2011年夏季アニメ総評その1

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/10/21(金)
2011年夏季アニメ総評その1

★★★★★ 5.0 超好み。
★★★★   4.0 かなり好き。
★★★     3.0 普通に好き。
★★       2.0 好きでも嫌いでもない。普通。
★         1.0 好きじゃない。微妙。
           0.0 ダメ。合わない。
☆がつくと+0.5で、その間の評価になります。

星3つが真ん中ではないのでご注意下さい。

最後まで視聴したアニメ
異国迷路のクロワーゼ、夏目友人帳 参、快盗天使ツインエンジェル~キュンキュン☆ときめきパラダイス!!~、神様ドォルズ、Steins;Gate、ロウきゅーぶ!、うさぎドロップ、まよチキ!、バカとテストと召喚獣にっ!、いつか天魔の黒ウサギ、ダンタリアンの書架、セイクリッドセブン、神様のメモ帳、花咲くいろは、TIGER&BUNNY
*異国迷路のクロワーゼ ★★☆ 2.5
湯音を愛でるのが全てといっても過言ではない。
クロードとカミーユとか日本の姉とか色々と伏線はばら撒いてるのだけど結局放置だったのは寂しい。
二期を念頭に入れてるわけでもなさそうだから、まあ単に湯音を引き立たせるための要素だったのかもしれないけど。
最初は日本とフランスの文化の違いをまず見せて、それにどう適応するか、また向こうは受け入れるのかみたいな文化理解ものだと思ってたんだけど、その辺はギミック的に使っていて、どちらかと言うとむしろ普通の人情物だった印象。
ほのぼのーとした話で安心して見れたんだけど、そのぶんメリハリがないのでちょっと飽きが来た。
最終話でこう今までの生活が結実した感じだったのは楽しめたんだけど。
まあなにより放送時間が悪い。夏目と連続とかどういうことだ。そりゃ似たようなコンセプトじゃ見劣りしちゃうよ。
ともあれ湯音もアリスも可愛かったので、そういう面でもちょっといい話的な面でもよく出来た作品だったと思う。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。

夏目友人帳 参 ★★★☆ 3.5
妖怪人情物。まさかの分割2クール。前回に続いて今回もそうだとは驚いた。
ともあれ前と同じく安定したクオリティ。
若干バトルっぽい話が気にはなったけど、全体的には妖怪と人間の差をしっかりと描きながら、それでもなお人間として妖怪と区別なく接していこうという姿に好感が持てる。
昔あった妖怪との話が一番印象的だった。ああ、嫌な思い出だけではなかったのだなと。
塔子さんとの馴れ初めもいい話だった。若いツバメを狙う姿に見えなくもなかったけども。
だいぶ時間が経ってどうかなと思ったけど、これなら続きも安心して楽しめそうだ。
ひとまずはスタッフの皆様お疲れ様でした。

快盗天使ツインエンジェル~キュンキュン☆ときめきパラダイス!!~ ★★ 2.0
久々のパチンコのアニメ化。そもそもがオタク狙いなのでそういう意味では初といってもいいのかもしれない。
やはり予算は潤沢なようで、主役の3人が本当に全員主役級と豪華なキャストで、作画もほとんど崩れずいい出来だった。
話自体は90年代の焼き直しのような話で、ただそのベタベタさが逆に魅力にもなっていたと思う。
変身シーンを毎回毎回しっかりやる魔法少女ものも珍しいと思うけど、その辺りは朝のアニメを思い出さなくもない。
全体的にギャグ風味でありながら同時にシリアスも進めて行っていて、チグハグさもあまりなかったので構成自体は割とよくできていたのではないだろうか。
最終決戦で今までの敵が味方につく流れも胸が熱くなる。
話に突っ込みどころはもちろんあるのだけど、最終回のミスティナイト様の「爆発を、我慢したんだ!」→「……えっ?」の流れだけで全て許せたのであまり細かく言うことはない。
正直夏アニメ全体で一番笑えたシーンだった。あえてそれに突っ込んでおきながら、キャラにその反応させる勇気が素晴らしい。
多分コンセプトというほど大層なものではないのだろうけど、綺麗な勧善懲悪で一昔前の雰囲気が感じられてそれなりに楽しめた。
コミカルさとシリアスさが同居するような、こういう作風もたまに見るといいものだ。いやまあつい最近DOGDAYSがあったけど。
ともあれ気楽に見るという点でよく出来た作品ではあったと思う。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。

神様ドォルズ ★★ 2.0
サンデーGXで、最近では珍しく和風な現代ファンタジー。
とりあえず一言。いくら何でももうちょっと終わらせ方あるだろ!?
二期決まってるのかと本気で期待したぞ! 素直に禍津日神倒して日比野といちゃついて終わりにしろよ!
いや多分原作でも唯一レベルの主人公が主人公らしくカッコいいシーンが最後の「久しぶりの感覚だ」ってとこだろうから、入れた意図も入れたい気持ちもわかるんだけどさあ。
いくら何でも原作の販促にしか見えないぞ。元々アニメはそういう要素が大きいとはいえ、アニメはアニメで完結させて欲しい……
いやまあ匡平をちゃんと活躍させない辺り原作愛は感じたけどさ。
とまあひと通り不満は言ったけど、期待の裏返しみたいなもので普通に面白かった。
こういう割りと硬派な感じでエンターテイメント性のある作品はあまりないのでむしろ新鮮だった。
オープニングもいい感じだったし、案山子のBGMも凝っていて、アニメならではという表現はしっかりされていたのでその辺りも好印象。
原作に忠実でありながらしっかりと深夜アニメライクに表現されていて、素直に楽しめる作品だった。
原作ストックをほとんど使い切っているわけではあるけど、出来れば続きも見たいけどまあ商業的に成功したとは言いがたいしなあ。
望みはするけど期待はせずにしておこう。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。

Steins;Gate ★★★★ 4.0
科学アドベンチャーシリーズアニメ化第2弾。カオヘの反省を生かした2クール!
原作が好きなので不安も結構大きかったのだけど、その不安を払拭してくれるような素晴らしい出来だった。
原作から基本的には路線を変えないで忠実に、けれど演出はアニメに際して適切に変えてと原作へのリスペクトが伝わってくる内容だった。
アニメの尺の制約があってルカ子とかフェイリスとか犠牲になったヒロインが何人かいて、それで岡部の決意が多少弱まった感はあるけど、次善としてまとめてくれたのではないだろうか。
ゲームと違って一人称ではなく三人称として見るとまた違った感覚だった。感情移入のしやすさという点でまあやっぱり前者のがいいとは思うけど、第三者として必死な主人公を見るのもまた応援したくなる感じが強まっていい。
最初のほうこそ作画に違和感があったけど、慣れてからは的確な演出の映えもあってグイグイと引き込まれていった。
BGMも緊張感を高めるのに一役買っていたし、日常描写を長く取ってくれたのも嬉しい。
ハッピーエンドで終わる物語はやっぱり気持ちがいい。2クールの長丁場を乗り越えた上だとなおさら。
週間放送を初めて担当する制作会社で、しかも評判のいい原作ということでプレッシャーもあったと思うけど見事な作品にしあげてくれたと思う。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。

ロウきゅーぶ! ★★★ 3.0
ロリアニメと見せかけたスポーツアニメのようなロリスポーツアニメ。
いや最初のほうの智花が昴の家から帰るのを昴が追いかけて、コーチになると誓うところは素直に感動したしいいスポ根アニメだなとも思ったんだけどね。
確かにその後もちゃんと山あり谷ありでしっかりスポ根らしさはあるんだけどね。
いくら何でもバスケの描写をもうちょっと頑張れよ……
男バスとの試合と最終話はまあ止め絵も割りと多くて期待はずれではあったけど、それでも一応バスケアニメであろうとする気持ちは感じられた。
けど合宿後の試合なんでオールカットするんだ。強くなって勝ったのはいいけど、どうやって勝ったのかってもっと重要だろう。
水着バスケはそれなりに力入ってたけど、やっぱ同学年じゃなきゃなあ。
全体的に作画は崩れてたので、その中で試合をちゃんとやるのは難しい面があったのだろうけど、それでもやっぱりもっとちゃんと動く試合をして欲しかった。
まあ5人もいる主要なヒロイン(?)それぞれを、外見的にも内面的にもちゃんと掘り下げられていたのは素晴らしかったかなとは思う。
OP、EDを始めとする音楽もよく、それで試合もなんとかもたせてる感じがあった。
ロリアニメという昨今では非常に風当たりの強い作品を、しっかりと青春ドラマというテーマを貫徹して、尖らせつつも綺麗にしっかりとまとめたのは見事だと思ったけど、ポテンシャルはもっと持っている作品だと思うので、もうちょっとそれを引き出してもらいたかった。
まあストックもあるし、それなりに商業的にもよかったみたいだし2期も狙えそうだから、そのときに頑張ってもらいたい。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。

うさぎドロップ ★★★ 3.0
現代版光源氏計画……なのだけど、アニメでやった範囲ではそんなこともなくホームドラマらしく温かい気持ちにさせられた。
淡々と、しかしリアルに子供と父親のふれあいを見せてくれていて、まさにノイタミナ枠でやるべきアニメであった。
柔らかなタッチの作画が画面を優しい雰囲気にさせていて、そこへりん役の子のリアルな子供の声が入ってくるとかほぼ反則だよなー。
あの声があったから、ホームドラマとしての完成度が段違いに上がっていたのだと思う。
作品の性質上あまり目立っているわけではなかったけれど、作画含めた画面作りの美しさが素晴らしくて文句のつけようもない。
前期でいうとアスタロッテのおもちゃとよく似た作りで、これはいいことなのかわからないけど、リアル調のほうがより誤魔化さず源氏物語ってのもすごい話だよなあ。だからこそか? 純文学と漫画みたいな。
ともあれアニメでは大人として子供と付き合うという姿が、これもまたファンタジーとはいえしっかりと見せてくれたので、こういうテーマ性は他にはないものだよな。
りんママの考えもきっと漫画家である原作者とそう多くは違わないものではあるのだろうし。だからこそここでファンタジーと現実の対比になっているのだろうけど。
かわいい子供というだけで終わっている感もあったけど、良いアニメだったと思う。
原作的にはこの先までやらないともう一つのテーマが終わらないだろうけど、まあ育児ものとして終わらせるってのも一つの判断ではあるんだろうな。
というかやったら賛否両論どころじゃなくなるだろうし。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。

まよチキ! ★★☆ 2.5
迷える執事とチキンな俺とをまよチキ! にするのはさすがに元ネタがわからないと思うんだ。
ともあれfeelらしくよく出来たラブコメだったと思う。
サービスシーンがとても多かったとことか、欲望に素直なところとかしっかりニーズに応えているなと。
全体的にはしっかりとラブコメをしてくれていてとてもよかった。もっと純粋にラブでコメってるアニメが増えるべきだと思うんだよ。
スパイスのように混じる割りとしょうもないシリアスもそれなりに多かったから、それはもうちょっと減らしてもいいんじゃないかなとは思った。
あと言うならナクルの必要性があんまり……
巨乳ネコミミ褐色腐女子でメガネスキーとか個性を詰め込み過ぎだしそのせいかキャラの掘り下げがほとんどできてないし。
最終回という名の番外編でやってはいたけど、いやそこはメインヒロインで締めろと思わざるを得なかった。
それと涼月の本音ももっと出すべきだったと思うなあ。いくら何でもデレ月さんをカットしすぎだし、そのせいで魅力の半分も出せていないぞ。
まあもっともそれやると宇佐美と比べ物にならなく重い三角関係が出来上がるので、1クールじゃ消化しきれないというのもあるのだろうけど。
そのぶんスバルの可愛さが強調されていたのでそういう意味では成功してるのかな。どうみても男には見えないという欠点もありはしたけど。
全体的にはラブコメでやるべきことをしっかりとしてくれたので楽しめた。キャラがそれなりに多かったけど、ほとんどスバル中心なのもそれなりにバランスはよかったかな。
にゃんこい! の監督だったみたいなので、そういう軽いギャグと緩いシリアスの融合もよくできていたと思う。
こういう作品も正当に発展しているのだと感じたし、もっと絶えず続いていくととても嬉しい。
2期はまあそれなりに綺麗に終わったからあるかわからないけど、あったら涼月のほうの活躍に期待しよう。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。

その2へ

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/626-f6365e3b
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。