ヨスガノソラ第11話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/12/23(木)
ヨスガノソラ第11話

タイトル「ソラメクフタリ」

短めです
*穹編2話目。爛れてるなあ。
画面から迫ってくる退廃的な雰囲気がすごい。

奈緒に拒否られて、というよりは穹に向きかけた心を繋ぎ止めようとしたんだよな。
手段があれだけど、まあ男だし即物的に走っても強いことなんていえない。
ここでやるクラスメートとの仲よさそうな描写は、次との対比なんだろうけど、やっぱり周りから見てても異常なんだな。
ところでここにきて委員長が注目されてきたのは何故だ。邪魔する役になるからヒロインにやらせるのは避けたのかな。

一線を越える。
好きが先か体が先か。まあ前者ではあるんだろうなー一応。
ただいかにも唐突すぎる。だって奈緒編入るのもこれも感情の揺れ動きに差があると思えねーもん。
その後のイチャイチャしてる様子は、他のヒロインの祝福される感じと比べるといかにもだよなあ。
これだけ差があると人気があるのもわかる気がする。メリハリがつくよね。
ただ悠については流されてるだけにしか見えなくてイライラするな。このゆるゆると堕落していく感じが心地良くはあるが。
どんどん堕ちていって、穹のためには他の全てを省みなくなっているのが痛々しいというか。
チャイムと同時にダッシュして穹と一緒に下校で、さらに妄想まで見てるしなあ。

そして最後は梢がドン引き。うん、当然だな。何故玄関でやるか。
愛欲に溺れていく兄妹もの、と字面をなぞると昔から使い古されてきたテーマではあるのだが。
原作でどういう扱いかわからないけど、アニメは現状どう考えてもヤリたいだけですよね。
まあもちろん演出とかはしっかり不安定な気持ちにさせるよう徹底してはいるんだけど。むしろ背徳感を快感に変えている面が強く見えてしまう。
悪いかって言うとそりゃ悪くはないんだろうが。

おまけは意外にも真面目展開が続いた。ふざけないのか。
こっちは対照的に現代もののドラマで使い古されてきたテーマ。
ほとんど描写されてないのにこっちの悠のほうが男らしくて好感が持ててしまうな。
時間は動かなかったっていう台詞がすごく印象的だった。全編通しても一番いい台詞だと思う。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/573-dd56a03d
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。