ジャンプVS感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/03/24(日)
ジャンプVS感想

とりあえず分類はジャンプNEXTに。これ以外の増刊が増えたらまた考える。
*ステルス交境曲 原作:成田良悟 作画:天野洋一
バッカーノの成田良悟とAKABOSHIの天野洋一のコンビ。
絵は見やすくなって来てるとは思うけど、それでもゴチャゴチャしてるように見えるのは画風の問題かなあ。
66ページと長いだけあって読み応えはあった。
展開は二転三転してて意外性はあったんだけど、読み切りにしてはやりすぎてたように思う。
依頼主かと思ったら敵でした。でもその敵も騙されていて真の敵がいましたとか、主人公は透明人間かと思ったらドラゴンでしたとか。
他にも小さいどんでん返しがいくつかあって、特に依頼主が敵でした以降は詰め込みすぎてるような感じがした。
まあでも面白くはあったし、ストーリーも作家だけあってよくできていたと思う。
主人公の動きを止めるために金貨を大量に飲ませるという手段も意外性があったし。
連載には主人公がドラゴンというのと透明だというのがネックだと思うけど楽しめた。
またこのコンビの他の作品も見てみたいな。まあこのまま連載になる可能性も結構ありそうだけど。

改造人間ロギイ 三木有
ロギイは多分これで3度目の掲載。いい加減連載させてあげればいいのに。
今回もいつも通りよく出来ていると思う。
個人的に主人公のビジュアルがウケなさそうに思うけど、まあ実力は確か。
直前のステルスが細々していたというのもあるかもしれないけど、大ゴマを効果的に使えていてとても見やすい。
敵キャラも魅力的だし上手いなーと思う。最後の幼女に対するセリフもよかったな。ただ幼女はあんまりかわいくなかった。
多分大事に育てているのだろうけど、連載することで磨かれるものもあると思うので連載で見たいなと思った。

除霊戦士 北枕くん 久幾田文章
バトル漫画オンリーかと思ったらギャグ漫画があって驚いた。
最初笑ったけど読んでるうちに飽きてきたなあ。なんとなく引き出しが少ない印象。
合わなかったしあんまり笑えなかった。
まあVSに載ってるから評価が辛くなってるとは思うけど。
ほんとなんでVSと謳っておいてギャグ漫画載せたんだろうな……

アイアンナイト 屋宜知宏
序盤中盤終盤ほぼ全て無駄なく話が進んでとても面白かった。
アメコミ的なダークヒーローのようなもので、普通の読み切りなら長くて数ページでやる回想を丁寧にやったような話。
切ない終わり方が印象的で、そこに至る積み重ねもとても丁寧だった。迫力のある作品。
ただ、昔話だからって唐突に出てきたヒロインの祖父に重要な設定語らすところで結構冷めた。
盛り上がってたテンションがガクっと下がったので、これさえなければと思うと本当にもったいない。
ヒロインを殺すのはバトル専門の増刊だから出来る話だろうな。衝撃的だったし効果的だ。
絵も1年前から驚くほど上手くなってるしそのうち連載するだろうな。
元々演出の上手かった人だけど、それに絵の上手さが追加されて画面だけでも勝負できそう。話の進め方がとても上手い。
ただまあこの作品は読み切りとして完成されてるから、連載としてやるのは厳しそう。
姿だけならともかく言葉も使えなくなってるからなあ。まあだからこそ悲痛なので仕方ないのだけど。
連載意識した読み切りもそろそろ読んでみたいな。次回作が楽しみ。

ここだけの秘密 岩本直輝
いつもの岩本先生なんだけど、毒が多少あるあたり変化はしてるんだろうな。
1000年前から人類に潜んでいる侵略者が敵というのはまあ割と有りそうだけど、主人公の頭パカーのインパクトが強くてそういう印象はあまり感じなかった。
敵の名前を「ニンゲン」にしたのは分かりづらいのでやめたほうが。いや意図はわかるけど。
後人間を食料にする敵が3億人もいたらすぐ人間が絶滅しそうなもんだけどなあ。どのくらいの頻度で食べる設定なんだろ。
普通の食事でも大丈夫なのかな。それなら人間と共存しようとしてるやつもいるってネタが出来そうだ。
話は暴走する主人公と止めるヒロインという王道もの。結構楽しめた。
まあヒロインの魅力がちょっとmagicoと比べると少なく感じたのでその辺りは厳しそうか。
頭パカーは生理的に受け付けない人もいそうなので連載は辛そう。個人的には面白かったんだけど。

パラサイトB 石山諒
なんとなく淡白。演出が悪いのか何なのか、盛り上がりたい場面で盛り上がれない。
この人バトル物向いてないんじゃなかろうか。キャラは好きなのでもったいない。
虫の能力を持つ人間は今だと露骨にテラフォーマーズを思い出すのでちょっと厳しい。
絵の表現力が段違いだからなあ。重視する部分が違うとはいえ説得力の差も激しいし。
ただ決めページは結構好き。構図が上手いと思う。
いい話とか印象的なキャラは作れる人だと思うので、別のジャンルも試してみたらいいんじゃないだろうか。

疾風のなかよし すがぬまたつや
ギャグ第2弾。ボーボボ系かなあ。
ちょっとどのキャラも不快で。最強ジャンプとかでやるといいのではないだろうか。
顔見知りネタはちょっと笑えた。他は笑えなかった。

EGG KNOCKER 原作:古橋秀之 作画:ミヨカワ将
ラノベ作家原作第2弾。武侠モノでいいのかな。珍しい。
作品とは全く関係ないんだけど、STARSの影響でヒロインがエイリアンに見えてしまってあんまりかわいく思えなかった。
主人公がいきなり床ドンしてて新しいなおいとか思ってたら修行だった。
最初は引きこもりが家の中で修行したら最強になりましたとか何いってんだと思ったけど、ちゃんとそういう修行があるって設定なのね。ならハッタリも効いててありか。
多分天才の兄と努力の弟みたいな対比にもなってるんだろうなと思う。
絵はSTARSからさらに伊藤悠っぽくなったような感じで、バトル物にも意外とマッチしていた。
最後の実は女でしたオチもギャグっぽく終わっててよかったと思う。
女だった敵が速攻で惚れてるあたり、バトルよりならんま的なラブコメものを目指しているのだろうか。
わかりやすく単純に楽しめたかな。連載で一番見たいのはこれ。

怪物監獄 大須賀玄
……なぜセンターカラー? 確かに前のに比べて成長はしてると思うけど。
悪役が典型的すぎてちょっとびっくり。今どきこんな普通のやるか。
いやストーカーもいいんだけど最近はもっとぶっ飛んでる印象なので。
更生というテーマは社会的でよし。それはそれとして、更生に何年くらいかかる計算なんだろう……
普通に主人公のパートナーとして活躍してる村雨ですら出られないとか。服装からして昔の人っぽいし。
後は信頼関係だけが担保なのにいきなり命令に背こうとしてるのはどうなんだろう。危険じゃねえか?
主人公が全く戦わないのもなあ。バトル漫画なのに何もせずもっともらしこと言われても。
それと次の日の教室が描写されたのに、消えたクラスメイトのことに一切触れてないのがちょっと怖かった。
いくら嫌われ者とはいえ何かしら動揺はあるだろうに和気あいあいとしすぎじゃなかろうか。
まあ難癖に近いけど、せっかく次の日までやったんだから何かしら反応が欲しかった。

ヨアケモノ 芝田優作
新撰組はいいんだけどさ。ワンピ1話の赤髪海賊団まんまのエピソード入れるのは何考えてんの?
描くほうも描くほうだけど編集も止めろよ。よりにもよってジャンプの看板作品とかバカじゃねえの?
話のほうは良くも悪くもテンプレ。まあ悪くはなかったと思う。
獣刃で変身してだけど、ここ日本だし和風ファンタジーなんだし素直に戦国時代に作られたとかでいいんじゃないだろうか。
なんで西洋製にしたんだろう。敵は尊王攘夷派だしどうせ変身するの動物だし。
変身し続けるとその内化け物になるって設定はなんとなく薄桜鬼を思い出した。
まあ同じ新撰組ものだから、滅びの美学的な部分が被っちゃうのは単なる偶然だろうけど。
土方歳三の息子というのはちょっと面白かった。まあでも普通の読み切りレベルかなあ。印象に残らない感じ。

かちぐみ! 三浦悟
デフォルメが簡略化ってより手抜きに見えて仕方がない。後は単純に気持ち悪かったりもするんだけど。
絵とか線とかギャグとか色々と古い感じ。吹き出しでコイツが本人とか口の中に侍がいて一緒に驚いてるとか昭和か。
迫力のある絵は描けてると思う。バトルは熱くてよかった。
反面そこに行くまでがなんかグダグダしてて読んでてダルかった。
ヒロインを序盤のサービスシーンのためにだけ出したのは潔いけど露骨すぎる。
大して嬉しいサービスシーンでもないので、最初っから出さないか話に絡ますかして欲しい。
バトルシーンはよく出来てたけどそれ以外はちょっと厳しい。次あるかわからないけど、まずはセンスを時代に合わせてからだと思った。

DAME GAME 堀江隆
1作目から3作目までの作風の変化が凄まじい。
まあ絵はあんまり変わってないんだけど。なんか薄いんだよな。線が細いのだろうか。
ゲームで戦うのかなと思ったらゲームから出てきて意表を突かれた。
今回唯一のコメディバトルものでこれを最後に持ってきたのは偉いな―と思う。後はこれの女の子がもっと可愛ければ完璧だった。
顔は十分可愛いと思うんだけどなんか魅力がないんだよな。存在感がないような印象。
ギミックはエロバカだけどストーリーは王道。エロものはギャップのためかこういうの多いよな。
こういう感じの話は好きなので個人的には嬉しい。どのキャラにも好感は持てるので、キャラ重視のものとしてよく出来てると思う。
後はまあ何度も言うけど絵が良ければなあ。もったいない。
ただギャグとはいえ地平線までぶった切るのはちょっと引いた。死者数万人とか出るんじゃねえかあれ。
現代が舞台だとなんとなくイメージできてしまうので、閃乱カグラみたいに忍者空間とか使えばいいんじゃないかなあ。
絵さえなんとかならばいい読み切りをかけると思う。次に期待。

森ガール久美子ちゃん 大石浩二
最後に来た口直し。やっぱり上手いなあ。
最後にこのネタが来ると笑ってしまう。まあ1ページだし卑怯だしアンケ送るとかはないけど。
オチのボーズは跡部なのだろうか。まあまた本誌で見たいな。

総評
バトル重視で新増刊というだけあってレベルが高かった。
読み切りとしてなら「アイアンナイト」が断トツで一番。「ステルス交境曲」も長い上に密度が詰まっていてよかったし、ロギイも相変わらずよかった。
「EGG KNOCKER」は連載1話にすぐなれるだろうし、実際一番連載に近いと思う。
原作なしで唯一の連載経験者である岩本先生の「ここだけの秘密」もそれなりに面白かった。
ただまあmagicoから成長はなさそうなのでmagico以上の人気は出ないだろうなあ。
ギャグは除くとして、何も印象に残らなそうなのは「ヨアケモノ」くらいかな。他はどれも何かしら魅力はあった。

後はなんといっても岸本先生と島袋先生の対談が読み応えあった。
自分が何を考えてどう漫画を描いているかというだけではなくて、他の漫画に対する分析までしているとは思わなかった。
雑誌の中での立ち位置とかも考えて漫画作ってるんだなあ。ワンピースは明るいから逆を行こうとかまで考えてるとは。
今の努力は友情や絆を育んで信頼出来る仲間を増やすことだってのも面白いなと思った。
これだけのために買えとは言わないけど、買う動機の一つにしてもいいと思う。

こういう何か一つに特化した雑誌もたまに、1年に1冊くらいあると嬉しい。またやってくれるといいな。
それと地味に作者の前作を載せてくれるのが嬉しかった。これは続けて欲しい。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/648-812b2e54
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。