ジャンプNEXT!2012AUTUMN感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/10/10(水)
ジャンプNEXT!2012AUTUMN感想
*楽園条例 榊健滋
エニグマの榊先生の新作。エニグマのときみたいならしさを感じられる作品だった。
人の悪意をネタにするのが好きなんだろうなという印象で、まあそれをしっかり気持ち悪く描いてるからそれほど不快感もない。
ただ単なる貧乏人みたいな人間をミックスと呼ぶのは無理矢理すぎると思った。
ストップかけられたのかもしれないけど、素直に外国人とのハーフにするとか言い方変えるとかすればいいのに。
後は最初のはすぐやめさせたのに二回目のはやめさせなかったのはなんでだろう。
いや覚悟を決めてやったこととそうじゃないって言ってるけど結局やめてるし、ペナルティもなさそうだし。
最後のオチも、まあこれが榊先生の持ち味だろうから個人的に好きじゃないってだけなんだけど、素直にハッピーエンドで終わらせればいいのにわざわざ後味を悪くする辺りが好きじゃない。
総じてあんまりいい印象ではなかった。ただまあさすがにしっかりまとまっていたと思う。

BLOODY LAND 今本真太郎
馬車馬カルテットの人。前回とは打って変わって王道な話。絵のクセも減ったかな。
前回は露悪的なところを主人公の側の人間に負わせていてイライラさせられたけど、今回は敵に負わせてたのでイライラさせられた説教臭さや嫌味が削られていてよかった。
バトルシーンもそれなりに迫力あっていい。後は見やすくなればもっといいかな。
コマ割りを独特な感じにしているけど、洗練されていないので結構見づらい。
まあ前回より絵がすっきりして明るくなっているので、このへんは今後よくなることが期待できそう。
話のほうも王道の中でしっかり自分の個性を出そうとしていて、意外性もあってよかった。主人公がそれなりにドライなのもいい感じ。
決めページで主人公が逃げてるのはさすがにどうかと思ったけど、まあそれまでに結構バトルしてたからまだいいか。
読後感もよかったし、前回からだいぶ成長していたので今後にも期待したい。

虎ノ花 門里慧
トレジャーでブリキのジハードを掲載している人。
絵が変わりすきてねえか。ほんとにあってるのかと名前を見なおしたぞ。
出会った瞬間にお互いがターゲットなんだろうと読めたけど、商品まで同じとは気づかなかった。
気づけるようなものではあったと思うので悔しい。ただその分意表を突かれてよかった。
お互いにバレてから風呂場で目印を隠しあうところが面白かった。
戦闘シーンに迫力があって素晴らしい。白羽取りの話を伏線にして決め技にしているのもよかった。
よくある話ではあるけど綺麗に終わったので印象はいい。かっこいい男がしっかり描けてるなと思った。

elec trick. 木村勇治
絵がちょっと苦手。真島ヒロを微妙にしたみたいな印象。いや割と上手いとは思うのだけどクセが強いなと。
テクノロジーが進化した世界で友だちとの繋がりの大切さというよくあるテーマをしっかりと丁寧にやりきったような作品。
ヒロインと主人公に過去の繋がりがあるんだろうなとは途中でわかったけど、回想シーンに結構長く使っているのでそれなりに感情移入出来た。
限られたページを回想に長く割くのは挑戦だなーと思うけど、今回のは成功していたように思う。
長く取られていたので主人公の動機も強く受け入れられたし、本当の友達になるのシーンも熱く思えた。
友達が助けに来たり、最後4人で締めるのもテーマ通りに作られてるなと。
設定的にはハッカー万能はさすがに使い古された感はあるけど、現実じゃなければそこまで違和感もなかった。
ネットにアップしてもすぐ壊されるの力技で反論を封じ込めるのは割と好き。
後は途中の数学の小テストが全然違うのが気になった。というかあれなんのテストなんだ?

番外編
殺センセーVS斉木楠雄~入間市最終決戦~

入間市な理由がさっぱりだったけど、両先生が入間市出身だかららしい。
入間市から2人もジャンプ連載作家が出るって凄いな。しかも同時期に。
話はまあ期待したくらいには面白かった。両者チート能力を発揮しててよかった。

SOUL CATCHER[S] 神海英雄
LIGHT WINGで一世を風靡した神海先生の新作。黒髪の子ヒロインかと思ったら男じゃねえか!
ページめくった瞬間に目に入った、枠に描かれている楽譜に先生のセンスは衰えてないのだなと感じた。
話は真っ当な青春モノかと思ってたけど全然そんなことはなかった。
心が読めるじゃなくて見えるという奇抜な設定をしっかりと生かしているなと感じた。
そりゃまあ心が見えるって言われても、言われた方は馬鹿かと思うだけで変えるのは難しいよな、という感じで主人公の無気力さも納得できた。
相方の姉は自分しか助けられないけど、出来るのかわからないという葛藤がスムーズに受け入れられるようになっているなと。
心を一発で開くのではなく、徐々に解き明かしていって指揮者のようだというのがよかった。
全体通して爽やかなままに終わるので気持ちがいい作品。
ただ連載もこの調子で問題を解決してく作品だとするとあまりにクドいので、力は示せたと思うし別の作品を見てみたい。
後は絵柄がジョジョっぽくなりすぎてると思う。アシスタントだったみたいだけど、1作目ならともかくなぜ2作目で。

ブチギレザル 森井崇正
絵柄が全体的に古くて濃い印象。女の子の顔だけ今風だから余計違和感が。なんとなく昔のガンガン系みたいな。いや下手なことはないんだけどね。
中身は本当は仲良くなりたいけど見た目と態度で嫌われてる不良が~というよくある話。
いうほど怖くは見えないけど、まあそれはそれとしてそれなりに丁寧にやっているのでそこそこ面白い。
ただ漫才は多少なり何やったか見せなきゃダメなんじゃないかなあ。
多分怖くて逃げたんだろうけど、この漫才は面白いとか言ってるのに観客がいきなりいなくなってて何事かと思ったぞ。
まあとはいえ笑顔を笑わせたものではなく、信頼で向けられたものにしたオチはよかった。

3012年ランプの旅 藤井ヒロタカ
大概の願いは叶う世界で呼び出されたランプの魔神は……という話。ありそうでなかった設定で面白い。
そう、ミライフォーンならねで笑った。
スラム街で生活している割にヒロイン? の子供以外の人間が出なかったのが気になった。
いやまあ出たらそっち行って願い叶えちゃうだろうから仕方ないんだろうけど、もっと人がいないとスラム街って感じがしない。
まあこういうちょっとした不満はあるけど、全体的にはほのぼのとした雰囲気で自分の本当の願いに気づくという流れが好印象だった。
子供向けだけど子供騙しじゃない漫画って意外と少ないと思うのでこれいいんじゃないかなあ。
最後の主人公が決意して言おうとしてるところを子供が吹き出し被せて、そんなことは当然だみたいに示してる表現がよかった。

集え!つまはじき高校 久楽
最初読んだときは結構笑えたんだけど、2度目はそうでもなかった。なんというか出オチな印象。
主人公が個性的な割に普通人として突っ込んでるじゃないかと思ったけど、作中でもネタにされてたのでよし。
連載の伊達先輩とは同じくらいかちょっと下くらいの面白さかなとは思うけど、読み切りの伊達先輩とは雲泥の差なので連載は難しそう。

Tokyo Wonder Boys 下山健人×伊達恒弘
この作者は……誰だ? ×だから単純に原作作画で分かれてるわけでもないと思うし、伊達の方はググっても出てこないけど、こんなに上手い新人がいるとは思えない。
下山健人のほうは、アニメのカブトボーグとか銀魂とか貧乏神がの脚本の人が出てきたけどこの人なのだろうか。
この作品にもジャンプネタが多く使われてるから、原作だとすると納得できるんだけど。
絵はまあ驚くほど上手いので特に言うことはない。
話のほうは主人公相方2人とも我が強くて譲ろうとしない辺りが楽しく読めた。
コンセプトとして海外サッカー重視の風潮に逆らうというのも個性的でいいと思う。
主人公達、監督とキャラがしっかり立っていたのが好印象。
ジャンプネタがかなり多かったけど、監督のズレた発言と合わせて、シリアス一辺倒じゃなくギスギスした雰囲気にならないようにした結果なのかなあと。
個人的には許容範囲だし、むしろこのおかげでメリハリついてテンポがよくなったように思う。
オチの六代目火影はどうなのだろう。いやまあ笑ったんだけど。
ともあれジャンプには珍しく、サッカー漫画で面白い作品だった。

SCHOOL OF GOD 城本祥
トレジャーのすさみSTREET BOYの人。主人公の顔一緒じゃねえか! よく見たら友人の名前も大介だし、そんな気に入ってんのか? 正直そんな魅力あるようなキャラではないと思うのだけど……
ともあれ今回では数少ない恋愛要素のある作品。さすがに減らしてきたか。
中々無理のある設定だけど、話の流れが巧みで引き込まれる。主人公のツッコミもいい味してた。
話自体はまあそこまで珍しくはないんだけど進め方次第なんだなあと思わされた。
スーパーに神がいたところが素晴らしい。思わず声出して笑ってしまった。
仮面のヒロインの造形が凄く上手くて、顔が出ていないけどかなり可愛かった。可愛さでこの設定も受け入れてやろうと思えてくる。
絵はそこまで上手くないけど、漫画として魅力的な画面作りに長けているので大した問題ではないかなと。
ほんわかした雰囲気にあってる絵だと思うし、決めシーンでの迫力もしっかりあった。腕潰すところのグシャがいい。
顔のハードルを上げるだけ上げて、最後に潜り抜けた手腕は見事。この絵とはいえ、見せられてたら多分評価は落ちていた。
ただ仮に連載になったらハードルはどこまでも上がっていくので大変そう。まあ見せるのは最終回だろうから、越えられなくても問題はないのかもしれないけど。
とりあえず面白かった。個人的にはSOULと1、2を争う出来栄え。

ファラオ的絶対支配者ラーくん 黒瀬尚人
恒例のギャグ漫画その2。こういうマスコット系ギャグはマスコットが不快だとダメだとなぜわからん。
印象としても劣化焼野原塵ってところかなあ。
キャラはあんまり好きじゃないし、ネタもまあ個人的に勢い系は好きだけど超えられてるとは。
母親がブチ切れるところは面白かった。ただまあ何度も使えるわけではないしなあ。
後はオチが酷い。つまらないしオチてもない。

Gカップ
 走馬灯

  最初何やってるんだかわからなかったけど、タイトル見て理解した。ただどちらにせよ面白くなかった。
 妄想テクノカット
  とりあえず文字が多い。どこで笑わせられると思っているのかわからなかった。

ぬらりひょんの孫 葵螺旋城 最終決戦編 椎橋寛
完結編その2。圓潮がアタシにふさわしいとか言った直後にヘタレてて笑った。
晴明と羽衣狐の母子問答は、羽衣狐の性格が変わりすぎじゃないかと思ったらほんとに変わってた。
なるほど最近変だなと思ってたら実際に変わってたのね。納得。
前回のソードマスターとは違って丁寧に描写していると思うのでそれはいいのだけど、さすがに視点変更多すぎじゃないかなあ。
5回くらいしてるけど、なんかもうぬらりひょんのところとか結果だけ見せればいいんじゃないかな。
まあとはいえ最後は盛り上がる終わりだったので次回が楽しみ。羽衣狐纏うんだろうな。
絵が好きでコミックスも買っているので、最終回をゆっくり待ちたい。

総評
前回が酷かったのもあるけど、今回がかなり面白く感じた。
ただそれでも冬とかと比べると上に思えないのは飛び抜けて面白いと感じたのはなかったからか。いや平均は高いと思うけど。
まあとはいえしっかりと個性を出してくれているのが多かったので、今後が楽しみな作品があるのが嬉しい。微妙だなと思ったのはギャグものと「ブチギレザル」くらい。
個人的には「SCHOOL OF GOD」と「elec trick.」と「3012年ランプの旅」が特に好きだけど、「BLOODY LAND」も「虎ノ花」も「Tokyo Wonder Boys」もどれも次が楽しみ。
王道でしっかり個性的という点では「BLOODY LAND」がよかったかな。ファンタジーなので頑張って欲しい。
センスを感じたのは「elec trick.」。上手いなと思ったのは「SCHOOL OF GOD」。勢いがあったのは「虎ノ花」。完成度が高いのは「ランプの旅」だろうか。
前回隔月になって大丈夫かなと思ったけど、今回見る限り前回は何か特別な事情があったんだろうな。

連載経験者枠では「SOUL CATCHER[S]」が期待より面白かった。
神海先生のセンスはそのままに一般向けに練り込んできたんだろうなーと思った。
サッカーだと笑いも出ちゃうけど、音楽ならあのセンスもより良く活かせそうだ。
「楽園条例」はエニグマの流れそのままに来たんだろうなという印象。
個人的にエニグマがそんなに好きじゃなかったのでこっちの評価も低いけど、まあエニグマのファンは好きそう。
ただまあエニグマが好きじゃなかった人も取り込めるのかなあとは思ったけど。
今回では「SOUL CATCHER[S]」が一番好きだけど、まあどっちも連載向きじゃなさそうだしなあ。

全体的に個性豊かで読んでいて楽しめた。
王道も変化球も両方あっていいね。本誌では出来ないような雑誌だろうしよかった。
前回と違って楽しませようと思っているのだなと感じた。今後に期待。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/639-69702251
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ジャンプNEXT!2012AUTUMN感想
2012/10/24(水) | まっとめBLOG速報

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。