伝説の勇者の伝説第24話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/12/22(水)
伝説の勇者の伝説第24話

タイトル「遠い日の約束」

短めです
*おとぎ話。なるほど。ライナが悪魔でシオンが勇者なのだと。
いやまあわかってたけど、こうやって示されると安心するな。

殺されたくないライナ。
悪魔みたいに孤独ではなくなったから殺されたくなくなったのだと。関係の変化が分かりやすい。
まあ変化というか対比といったほうがいいのだろうけど。
戦闘シーンは流石に綺麗だったな。まあ全体的に崩れたことはないのだけど。

勇者になって剣を出してルシルが出てきて母親が腹から出てきて。
ここからどうなるかと思ったら夢オチで。どんな超展開になるのかとビクビクした。
終わってみれば意外とまとまってはいるのかな。いやまあ中途半端なのは間違いないのだけど。
とりあえずライナとシオンの感情のぶつけ合いには見ているこちらも引きこまれた。
いや何をやっているのかはいまいちつかめないが。

デレたフェリスは可愛いな。溜めが長いが。
ネルファの民を殺そうがローランドにとっては間違いなく英雄なわけで、そういう意味で間違ってはないのだろうけどシオンの本来の考えとは違うよな。
それにまあクラウとかはともかくミルクたちまで従ってるのは意外だけど、後でライナ達と合流するのかな。
そしてガスタークは思わせぶりなだけで結局ほとんどなにもやらなかったな。
最後の最後にコスチュームチェンジしてたのは、なんというか真摯だなという印象。

全体的にもうちょっと親切にして欲しかったなあ。
総集編がありがたいと思ったのは初めての経験だった。
見ていてわからない、ということはないのだけど分かりづらい。というか最後の方は本当にわからない。
大筋はわかるのだけど、何がどうなってそういう展開になってるのかがつかめなかった。
それもあって、先は凄く気になるのだけど原作はさすがに長すぎるしなあ。揃えるのは厳しいところ。二期の可能性も少ないしなあ。

見所といえば全体的に綺麗で随所に力の入っている作画や、王道を貫くような重厚なストーリー、熱の入った声優陣の演技とたくさんある。
それでもなにか足りない印象なのは、まあきっとまとめられてないからなんだろうな。
個々のポテンシャルは十分に高かったのだけど、問題点がそれを上回ってしまった印象。
構成の問題かわからないけど、もうちょっと盛り上げられる作品ではあったんじゃないかな。
とはいえ昨今少ない中世ファンタジーで真っ向から勝負してくれたのは個人的には嬉しい。
意欲的……というとまた違うけど、こういう作品がもっと作られるといいなあ。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/572-7da13053
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
戦い続けて壊れた黒い勇者。 どうして勇者は壊れちゃったんだろう? 孤独だったから? 勇者にはその使命は重すぎたんでしょうか・・・ シオンはまだ、壊れてはいないですよね? 自分の体を差し出すほ...
2010/12/22(水) | 空色きゃんでぃ

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。