GOSICK―ゴシック―第1話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/01/10(月)
GOSICK―ゴシック―第1話

タイトル「黒い死神は金色の妖精を見つける」

短めです
*ミステリーアニメ。桜庭一樹の小説は読んだことないんだけど、この機会に読んだほうがいいのだろうか。
ともあれミステリーアニメというといつ以来だろ。魍魎の匣以来か? ともかく結構楽しめた。

ヨーロッパの小国へ留学する主人公。黒い服、黒い髪だからって黒い死神扱いされる理由がいまいちわからない。
ヨーロッパにだって黒い服で黒い髪の人間は普通にいるよなあ?
眼鏡の教師のは結構強引に感じたけど、まあそういうキャラか。ああいう主人公には必要な教師だろうし。
ヴィクトリカは可愛い。ぷよぷよした人形って感じだなー。
ごろごろしてるとことか可愛いなあ。ただこういう仕草も桜庭一樹の本にあるんだな。もっと違うイメージだった。

ドリルヘッドの刑事の事件はまあ分かるよなあ。鍵穴から撃つよなそりゃ。
ヴィクトリカは安楽椅子探偵的な感じかなと思ったら、その後が意外とアグレッシブだった。
久城も見た目と裏腹に行動力あるな。警察署に乗り込むとは。

はしゃいでるヴィクトリカも可愛いな。久城が頬に指をやったときのぷにぷに感が。
メイド脱走。この国の警察は何やってんだ。スコットランドヤードの名が泣くぞ。
ヨットに招待状が入れっぱなしというのは意図を感じる。
でもメイドが豪華客船の招待状なんかと繋がりがあるとは思えないけどなあ。
ここからどうやって繋がっていくのか楽しみだ。


1話から2話構成の話って挑戦的だなあ。おかげで何書くか困る。
ミステリ部分はどう考えても小手調べみたいなもんだしなー。
まあとりあえずヴィクトリカは可愛かった。
近代ヨーロッパの雰囲気にはワクワクする。なんというか科学と迷信の入り交じった混沌とした感じが素晴らしい。
世界観自体は結構暗めなんだけど、キャラクターが活き活きとしてるから楽しく見られるな。
ミステリー系のは最近見られないのでこれには期待している。原作はまあ完結してないらしいけど、それなりにはまとめてくれるだろうし。
OPはどこかメルヘンチックで好みな感じ。EDはOPと全然違うタイプだけど、この作品の二面性を表してるんだろうな。
1話見ても結構面白かったけど、2話見るまでちゃんとした評価はできないか。来週に期待。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/584-ea7ab95e
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。