ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド第5話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/09(火)
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド第5話

タイトル「シャドウ オブ ヴァンパイア」
*割と契約ものの定番っぽい展開になるのかなあ。
一度は簡単なきもちで契約を。
二度目は決別の後、しっかりと考えて再契約を。
まあ相当重い展開の後みたいになるわけだけど。
委員長の件はまあ予想ついたけど、指輪やら最初の出会いにまで疑いが挟まるとまでは思わなかった。

最初はミナの子供の部分。
ベッドに潜り込んでたり、料理を作るのが下手だったり。
アキラの夢は、ミナじゃない相手と契約結んだっていうこと?
絵画があったから、ミナの親戚とかかもしれないけど。
あの袋に入れてた約束のってのがミナの元に行ってること考えると、洗脳なりなんなりして奪い取ったんだろうなあ。

会長室での豹変には驚いた。
アキラの事になると、相当苛烈になるのね。
指輪のこといってないってのは、亀裂のダメ押しみたいになるんだろうなあ。

ヴァンパイアと人間の狭間で悩むアキラ。
単純に自分もヴァンパイアっていうんじゃなく、あくまで使えているワーウルフに過ぎないってのが複雑にしてる気がする。
隠しきれるかはともかく、人間側に戻ろうと思えば可能なわけで。
どちらにも完全には属してない分、こういうどっちを選ぶか系のそれとはまた違った味わいがある。

屋上で襲ったヴァンパイアは、まあミナの差金なんだろうけど、完全には従ってないのか。
助けに入って美刃は、普通のヴァンパイじゃないみたい。
由紀を襲ってなかったし、ミナに従ってるってわけじゃないのかな。
つーかなぜに飴。

総理の孫を襲わせるミナと、裸でアキラと向かい合う由紀。
ミナの後を護衛が追っていたというのは果たして本当か。
本当だとして、それはミナの望んだことなのか。
どちらにせよ、護衛がいたかもしれないということでアキラの心情は揺れる。
アキラのミナに対する信じていいのかという問の答えにあわせて、総理の孫を襲う様子がなんか対照的だった。
ミナの信じろという答えもなんか余裕が無いというか。
政治だからついてくるなっていうのは、こういう部分を見せたくないってのもあるんだろうな。
脅迫とかしてるとき、ミナは虚勢を張っているのか。
どうも様子からすると、言葉とは裏腹にやりたくはないって感じもするけど。
子供っぽいミナと、苛烈なミナと、強迫するミナと、どれが本当なのか。
どれも本当だとも言えるけど、まあどれに近いかということで。

どれも本当だっていうのよくあるけど、わかるけど、でもやっぱりどれよりかってのはあるだろうと思う。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/59-9ca2504b
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ヴァンパイアには味覚がない(汗) あくまで学園では一生徒を演じてみせるってミナですが。 家庭科実習での料理はムリでしたね(^^; ミ...
2010/02/09(火) | SERA@らくblog 3.0

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。