いな。後新井先生がないがしろにされなかったのはよかった。

サジタリ
とりあえずジャンプっぽくはないなという印象。
重々しい雰囲気で常に進んでいって、息が詰まる緊張感があった。
それ自体は凄くいい作風だと思うけど、それはそれとしてジャンプらしくはないよなあ。
もちろんだからこそ最後の方のカタルシスは素晴らしい物があったけど。
1ページまるまる使って、背景真っ白の射のシーンは素晴らしかった。
和解してもいいとは思ったけど、まあ弓道に行かなきゃダメか。

SKET DANCE
地下室は無理あるかなという印象。ただそれ以外は意外性あってよかった。
まあヒメコのあの衣装はないと思うが。高校生があんなもん着て外出歩けるか。

めだかボックス
今のところ火付けがなんの意味もなしてないけど、ということはそのうち出てくるのだろうな。
土を腐らせればというのは面白かった。ハッタリきいてるよね。
大嘘憑きを持つ前からってのは気になるけど、まあ能力持ったくらいで変わるような性格ではないな。

ぬらりひょんの孫
氷麗可愛いー。
しかし氷麗に組が作れるのだろうか。どうみても補佐向きなのに。
……そういえば雪羅ってどうなってるんだろう。別にそんな古い時代ってわけじゃないだろうし。
大正浪漫硝子使って、雪ん子で遊んでる氷麗が可愛かった。いや本人は真面目なんだろうが。

保健室の死神
悩みを一蹴して欲しいのと助けてほしいの違いってのも難しいよなあ。
特にカウンセリングなんてほとんで前者だろうし、後者は行動も必要だろうし。

LIGHT WING
なぜ心が折れるのかと最初思ったけど、負けた直後にあれだけいわれれば折れるのもわかる。
あれ演出じゃなくて本当にいってるのか。恐ろしい。
あの人は引っ張っただけあって胡散臭さが凄く出てていいな。
その辺の漫画にはない突き抜けたものは感じるんだけど、同時にどうにも足りない感覚があるんだよなあ。
何かわからないけど、そのせいで少し微妙な感じを受けてしまう。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/569-2c39d4c1
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。