花咲くいろは第1話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/04/06(水)
花咲くいろは第1話

タイトル「十六歳、春、まだつぼみ」
*あーうん。なんだろうこの今後の展開が見えるような話は。
ドラマでは使い古されてるような設定もアニメで見ると真新しいというのは発見ではあるが。
とりあえず合わないなこれ。よくも悪くもPAだわ。

登場人物の誰一人としてものを考えて喋ってる気がしないのはなんなのだろう。お前ら脳みそと口が直結しているのかと。
そのせいか人間味が感じられなくて人形劇見てる気分。
特に主人公がなぜかあまりにも空気読めなくて見てて辛くなる。天真爛漫なのとそれは違うよ?
これで子供を簡単に見捨てるような親と、どうやって険悪にならずに暮らしてきたのか不思議でしかたがない。
物事を全て善意に解釈するようなタイプならそれもありだろうけど、そういうわけではないしなあ。
唯一告った男だけは人間らしかった。あとで出てくるといいなー。

旅館の人間はまあ民子とか菜子とかそういうキャラクターはいそうか。
いきなり死ねっていったり何も説明せず頭ごなしに食って掛かったりするのは、もうちょっと話せと言いたくなるけど。

ただ婆ちゃんはないよね。あれ旅館の心構えとか言って殴る前にやるべきことあるでしょ?
緒花はどう見たってチャラチャラして緊張感ないやつなんだし、そういうやつを旅館に住まわせて働かそうとするなら一番最初にルール伝えとくのは当然だろうよ。
その結果として布団落下があるわけで、そりゃ御花が悪いのは当然だけど、民子までビンタするなら自分にもするべきなんじゃないの?
お客様が第一。働けば当たり前、旅館という空間ならなおさらだろうけど、それを16歳の働いたこともない子供にそういうふうにふるまって当然と突き放して働かすのは、経営者として考えても妥当じゃないと思うよ。
やり方を盗めってのはいいけど、お客に失礼にならないようなルールは盗ませるのでなく教えるべきだろう。
まあ突然勘当してた娘から押し付けられて迷惑ではあるんだろうけど、引き取ると決めて働かせるという判断したなら当然やるべきことをなしてないのはダメでしょ。

ああまあ緒花は緒花でわけわからないけど。
納得してないけどとりあえず謝ったり、自分も殴らせてありがとうございますといったりとそういうところでは空気読めるのに、なんで厨房に押し入ったり民子に酷いよねといったりとかそういう場面では全く空気読まないんだ?
ブレてるとは言わないけどよく分からない。

緒花の母親については特に。もうあそこまでひどいと何いう気にもなれない。
というかファンタジー感じるからどうでもよくなるというべきか。
あれで親子で話さないような、表面上だけ仲いいならまだ分かるけど、普通に話してて普通に仲いいというからわからない。


まあ話、というかメインの2人がほんと合わなくてボロクソいってるけど、作画はやはり綺麗だった。こういうあたりはさすがPA。
日常の一場面にも本気を込めているのが伝わってきて、全力投球している姿が言葉でなく心で理解できた。
最後まで続けるくらいの地力はあるだろうから今後も期待できる。
ちょうど前に京アニの日常がやっていて、そっちに比べると演出面でやや劣っている印象はある。
ただ現実感のある描写はこっちのが上手なので、そういう作品が連続で見れるのは見てて嬉しい。
目にはやさしく心には毒を。うーむ。

ED、まあOPだけど、は正直入り方が唐突すぎてなにかと思った。曲自体は……まあそこそこか。
あとこれ学園モノにもなるんだね。旅館の方と上手くからみ合ってくれることを期待しよう。

押し付けがましく空気を読まない正義感を振りかざす主人公と、それに勝手に感動して認め出す婆ちゃんがいないことを祈りつつ、先の展開が予測できてしまっていないことを願って次回を待とう。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/609-f161092d
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。