週刊少年ジャンプ2010年10号感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/08(月)
週刊少年ジャンプ2010年第10号
*銀魂
6周年記念巻頭カラー。
本編はバレンタインの話。
女キャラの普段見せない表情が見れてよかった。
本編自体はギャグとシリアスが中途半端だったかなあと。
まあバレンタインネタをギャグにするのは作品的に厳しいか。

ONE PIECE
「この時代の名を"白ひげ"と呼ぶ」
タイトルからもう熱い。
本編ももちろん期待通りの熱さ。
海賊側からの視点と、海軍側からの視点を明確にしてる辺り、これは狙ってやってるんだろうなあ。
海軍からしてみれば、白ひげのやっていることは、敗北者の戯れでしかないと。
赤犬の挑発も、敗北者が引っかかるエースとそれが分からない赤犬と明確にされてる。
直前でエースと白ひげの別れを描いているから、その効果はひとしお。
「正義はここで決まる!」とかいうドフラミンゴの台詞も、きっとここを意識したんだろうな。
ルフィのテンションホルモンも、すぐさまその代償がくるとは意外だった。
エースを助けるためにしたことで、エースに助けられるってのは皮肉だなあ。
ONE PIECEだからどうせ生きてんだろってツッコミはなしで。
まあ白ひげくらいしか死なないんだろうけど、作中で考えれば、結局助けられなかった絶望感とか、今までになくきつい戦場だ。

NARUTO
サスケの言葉がですよねとしかいえない。
サスケにとって香燐が大切だって描写が一切見あたらないもんなあ。
正直今週だけの描写でも、ダンゾウの方が魅力的に感じた。
里の為だけでなく、私利私欲の為だけでもなく、3代目を超えたい為という理由もあったということで、今までの行動に納得が行くようになったと思う。

ぬらりひょんの孫
久々のつらら。文はメールじゃダメなんだろうか。
陰陽師と奴良組とが手を組むことに。
あっさりしすぎな気もするけど、まあ秀元が権威なんだろうし、そうなるか。
封印は一回解けると、し直しても中に入られっぱなしなのね。
最後に流れを読まず見開きで現れた土蜘蛛はびっくりした。

BLEACH
久保先生はやればできるんだよなあ。
各隊長、仮面の軍勢の総力で藍染を倒す流れが本当に素晴らしい。
これだけ上手く集団戦闘が描けるのに、なんで普段はあんなに進みが遅いわ一対一だわなんだ。
弐撃決殺が霊圧で抑えられたのは残念。
でも今週は本当に良かった。まあ生きてるんだろうけど、今週だけの評価として。

こちら葛飾区亀有公園前派出所
カメラはあまり詳しくないけれど、こう説明されるのを見るのは面白い。
カメラが認識しないってのはネタなんだろうけど、岩に似てようが壁のシミも顔と認識されるんだから、両津の顔も認識されるんじゃないか?

黒子のバスケ
普通こういう時って火神タイプの方が暴走するのに、黒子の方に変化を促すってのは珍しい。
まあ確かに2人主人公で成長していくのが片方だけってのはおかしいか。
カントクのスカウターで成長ほぼ限界だったのはどうするんだろう。
方向性は変えずに新しいタイプを模索するのか。
逆に目立って惹きつけるとかかな。

SKET DANCE
喋れないってめんどくさいなあと思わせる今回。
まあ途中から一瞬で書き終わるようになってしまってるけれど。
スイッチはいつ桃花にフラグ立てたんだ。
てっきりボッスンの方かと思ってた。
毎回ライブ行ってるっていう積み重ねだろうか。
関係性が変化するのは、作品内でやって欲しい。
単に見逃してるだけかもしれないけど。

HACO
新人読み切り第2弾。
不治の病は結局解決してないけどいいんだろうか。
まあどうみても連載用の設定なんだけどさ。
偉人の言葉が暗号になってるのは面白い。
しかし、なんで不治の病の娘を1人残して別のところにいったんだろう。
いくらなんでも人類滅亡してるってのは救いがなさすぎるし、多分移動に余裕はあったろうし。
一回解凍して向こうで冷凍睡眠させても良かったんじゃないだろうか。
細かいところを気にしなければ、普通によく出来た読み切り。
飛び抜けたなにかは感じないけど、連載されても違和感はない。

家庭教師ヒットマンREBORN!
大空の共鳴。
いつの間にアルコバレーノってこんな設定になってたんだっけ。
形だけ見れば、囚われのヒロインをたった一人で救うヒーローって舞台になってるなあ。
囚われてるのはヒロインじゃないのがあれだけど。

いぬまるだしっ
根はいいけど基本適当なギャルと、一見天然だけど腹黒い不思議ちゃん。
なうじゃねーよはウケた。
投げ技で決まって綺麗に落ちたと思うけど、後編もあるのか。

トリコ
前の戦闘もそうだけど、どうも敵のミスで勝つのが多い気がする。
まあ格上相手に何も無しで勝つのもどうかと思うけど、うん。
脱力から一気に爆発する感じと、終わった後の静かな感じは良かった。
なんで刀のが固いのに、前切ったときは防具に傷もつかなかったんだろう。

HUNTER×HUNTER
ゴンが主人公から恐怖の象徴みたいな感じになってるな。
邪魔しようものならコムギも容赦なく殺しそうだ。
力自体はそんな変わってないような気がしたけどどうだっけか。
少なくともピトーに敵うレベルですらないと思ったけど、やっぱりその意志が怖いんだろうか。

賢い犬リリエンタール
謎解きみたいな要素が面白い。
兄の器はでかいなあ。

保健室の死神
こちらもバレンタインネタ。
なぜ校長はハデスのことをここまで詳しいんだろう。
手で固めたわけじゃないだろうに、あの石炭はどうやって作ったんだ。
みのり先生は相変わらず可愛い。

べるぜバブ
現実世界でライバル全員倒したと思ったら、魔界で出現か。
蝿の王って、王様は何人もいるんだろうか。
アンジェリカが本当に娘だったってのは凄く意外。
不良全員おんなじクラスで問題児集めたのか一瞬思ったけど、よく考えたら学生ほとんど不良って設定だったな。

新世紀アイドル伝説彼方セブンチェンジ
ドッキリを仕掛ける側がドッキリを警戒する。
なんとなく因果応報とか頭に浮かんだ。あってるかしらんけど。
楽屋に豚突っ込んできて驚くのはドッキリ関係なく当然じゃないだろうか。
ドッキリにならないような。まあギャグマンガだしツッコミは野暮か。
少し真面目に考えると、人気絶頂のアイドルの美味しい場面は取りたいけど、あんまりイメージの落ちるようなドッキリは出来ないから、当たり障りなく、誰でも反応が同じようなのにしておこうってところか。

バクマン。
平丸と吉田氏の会話が毎度面白くて癒される。
まあここ好きなのもそんないない気はするけど。
新妻エイジは相変わらず魅力に溢れてるな。
サイシューには魅力を感じないので、エイジで埋め合わせをしているように思える。
来週は恋愛パートっぽいけど、正直こじらせず終わって欲しい。

PSYREN-サイレン-
キチガイVSキチガイ×2。
素の雨宮さんも十分狂気だと思うけど、それを加速させるとかどこまで行く気だ。
アゲハも後ろから刺されそうで大変だ。

めだかボックス
殺さずにはいられないけど、殺したくない宗像先輩。
友達だから殺すも成立しそうだけどそこどうなんだろう。
半袖がすげーラスボスっぽいけどまあ違うんだろうなあ。
動物は機械とかそんな感じなんだろうか。
というか特別から異常とか、転入も出来るんだね。

ねこわっぱ!
卑怯な蛇沼ってのはキャラが一貫してていいな。
今更だけど、人間が訓練積めば神様になれるっていう設定だっけ?
今回のレースは神様になる試験じゃなくて、神様のランク設定の試練?
負けてもそれはそれでいいような。

ピューと吹くジャガー
漫画の中から漫画と気づく。
ちょっとしたホラーだな。
最後の漫画表現が滅茶苦茶使われてるのが妙に怖い。

人気ブログランキングへにほんブログ村 漫画ブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/58-24a81eff
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。