今期終了アニメ(12月終了作品)の評価をしてみないかい?11 その1

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/03/01(火)
今期終了アニメ(12月終了作品)の評価をしてみないかい?11 その1

この記事は「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人ピッコロさん立案の企画です。
そのため当ブログ記事の「2010年秋季アニメ総評」とはまた別ですのでご注意下さい。

<評価項目について>
ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。

キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。

画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。

演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。

音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。

総合的な評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い
*百花繚乱 サムライガールズ
ストーリー…………3
キャラクター性……3
画……………………4
演出…………………4
音楽…………………2
総合的な評価………3

総合点 19

墨汁が印象的だったアニメ。真面目に最近の規制ラッシュの中で、新たにこういう手法を創りだすのは凄いと思う。
隠し方が作品の雰囲気にあっただけでとたんにスタイリッシュに。考えついた人はえらいね。ないとむしろ物足りないんじゃないか。
和な作品によくあっている絵で、特徴的なのに違和感は感じなかった。
第一印象は単なる色物だったんだけど、実際に見てみると割と平均的な王道もので驚いた。今期で言うとISか。
最終話のモノクロの演出は、墨と相まって不思議な魅力を醸し出していた。その分DVDはカラーにするのはちょっとどうかなと思う。逆じゃね普通。
倒した敵がどんどん仲間になっていくという、最近だとむしろ珍しい展開が結構好みだった。
ただまあ最後の終わり方はやっぱりなあ。一応綺麗ではあるけど、不満も残る。
まあラノベ原作の宿命ともいえるかもしれないけど。
規制なんて工夫すればどうにでもなるということを見せつけてくれたいい作品だった。
スタッフの皆様お疲れ様でした。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない
ストーリー…………2
キャラクター性……4
画……………………4
演出…………………3
音楽…………………4
総合的な評価………2

総合点 19

人気ラノベのアニメ化。明らかにアニメ化前提のような作品だったので、ようやくかという気持ちがあった。
肝心の内容は……なんだろう、いや悪くはないんだけど、全体的にどこか物足りないというか。
その辺りは配信版で解決されることでもないしなあ。なんだろうこの違和感。
桐乃が殴りたくならないからかな。後ノーマルエンドはどうなんだろうなと思った。
それとおかまのパクリ騒動で改変しただろう妹街アニメ化の回だけど、そこは流石にちょっととしか思えなかった。
黒猫の「作品を好き勝手にしていいわけない」という台詞は、相手がパクリをしていたという非しかない状況だから使えるのであって、仕事として精一杯やっていて決して好き勝手にしているわけでない脚本家に言っていいセリフではないだろう。
まあこういう感じで細かなところでは色々と不満が残るものだった。
大筋で言えばまあキャラクターの魅力がそれぞれ発揮されていてそれなりによく出来ていたんじゃないかな。
かんざきひろが原作イラスト描いてるから、アニメとの親和性も当然高かったし、ちょっと話題になったOPも出来よかった。
沙織の素顔を見せるのはどうなんだろうなと思ったけど。とらドラ商法も成功しているようで何より。
残るは配信版……完結はいつになるんだろうな。シャフトじゃないからそんなにはかからないと思うんだけど。
とりあえずは一旦、スタッフの皆様お疲れ様でした。

おとめ妖怪ざくろ
ストーリー…………2
キャラクター性……4
画……………………3
演出…………………3
音楽…………………4
総合的な評価………2

総合点 18

少女漫画原作の恋愛バトル物。ラスボスが予定調和過ぎたのがちょっと残念。
割合楽しめたんだけど、なんというか少女漫画でバトルの方主軸に持ってこられるとやっぱり迫力で劣るよなあ。
いやあくまで恋愛がバトルの中心的な要因であって、そういう意味では恋愛が主軸と言ってもいいんだけど、やっぱり見た目というか表面的には。
ナイフで切りつけるだけだしなあ。敵の方はもうちょっと多彩だけど、結局力押しな印象が。
恋愛方面は男ものにはないような、微に入り細を穿つようにしてゆったりと進んでいくのが心地良かった。
戦いのときに歌いだすのも慣れると特徴的でよかったかな。
全体的には高い水準で柔らかい雰囲気を作り出せていたので、バトルもうちょっと少なくてよかったんじゃなかろうか。
スタッフの皆様お疲れ様でした。

侵略!イカ娘
ストーリー…………3
キャラクター性……5
画……………………5
演出…………………3
音楽…………………2
総合的な評価………4

総合点 22

アニメ界まで侵略を始めたイカ娘。びっくり。まさかこんな面白くなるとは。
ジャンル的にはドタバタギャグに入るのかな。最近だとニッチなジャンルというのも影響したのかもしれないけどここまでとは。
正直何も期待してなかったんだけど、1話に3つのエピソードを詰め込む手法があっていたのかテンポよく見ることが出来た。オチがないのはご愛嬌。
イカ娘の可愛らしさを全面に押し出す作りで、それが見事にはまっていた。何よりスタッフの全力が感じられるような作画と演出カメラワーク。
原作があるからオチの部分が尻すぼみになってしまうのはしょうがないとして、途中の部分は普通に笑えたし全体的に高水準でまとまっていた。
最終話の一年後には割と本気で驚愕した。やり方が上手い。こういう作品でシリアスだすとギャップにやられる。
最近の話見てると2期やるのかOVAになるのか。どちらにせよこれだけで終わらすにはもったいない作品だなと思う。
スタッフの皆様お疲れ様でした。

神のみぞ知るセカイ
ストーリー…………2
キャラクター性……4
画……………………3
演出…………………4
音楽…………………5
総合的な評価………1

総合点 19

全年齢版落とし神。原作は好きなんだけどまあなあ。
それぞれのエピソードに適正な話数が2.5話だろうから、それが作りづらかったんだろうなーとは思った。
全体としては美生の回が一番スムーズだったかなあ。かのんと栞は間延びしてしまった印象。歩美はしょうがないけど、最後なぜ先輩に変えた。
ああまあ栞の最後の回だけは素晴らしかった。オリジナル詰め込んでるとは感じさせない出来。むしろなぜ最初からこれをやらない。
OPEDもそうだけど、本編も音楽の使い方は上手いなと感じた。もちろんキャラソンは入れすぎだけど。
マングローブらしく絵は高いレベルでまとまっていたかな。ただまあなんというか、流行から一歩ずらした感じは目立ったけど。
足りないものを言い出せばキリがないけど、話数、構成の制約の中では全力が尽くされているのは伝わってきた。
春から2クール目が始まるけれど、そっちのほうはキャラ数が1クール目よりずっと多くなるけどどうなるのだろう。
まあまたすぐ始まるけれど、とりあえずはスタッフの皆様お疲れ様でした。

海月姫
ストーリー…………4
キャラクター性……4
画……………………3
演出…………………3
音楽…………………3
総合的な評価………4

総合点 21

オタク女アニメ。初め見たときは画面に引き込まれた。
何がいいと一概にいうことは出来ないけど、あえて言うなら全てがいいというべきか。
ただまあ終わらせ方はいくらなんでも残念。竜頭蛇尾とでもいおうか。
いやいくらなんでもこれで終わらすかという気分。確かに月海の方はシンデレラストーリーを始めたところで区切りがいいといえなくもないけど、兄貴のほうなんてケバい女が本気で惚れて追いかけて終わりってどうなのよ。
蔵之介のほうは……まあまだ始まってもいないからちょうどいいか。
全体的にアマーズのキャラクター性が月海に頼り切りな印象は受けた。特徴はあるけど印象には残らないというか。
というかまあ話に絡む趣味が月海と千絵子しかいないからか。話数も少ないし、他には割けないね。
モデルとアフロの絡みはほんとなんだったんだって感じだったからなあ。
少女漫画原作でここまでの投げっぱなしというのは初めて見たけど、作品自体は素晴らしかっただけにもったいない。
2期なりなんなりでやらないかなあ。
スタッフの皆様お疲れ様でした。

屍鬼
ストーリー…………5
キャラクター性……4
画……………………4
演出…………………5
音楽…………………4
総合的な評価………4

総合点 26

漫画の方は読んでるけど、これはアニメのが合ってると感じた数少ない例。素晴らしい。
最初こそ農村に奇抜な髪の色がミスマッチしてたりして不安だったけど、話が進むごとにホラーアニメとして頭角を現してきて、じわじわと恐怖を感じた。
最初は人間を襲う屍鬼の恐怖を、話が進むに連れ屍鬼を襲う普通の人間の凶気に駆られた姿の恐怖をと逆転していく姿も見事だった。
特に普通の人間が明確な敵を見つけることで、日常の感覚を無くしていくところは怖かった。死体の側でお茶会とかもうね。
一貫して生とはなにか、人とは何かという問を投げかけて、最後人狼となった静信が砂子を連れて旅に出るという答えは綺麗だなと思った。
漫画を読んでるから面白いのは知ってたけど、ここまで昇華してくるとは思いもよらなかった。2クール楽しめた。
スタッフの皆様お疲れ様でした。

その2へ
ベスト賞へ

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/598-b394fb2d
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。